子どもは立入禁止!?大人専用の超巨大障害物コースが超楽しそう!

子どもの頃、障害物コースが好きだった。普通の公園に物足りなさを感じていた僕たちにとって、丸太やタイヤやロープなどで作られた空間は、新鮮で、胸が高鳴る興奮を与えてくれた。目の前に現れるいくつもの障害物を知恵と身体を使ってクリアしていく。それが、とても楽しかったのだ。僕たちは、大抵、日が落ちて真っ暗になるまで遊んだ。

全長272メートルに
32種類の障害物!

もう、あんな気持ちになることはないだろう…。と思っていたら、ベルギーの企業V-Formationが、大人専用の巨大障害物コース「The Beast」を完成させたらしい。世界一の規模を誇るコースは、サッカーのピッチを2つ並べたよりも長い全長839フィート(272メートル)。その中には、32種類もの障害物が用意されているというから驚きだ。

0db457e2288aa2db70e4bf7c9aa2839186ef0e5cE4ae2cdfa2122bf3cbbdf488f85f0381e845e8ef1c7b78d982af03c073390a3d6dd944b51165d53404c6dfc5875fcf9a79ed0c8b3571f60e6e3657f3

大人が童心に戻ってはしゃぐ。そんな映像に強く心が惹かれてしまうのは、まだ、僕の中に「あの頃」と同じ気持ちが残っているからなのかと思う。

えっ、コース丸ごと
レンタルできるの?

The Beastは、バランスボール、空気壁、空気マットなどの柔らかい素材で組み合わされている。これなら、思いっきり飛んだり、跳ねたりしても安心だろう。しかも、空気を抜いてしまえば、この障害物コースごと移動ができるとのこと。うん、スゴイ。既に今年の4月と5月には、このThe Beastが体験できるイベントがイギリスで開催されることが決定している。

The Beastは、世界で一つ。残念ながら、購入は難しいけれど(購入しても設置するスペースがない!)、レンタルは可能。個人、企業を問わずに予約できるそうだ。いつか、「あの頃」の遊び仲間と巨大障害物コースで、すべてを忘れて子どものようにはっちゃけたい。そんな空間が、世界にひとつくらいあってもいいよね?  

Licensed material used with permission by V-Formation info
子供用三輪車のタイヤをドリフトしやすくカスタム。峠の頂上から下って山道を爆走する動画がこちら。クルクル回転しまくり!「ドリフト・トライク」は、ニュージーラ...
大人と子ども。どちらの自分により幸福感を感じるでしょうか。年齢を重ねればできることも増え、好きなものだって買えるようになるかも。しかし、統計結果からみても...
2人の子を持つドリュー・アンは、とても困っていました。スーパーに行くと、自由に走り回りたい盛りの2歳の弟から目を離さないようにしながら、体が不自由なお姉ち...
4月のよく晴れた週末、ニューヨークはマンハッタンのグリニッジ・ビレッジ。 19世紀の街並みが残る落ち着いた通りに突如現れた、まくらを抱えた人たち。 こ...
子どもたちがキャーキャー言いながら「ボールプール」で遊んでいるのを見ると、ついこう思ってしまいますよね。「あの中に混ざって一緒に遊びたい…!」そんな欲望を...
「子連れで楽しめる」を特徴として押し出す宿泊施設がある一方、「子ども禁制」をウリにするところも世の中にはありまして。もちろん、差別だなんだという話でないこ...
大人の関係って何だろう。愛って何だろう。考え始めた瞬間から、それは非常に難しい問題に変わります。つねに確かめ合う愛は、大人の関係とは言えません。お互いに求...
テレビゲームでやっていたようなことが、現実世界で実現!最近話題のドローンを使った「レースゲーム」が、未来すぎてめちゃくちゃ楽しそうなんです。仕組みは簡単。...
にがくて、とてもじゃないけど飲めなかったブラックコーヒーが、いつの間にか手放せなくなっていたり。誰かが作ってくれたというだけで、ごはんがものすごく美味しく...
成長って、自分ではなかなか実感しにくいものですよね。自分の意識としては、昔と全然変わっていない、まだまだ子ども、なんて気がするものです。でも、誰だって自分...
「3人に1人が学校でいじめを受けたことがある。あなたはこの事実、知っていましたか?」ここで紹介するのは、そんな問いかけではじまる、いじめ防止の啓発動画。目...
30代の私だけど、今だに“大人の基準”が良くわからない。年齢的にはずっと前に成人しているものの、心の中にはいつもどこか「幼さ」が残っているような気がするん...
子どもの頃、塗り絵が好きだったという人も多いかもしれませんが、近頃海外では大人の間でブームになっているそうなんです。没頭することでストレスを発散し、リラッ...
子どもの頃は、歳を重ねたら自然と「大人」になれるものだと思っていました。でも、オランダのイラストレーター・Marloes De Vriesさん曰く、車の免...
とある広々とした高原に、世界で一番長いウォータースライダーが登場しました。遊園地などで見かけるカーブが連続しているものとは違い、ひたすら真っ直ぐ滑っていく...
若い頃は、最初のドキドキでなんとなく関係を続けられていたものの、大人になると、そればかりに頼ってられない…と気付くでしょう。「大人な関係」を「幼稚な関係」...
オーストラリアに乳児専用のスパがあるよう。なんでも、そこを訪れたベビーたちはみんな、見ているこちらもニンマリしてしまう程の満足そうな顔をするんだとか。私の...
米ウェブメディア「Elite Daily」で人気の恋愛ライター、Paul Hudson氏。数ある彼の記事のなかでもとくに人気を集めたのが「大人の男性」と「...
アメリカでは約2,000万人の女性が摂食障害に苦しんでいて、女性の約200人に1人が拒食症、100人に1人が過食症だと言われています。摂食障害の治療は道の...
「遊び」はいつも子どもたちから生まれるものです。では、発明はどうでしょう?ここに紹介する発明品は、どれも6歳から11歳までの子どもたちから生まれたもの。子...