日本人ギタリスト「T-cophony」が世界を驚愕させている。

誰もが一度くらいは、路上ライブなどでアコースティックギターを弾きながら歌うミュージシャンを目にしたことがあるのではないでしょうか。右手を上下にジャカジャカとかき鳴らし、乾いた音色を響かせる。

もしあなたが「アコースティックギター」と聞いてそんなイメージを持っているとしたら、きっと彼の演奏に驚くはず。

ソロプレイとは思えない 
「T-cophony」の神業

ダブルネックギターと呼ばれる、2つのネックがついた特殊なアコースティックギターを、まるで複数人で演奏しているかのように奏でる彼は「T-cophony(ティーコフォニー)」という日本人ギタリスト。

数年前に人気バラエティ番組で生演奏を披露して話題になったので、もしかしたら「あっ!」と思い出した人も多いかもしれません。

海外からも絶賛の声

彼は滅多にメディアに出ることがなく、インターネットで動画や音源などを公開。その数300曲以上!海外からの反応も多く、その神業的な演奏と癒しのサウンドに魅了される人が増殖しているんです。

カナダの世界的ロックバンド「Walk Off The Earth」がSNSで彼を絶賛したことも話題になりました。その共有された動画は、わずか2週間で200万回以上も再生され、今なお世界中の人々が称賛のコメントを投稿しています。

これは彼の代表曲のひとつで、前述のTV番組でも披露された曲。

彼の音楽は、心の奥底をくすぐるような切なさと、それでいて元気が湧いてくるような不思議な感覚に陥る世界観が特徴的。

ダブルネックではない演奏も、まるで打楽器のような弾き方。「本当にひとつのギターなの?」と思ってしまうほどの音の数と表現力に驚かれます。

ここまででも「T-cophony」の魅力は伝わったかもしれませんが、一変してハードロックのような激しいドラムに電子音楽を混ぜたような近未来的なサウンド、そこに特徴的なアコースティックギターの音色を融合させたものもあるんです。

ギターは父親からの
誕生日プレゼントだった

ライブ活動も極端に少なく、あまり人前に出ないことでも知られ、彼の人間性を垣間見ることはなかなかできません。もしかしたら彼のファンであっても、そのバックボーンを知る人は多くないかもしれません。

一昨年、活動10周年を迎え、それを記念して発表されたドキュメンタリー・フィルム『It's me』を見ると、これまで明かされていなかった彼の音楽に対する想いや生い立ちについて知ることができます。

音楽好きの両親によって、つねに音楽が流れる環境で育った彼がギターに目覚めたのは意外にもそれほど早くはない、14歳でした。たまたま家のクローゼットから埃をかぶったエレキギターを見つけたのがきっかけだそうです。

じつはそのギターは彼が幼少期に父親から誕生日プレゼントにもらったもので、何年も興味を持たず放置していたことへの罪悪感から、それを機に触るようになったようです。

そのギターで、彼はまるで水を得た魚のように曲作りに没頭します。

やがてエレキギターが壊れたことで、電気コードを繋げなくてもいいアコースティックギターをメインに使い始めます。「T-cophony」の名が広まり始めたのは、ちょうどその頃でした。

演奏に驚いた知人が、彼にインターネット上で動画を公開するように勧めたそうです。2005年、それが瞬く間に世界に広がり、注目を集めることとなりました。

3歳のときの病が
後遺症に

彼は3歳の頃に脳梗塞を患い、全身麻痺になったことも明かしています。その後、奇跡的に回復したようですが、いまだに左脳の血管が詰まった状態。一方で、特殊な感覚に悩まされているとも言います。

普段見慣れた場所が、突然初めて来た場所のように感じる現象。それが1日に数回起こり、そのたびにその異常な感覚に耐えなくてはならないのです。それをうまくコントロールするために、今いる場所や光景を変えられるような、自分にとって影響力のある曲を作るようになったそう。

たしかに、昔大好きだった曲を聴くと、懐かしい気持ちになりその時代にタイムスリップしたような感覚に陥ることがあります。彼が言う「光景を変えられるような曲」と言うのは、そういうことなのかもしれません。

イヤなことがあった日は、たとえ自分の部屋にいたとしても、どんよりとしてしまいます。そんなときに好きな音楽を聴いて感情を和らげられたら抜け出すことができます。それがまさに音楽の魅力ではないでしょうか。

「自分と似た境遇の人がいたら、その空間から抜け出すことができる、特別な曲を見つけて欲しい。もしあなたが楽器を演奏することができるなら、自分で曲をつくることをお勧めします。そのほうが、もっと自由になれるから」

その音色は
小鳥も魅了する!?

これは、1年ほど前に公開されたもので、広場でひとり、アコースティックギター1本でさらっと1曲を演奏しています。いつもの神業的なプレイを見せてくれるかと思いきや、今回は何か様子が違います。

その音に合わせるかのように、どこからともなく小鳥の可愛らしいさえずりが、まるで曲に合わせて歌っているかのようにも聞こえてきます。そして演奏が終わった瞬間!…見てのお楽しみです。

おまけにもうひとつ。

「じつはこれまでソロ活動がメインでしたが、新たなプロジェクトとして、カホン奏者とのデュオを始めました」

とのこと。ぜひチェックを。

Licensed material used with permission by T-cophony, (Facebook), (YouTube)
ギターといえば、一般的には左手で指板を、右手で弦を演奏する絵が浮かびます。だけど、彼は楽器を横にして膝の上にのせて、まるでピアノのように扱うギタリスト。こ...
動画の男性が演奏しているのは、たった1本のアコースティックギター。しかし、見事にマイケル・ジャクソンの「今夜はビート・イット」をリズムからメロディまで完全...
アコースティックギター1本で弾いてるとは思えない演奏をする男性が登場!彼のギターの本体には様々なボタンや模様が描かれているシールが…。でもこれ、実はMID...
2012年にその年最もバイラルした動画のひとつとしてCBS Newsで取り上げられたこのYouTube動画には、両腕を持たずに生まれたミュージシャン「Ge...
ギター1本で弾いてるとは思えない演奏をする男性が登場!楽器のボディには様々な模様が描かれているシールのようなものが…。でもこれ、実はMIDIコントローラー...
「付き合うべきはギタリストだ!」 そんな独特の視点で書かれた記事が、「Lifehack」に掲載されているのでご紹介。ライターCasey Imafidon氏...
「Life is unpredictable(人生なんて、何が起こるか誰にもわからないってことさ)」。オークランド在住22歳のRipu Bhatiaさんは...
「ストラディバリウス」は、イタリアの楽器職人アントニオ・ストラディバリ(1644-1737年)が製作した弦楽器。その希少性や価格はよく話題になりますよね。...
え、どゆこと?と思う人が大半かもしれません。こちらの動画から見てみましょう。クルクル回転する車輪。どうやら、その先に付いているムチのようなもので弦をバシバ...
自宅のクローゼットの中を思い出してみる。1枚、2枚、3枚……プリントTも合わせると、ちゃんと使えるレベルのものが計9枚あった。すでに一週間まるまる過ごせる...
「Fret Zeppelin」は、どこにどの指を置けばいいのかを、LEDの光と色で表示するサポートアイテムです。好きなギターに装着するだけでOK。コードの...
プロ顔負けの速弾きで世界中の視聴者を唸らせているのは、キュートな10歳の女の子。実は彼女、インターネットではよく知られた名ギタリストなんです。ここで紹介す...
学校や塾で教えてくれること、本当に正しいと思っていますか?あることを考えるのに、1つの物差しだけでは足りない。そこには、日本的な偏見があるかもしれないし、...
小さくて不思議な形状のキーボード。これは、イギリスのROLI社から発売された「Seaboard Block」。平らな形状でキーの境目も曖昧。一見キーボード...
同窓会のノリだった。レントン、シック・ボーイ、スパッド、ベグビー。愛すべきロクデナシたちと20年ぶりに再会した。本当なら、その年月の長さなんて微塵も感じな...
旅から生まれた映画がある。題名は『ブランカとギター弾き』。全編を通してフィリピンを舞台に制作された作品だが、監督は日本人。今年8月に公開されるこの映画がい...
あくまでも個人的見解ですが、2014年頃に盛り上がりを見せたノームコアブームは、約3年が経過した今でも色褪せていない印象。街を歩いても、かつてはよく目にし...
むしゃくしゃするときの発散法はいろいろあります。お酒を飲む、クラブで踊りまくる、ヒトカラでもいいし、パーっと遊ぶのもアリ。そこに肩を並べるような「爆発力&...
新しい技術やアイデアで、今もなお進化し続ける「楽器」。ここで紹介する演奏シーンを見たら、その無限の可能性に驚くことでしょう。音楽は、身近なものでも作り出せ...
ロック琴リストとでも呼びましょうか。インディーズアーティストのルナ・リーが演奏したのは、ジミヘンの愛称で知られるギタリスト、ジミ・ヘンドリックスの有名曲『...