何気ない行動に、あなたの「本音」が出てしまっているかも…。

人間観察って、本気で追究すると面白いものですよね。行動や仕草を見て「この人はこう思っているかも」とホンネを探ることができたら、もっとその世界を探りたくなるのではないでしょうか。

書籍『すぐ試したくなる!実践心理学大全』を見ると、普段の生活でもこっそり使える洞察術がまとめられていました。ビジネスやプライベートで、この人の本心が知りたい…というシーンに出くわしたら、ぜひこの記事を思い出してみてください。

関心がある?
それとも、退屈してる?

88e75408618721e396a226e51188889aaec0dcd5

会話中に相手の感情を敏感に感じ取って、どう思っているかを判断するのは、なかなか難しいもの。愛想笑いかもしれないし、熱心に聞いているふりをしているだけかもしれません。

結論から言うと「うん」「へぇ」などのワンセンテンスの返事はあまり関心のない証拠です。興味を持っている人は「うん、それよく分かる」「へぇ、知らなかった」など、ツーセンテンス以上の言葉で返事を返してきます。

ひと言くらいは反射神経でパッと出ますが、それに続く言葉は考えていないと出てきません。つまり、熱心に話を聞いている(少なからず興味がある)ということなのです。ワンセンテンスの返事が続くようなら、相手はあなたの話に退屈しているということ。話題を変えるか、話の主導権を相手に渡したほうがいいでしょう。

逆に言えば、相手の言葉に対してツーセンテンス以上の返事を意識的に返していけば「私はあなたの話にとても関心を持っていますよ」とアピールすることができるのです。

動作に表れる
「交渉成立」のサイン

E0485ee0c920ec1fe33a548c34a1573418188da8

営業マンがもっとも気を遣うのは、クロージング(契約書にサインをしてもらう段階)と言っても過言ではありません。なかにはあとはサインをしてもらうだけなのに切り出すタイミングが難しい…。と悩んでいる人もいるかもしれません。

心理学者のニーレンバーグは、交渉場面を何千回もビデオに録画し、どのような場面で合意に至るかを検証しました。その結果、相手が背広の上着を脱いだ時に、ほぼ交渉成立することがわかったのです。

普通ビジネスマンは、部屋の中が暑い場合を除いて背広は脱がないもの。それを脱ぐのだから、無意識のうちに圧迫するものを取り去りたい気持ちからきた行為だと考えられます。つまり「もう参りました。それで決定しましょう」という心理的な降参の表れです。

さらに、ベテラン営業マン曰く「相手がネクタイをゆるめたら、まず契約して頂けると思って間違いない」とのこと。この行為も同じく、早く手を打ってラクになりたいという心理からくる動作によるものと考えられます。

クロージングで悩んでいるなら、相手の行動をよく観察してサインを求めてみてください。

目の動きは
思考を物語る

2dd26efebb0766caca8eea08cf3a1ec2f16df61c

友だちに、昨晩何を食べたか尋ねてみてください。そのとき、目がどう動いていたかを観察してみましょう。おそらく、瞳は左上を向いたはずです。目の動きは思考と深い関係があります。

・上を向いている
→自分の考えをまとめている。

・左上を向いている
→過去の体験を思い出している。

・右上を向いている
→これまでに体験したことのない光景や未来などを想像している。

・右下を向いている
→自問自答している。もしくは、過去に経験した肉体的快感や不快感などを想像している。

・左下を向いている
→聴覚に意識を集中させている状態。

・まばたきを頻繁にする
→緊張や不安を抱えている。

・瞳孔が大きくなる
→見ている対象に強く関心を持っている。好きな人や好きな物事など、もっとよく見たいという心理が働いている状態。

・相手の目を見る
→相手が何を考えているか知ろうとしている。相手の目の表情から、情報を得ようとしている。

仕事やプライベートで相手の瞳をよく見て何を考えているのか、予想するのも面白いかもしれません。

※画像はイメージです。

買うつもりはなかったのに、気づいたら購入していた。やりたくなかったことなのに、なぜか前向きに取り組んでいる…。こんな経験をしたことがある人は、プロの巧みな...
ひょっとして、彼は私に気がある?それともただの友達と思っている?好きな人だからこそ、彼の一挙一動にドキドキしてしまいがち……。そんなあなたにこそ役に立つ!...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
あなたは人と話すとき、どこを見ていますか?普段、自分がどこを見ているかなんて意識したことはないかもしれませんが、心理学を応用すれば、目線によってその人が何...
仕事に恋愛、友人との付き合いなど、生活するためには他者との関わりは避けて通れないもの。ところが実際には人間関係がうまくいかず、自分の思い通りに物事が運ばな...
多くの女性は、男性を好きになると優しくしたり、身の回りのことをやってあげたくなったりします。好きな人のことを考えると胸がドキドキして仕事も手につかなくなっ...
今現在、「復縁したい!」と強く願っている女性も多くいるでしょう。しかし元カレとよりを戻したいと思ってしまうのには、このような復縁したいという心理が作用して...
「自己暗示」と聞くと、なにか難しいもののように思うかもしれませんが、つまりは目標とする自分の姿を想像すること。「自分はできる」と鼓舞することで、テンション...
昔、私はとある大学で心理学の教授を務めていました。私は自分の教えるテーマ、心理学が大好きだったので、皆がこの授業に夢中になるはずだと思っていました。しかし...
「心理学」と聞くとちょっと固いイメージがあるかもしれませんが、じつは幸せになるための考え方や成功の秘訣、コミュニケーションのコツなど、身近な問題解決のヒン...
スピーチやプレゼンの計画を立てるとき、プレゼンターは聴衆が何か行動に移すことを期待します。しかし、人に行動を起こさせるのは、さほど簡単ではありません。近年...
女子にとって、女心以上にわからないのが男心とその本音です。単純かとおもいきや、変なところで複雑だったり、「なんでそうなるの?」「どう思ってるの?」と、うま...
「女心は秋の空」とは変わりやすい秋の空模様のように、女性の気持ちは移り気ということを上手に表現したことわざですが、その言葉通り、意中の女性の気持ちが全くわ...
男性は比較的素直に感情がおもてに出るようなタイプが多いのですが、中には分かりにくいタイプもいます。相手が自分に対して本気なのか、それともキープだと思ってい...
スーツを着ている人を見ると、真面目で仕事ができそうな印象を受けるものですが、心理学的には着ている本人にも影響があるのだそう。興味深い研究結果が出ています。...
運命の恋なんて存在しない。愛はコントロールすることができる!そう提言するのは、John Alex Clark氏。恋愛心理学の分野で有名な彼が、「Thoug...
あなたはプレゼンを終えた時、大成功だったと思うことが多いですか?それとも「違うことをやればよかった、言えばよかった」と後悔することが多いですか?後者の場合...
「人が怖い」そう思ったことはありませんか?人が怖いといった気持ちが強すぎて対人関係がうまくいかず、その影響が社会生活にまで支障をきたすものを「対人恐怖症」...
なかなか恋愛がうまくいかないなぁ……と悩んでいる男性に向けて「ちょっとした心理学をつかえば、それはすぐに解決する!」と豪語するビジネス心理研究家、神岡真司...
何かにつけて人の意見や行動を否定するような嫌味を言う人っていますよね。でも、どうにか大人の対応をしたいもの。ここでは、そんな人が持っている心理や、彼らとの...