今よりもっと「理想の自分」に近づくための、3つのヒント

「自己暗示」と聞くと、なにか難しいもののように思うかもしれませんが、つまりは目標とする自分の姿を想像すること。「自分はできる」と鼓舞することで、テンションが上がったり、状況が変わるものなのです。書籍『すぐ試したくなる!実践心理学大全』を参考に、人生を良い方向に変えるヒントを見ていきましょう。

気持ちがマイナスなら
行動はプラスへ

463a5c1d413aa02fa8ca34ef0fb4c1c585c6a472

「心と体は表裏一体」と言われています。実際に心が不調だと体にも何かしら異変が表れやすく、体の調子が悪いときは、なかなか元気も出てきません。

たとえばメンタルトレーナーは「気分が落ちてどうしようもないときは、わざと快活に振る舞ってください。不思議と気分も晴れてきます」と、心と体の一体性を説くものです。

とは言っても、落ち込んだときに明るく振る舞うのは困難なこと。そんなときは「上機嫌なふり」でいいので、やってみましょう。わざと笑ったり、明るい表情をつくるだけでも心の持ちようは変わります。初めはぎこちないかもしれませんが、それでもかまいません。続けていくだけで不思議と気持ちの明るさを取り戻すことができるでしょう。

気持ちが落ち込んでいるときに暗い表情でいると、ますます気分は沈んでいきます。あえて快活に行動することで「自分はこんなことで落ち込まない」という暗示が自然にかかるのです。

反省は「棚上げ」して
マイナス思考とサヨナラしよう

自分の思い描いたように行動ができない人は、ちょっとした失敗でクヨクヨしてしまう傾向にあるのだそうです。なぜなら、あまりにも完璧を求めすぎる気持ちが、かえって失敗に対する過度な怯えを生んでいるのだとか。

反省自体は悪いことではなく、成長のために必要なことでもあります。それでも考えすぎてしまう人は、開き直って棚上げをしてしまいましょう。

失敗したらとりあえず考えることをやめ、一旦保留するのです。これは反省をしないという意味ではなく、現段階では先送りするということ。反省を延期すると忘れてしまいそうですが、それでもかまいません。忘れてしまうような反省は、もともとする必要のなかったものなのです。

延期をして、それでも心の片隅にある反省は、今後の糧となる貴重なものです。教訓として胸に刻んでおきましょう。

チャーチルも使っていた
鏡のリハーサル

2e1b8c31aea0496c825437c67c4b7c6ca5d79d35

第二次世界大戦時にイギリスの首相を務めたチャーチルの行動を紹介しましょう。彼は演説の前に、必ず鏡に向かってリハーサルを行っていたそうです。

鏡を使ったリハーサルの目的は、自分の姿をチェックすること本番での緊張感を取り去ることに加えて、もうひとつ重要な効果があります。それが、自己暗示です。鏡に向かって「自分はやり遂げられる」と口にして、強い意志を持った自分をイメージするのです。そうすることで、本番もイメージしたように振る舞うことができるのだとか。

これは、私たちにもマネをすることができます。緊張する場面に臨む前に、自分のありたい姿をイメージし、自己暗示をかけてみてください。鏡に映った自分がしゃべる声を、自分の耳でしっかり受け取ることで、効果はさらに高まるはず。

※画像はイメージです。

※記事内の画像はイメージです。

買うつもりはなかったのに、気づいたら購入していた。やりたくなかったことなのに、なぜか前向きに取り組んでいる…。こんな経験をしたことがある人は、プロの巧みな...
人間観察って、本気で追究すると面白いものですよね。行動や仕草を見て「この人はこう思っているかも」とホンネを探ることができたら、もっとその世界を探りたくなる...
運命の恋なんて存在しない。愛はコントロールすることができる!そう提言するのは、John Alex Clark氏。恋愛心理学の分野で有名な彼が、「Thoug...
今現在、「復縁したい!」と強く願っている女性も多くいるでしょう。しかし元カレとよりを戻したいと思ってしまうのには、このような復縁したいという心理が作用して...
多くの女性は、男性を好きになると優しくしたり、身の回りのことをやってあげたくなったりします。好きな人のことを考えると胸がドキドキして仕事も手につかなくなっ...
「心理学」と聞くとちょっと固いイメージがあるかもしれませんが、じつは幸せになるための考え方や成功の秘訣、コミュニケーションのコツなど、身近な問題解決のヒン...
ひょっとして、彼は私に気がある?それともただの友達と思っている?好きな人だからこそ、彼の一挙一動にドキドキしてしまいがち……。そんなあなたにこそ役に立つ!...
「人が怖い」そう思ったことはありませんか?人が怖いといった気持ちが強すぎて対人関係がうまくいかず、その影響が社会生活にまで支障をきたすものを「対人恐怖症」...
昔、私はとある大学で心理学の教授を務めていました。私は自分の教えるテーマ、心理学が大好きだったので、皆がこの授業に夢中になるはずだと思っていました。しかし...
「女心は秋の空」とは変わりやすい秋の空模様のように、女性の気持ちは移り気ということを上手に表現したことわざですが、その言葉通り、意中の女性の気持ちが全くわ...
あなたの知り合いの女子に「かまってちゃん」はいませんか?もしかしてあなたの彼女がそうだったりします?かまってちゃんと話していると、「この子は何を考えてこん...
何かにつけて人の意見や行動を否定するような嫌味を言う人っていますよね。でも、どうにか大人の対応をしたいもの。ここでは、そんな人が持っている心理や、彼らとの...
プレゼンの成功とは何でしょうか。その1つには、聴衆の記憶に残ることが挙げられます。たとえおもしろいプレゼンをしても、プレゼン内容が聴衆に覚えてもらえなかっ...
あなたはプレゼンを終えた時、大成功だったと思うことが多いですか?それとも「違うことをやればよかった、言えばよかった」と後悔することが多いですか?後者の場合...
人間関係において問われるのは、自分の感情をコントロールできるか。そして、相手の感情まで深く理解できるかどうか。極めて難しいことではあるが、いわゆる“デキる...
スピーチやプレゼンの計画を立てるとき、プレゼンターは聴衆が何か行動に移すことを期待します。しかし、人に行動を起こさせるのは、さほど簡単ではありません。近年...
なかなか恋愛がうまくいかないなぁ……と悩んでいる男性に向けて「ちょっとした心理学をつかえば、それはすぐに解決する!」と豪語するビジネス心理研究家、神岡真司...
スーツを着ている人を見ると、真面目で仕事ができそうな印象を受けるものですが、心理学的には着ている本人にも影響があるのだそう。興味深い研究結果が出ています。...
仕事に恋愛、友人との付き合いなど、生活するためには他者との関わりは避けて通れないもの。ところが実際には人間関係がうまくいかず、自分の思い通りに物事が運ばな...
人として成長するためには、何か大きなことを成し遂げなければならないように思いがち。でも実際のところ、成長と一番大きく関わっているのは、日々の生活習慣です。...