中国のレストランが「ピザ」で食品ロス問題に取り組んだ

骨の髄まで料理にしてしまうほど、あらゆる料理法が確立されている中国。ところが、急速な経済成長による外食産業の発展とともに、お客の食べ残しや、余分に仕入れた食材の廃棄などにより、現在食品ロスが深刻な問題となっているんだとか。

この問題を14億近い人口の中国が本気で取り組んだら──。昨年末、上海の人気観光スポット「新天地」でこんなプロジェクトが行われました。

レストランの残りもの食材を
おいしくアレンジ

D1c3ca50eeb9265d1a95e87f528bc96e143fa14dDa466cce2a8989e9c99b55e0ee83133fe881cdcd

プロジェクト(Re_Pizza Project)は、新天地に居を構える人気レストランが集結し、自分たちの余剰食材を使っておいしいピザを考案し、それをお客に振る舞うことで、飲食業界だけでなく消費者にも食料廃棄問題について考えるきっかけをつくってもらおうというもの。

そのラインナップが、またスゴい!

麻婆豆腐ピザに刺身ピザ?
アレンジの幅が…さすが中国

3d76bf96435f6b2a6abc2383868b2302a673bfc66730684b3f19afa58f63ba30919f43380b75d208D53639d164e0a894689be564908d68d8b0fec7b5169b8277bbd9426353129fa9faa639b3290c6512975317609b0c161ebe7091d0d80458c41cd1813e

どれも美味しそうなピザ。だけど、トピングされた具材をよ〜く見れば、豆腐にフルーツにショートパスタ、さらにはお刺身まで。この統一感のなさこそが“再生ピザ”たるゆえんです。

その日のうちに使い切れなかった消費期限前の食材が、各レストランから次々に集められ、トップシェフたちがその場でアレンジを加えていきました。こうしてじつに200種近いピザが誕生したそうですよ。

食料廃棄ゼロのピザが
教えてくれること

1700e6e3fe882620077b3fd69209d1976c4f5fda229ff6705f5a8e578c1189515bd1f9b8de6699f927ae55dfca1661af05bcf54dd5d1806f8e746cf3

こうして、誕生した残りもの食材でつくるRe_Pizzaは、1カットわずか5元(約81円)という安さで販売。珍しいトッピングに上海の若者たちも興味津々のよう。結局、6日間の限定オープンながら、余剰食材60キロがRe_Pizzaへと返信、見た目や味の感想はすぐさまSNSで拡散され、多くの中国人にこのピザの意味することろが届いたはず。

売り上げの1,500食分の金額は、グローバル・フードバンキング・ネットワークを通じて、食料支援へと寄付。プロジェクトを企画した北京電通は、今後もRe_Pizzaプロジェクトを中国全土で行うことで、食料廃棄問題に対する啓蒙を続けていく予定とのこと。

深刻な問題をおいしい体験にかえる、これはナイスアイデア!

Licensed material used with permission by 北京電通
2016年3月22日、スターバックス社が売れ残った食品を寄付するプログラム「FoodShare」の開始を公式リリースで発表しました。安全な食料の廃棄を削減...
フランスを中心に欧州で拡大しつつある、売れ残り食品廃棄禁止への気運。しかし、ここで紹介するのは、新興国でのお話です。舞台はインド南部。主人公の女性は、欧州...
和紙や木の薄皮にも見えるこの素材、実は肉!しかも、賞味期限が過ぎたもので作られているんです。これはベルギー人デザイナーのIssac Monteさんが始めた...
食品ロス削減に向けた大胆な施策が続くフランス。2015年5月、満場一致で可決されたのが、スーパーマーケットの食品廃棄処理を禁止し、売れ残りの食品を慈善団体...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
あなたは、冷蔵庫の中身をすべて把握できている?いつ買ったかも覚えていない、いつ食べるかも分からない食料がゴロゴロしている。そんな人にこそ見てもらいたいのが...
小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外で...
法案は「全会一致」で可決。2016年2月5日、フランスは世界で初めてスーパーマーケットに対し、売れ残り食品の廃棄を法的に禁ずる国となった。今月5日から、廃...
2016年2月22日、デンマークの首都コペンハーゲンにオープンした、賞味期限切れの食品を専門に扱うスーパー「Wefood」が話題を呼んでいます。通常のスー...
いまやビールに求められるものは、のど越しよりも、ワインでいうところのテロワール(産地の個性)や、つくり手のアイデンティティのようなもの。クラフトのなかでも...
2015年夏、ヨーロッパは第二次大戦以来となる難民問題に直面しました。ドイツのデザインスタジオが製作した、この6分間のアニメーション動画は、シリアからの難...
世界ではまだ、多くの国が難民の受け入れに慎重な姿勢をとっている。人種のるつぼだったアメリカも、大統領が変わり、その温度は急速に変化しているんじゃないだろう...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
2016年5月10日、NYのユニオン・スクエア・パークで開催されたとあるフードイベントで、5,000食のランチが無料で振る舞われたそうです。調理を指揮した...
大量に廃棄されている衣料品をリサイクルする目的もあり、デニムでつくったサングラスが開発されました。環境問題に関心のあるデザイナー2名が、クラウドファンディ...
デンマークの首都コペンハーゲンに食産業の異端児がひっそりと佇む。ヨーロッパで初めての、「ゴミ」を食材として利用するレストラン。いかにもデンマークらしい、自...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
約1,000万円でクローン犬を生み出すビジネスを展開している韓国の医師がイギリスのテレビ局「Channel 4」である発言をし、物議を醸している。韓国企業...
新聞や雑誌の切り抜きを利用した、コラージュ作品を得意とするイギリス人アーティストのJoe Webb氏。パソコンによる加工を一切施さず、ただ切って貼るだけの...
リトアニア共和国の首都ビリニュス在住のイラストレーターEglė Plytnikaitė氏は、自身のイラストを使ってFacebook上で、あるプロジェクトを...