相手を理想の方向へ誘導する、3つのコミュニケーション術

買うつもりはなかったのに、気づいたら購入していた。やりたくなかったことなのに、なぜか前向きに取り組んでいる…。こんな経験をしたことがある人は、プロの巧みな仕掛けにハマっているのかもしれません。書籍『すぐ試したくなる! 実践心理学大全』では、相手の気持ちを察知し、自分に都合良く行動してくれるようにする心理術がまとめられています。

人の心を操るとまでは言いませんが、いくつかのテクニックを使って理想の方向に誘導することは可能です。

人を思いどおりに動かす
「ラベル貼り」

67f11a1742f820ef5473f60fc8e20b974b6272c0

「社員のクオリティが高い」と評判の人材派遣会社があります。仕事はもちろん、挨拶や受け答えもしっかりしたもので、人間関係も良好。では、どうすればそのような人材を揃えることができるのでしょうか?

この会社で実施しているのが「ラベル貼り」です。研修中に「あなたは仕事をそつなくこなし、周りともうまくやっていける人間だ」と、繰り返し伝えるのです。そうすることで「自分はきっちりとした人間である」と潜在意識に「ラベル」が貼られのだそうです。

説教や権威による教えは、どうしても反発心を生みます。そのため、監視下では模範的な行動をとりますが、そうでないところでは教えを無視した行動をとりやすくなるのです。部下が思い通りに育ってくれないとお悩みなら、怒鳴り散らすのではなく、潜在意識に刷り込む方法を試してみてください。

熱意に負けたふりをして
まわりの士気を高める

5b70718b4e10f50479757f665c43366bbaca2b3d

ドラマで、若手社員が「この企画をやりたい」と直談判し、上司がすぐに全面的なバックアップを約束するシーンを見かけます。しかし現実では、提案が簡単に容認されることはありません。

もし、そこに上司に別の思惑があるとすれば?あえて「ダメだ」と突き返すことで、部下の企画に対する熱量を測っている場合が考えられます。もし熱心に取り組んでいるのであれば、めげずに何度も了解を迫ってくるはず。上司は、部下たちの気負いが頂点に達した頃を見計らって、「キミの熱意には負けた」と了承するのです。

何度か反対したあとに、了承すれば部下たちの士気も高まり、仕事に対するモチベーションも高くなるでしょう。

単純だけど効果絶大な
「同じ言葉」の繰り返し

E8c15e8d6feffdb5b70fddb683b2efdc26adb268

客商売では、お客様からのクレームはつきもの。もちろん大半は「欠陥品だった」といった真っ当な要求ですが、明らかに購入者側の落ち度で壊れたのに、交換を要求する人もいます。

そんなクレーマー撃退法として、あるスーパーの店長が取り入れているのが「同じ言葉を繰り返すこと」だそうです。

たとえば「買った傘が壊れていた。忙しいなか、店まで来たのだから半額にしろ」と要求されたとします。店員は「申し訳ございません。以後気をつけます」と謝罪する。購入者は「謝るだけでは誠意が足りないんじゃないの?」と詰め寄りますが、店員は「申し訳ございません。以後このようなことがないようにしますので」と謝る。これを何度か繰り返すことで「じゃあ次からは気をつけてね」と帰っていくのだとか…。

店長は、この手法を店員にも使っているそうです。残業してほしいときに「悪いけど1時間だけ残ってくれ」とお願いする。「えー!」などと言われても「頼む!1時間だけでいいから」と繰り返す。やがて店員は諦めて、引き受けてくれるのだそうです。

単純ですが、これはさまざまなシーンで応用できます。

※画像はイメージです。

※記事内の画像はイメージです。

人間観察って、本気で追究すると面白いものですよね。行動や仕草を見て「この人はこう思っているかも」とホンネを探ることができたら、もっとその世界を探りたくなる...
「自己暗示」と聞くと、なにか難しいもののように思うかもしれませんが、つまりは目標とする自分の姿を想像すること。「自分はできる」と鼓舞することで、テンション...
人間関係において問われるのは、自分の感情をコントロールできるか。そして、相手の感情まで深く理解できるかどうか。極めて難しいことではあるが、いわゆる“デキる...
今現在、「復縁したい!」と強く願っている女性も多くいるでしょう。しかし元カレとよりを戻したいと思ってしまうのには、このような復縁したいという心理が作用して...
聴衆を惹きつける強いメッセージで、類稀なプレゼンの才能を発揮したスティーブ・ジョブズ。持ち前の人を説き伏せる話術は、日々の打ち合わせの場でも発揮されていた...
仕事に恋愛、友人との付き合いなど、生活するためには他者との関わりは避けて通れないもの。ところが実際には人間関係がうまくいかず、自分の思い通りに物事が運ばな...
昔、私はとある大学で心理学の教授を務めていました。私は自分の教えるテーマ、心理学が大好きだったので、皆がこの授業に夢中になるはずだと思っていました。しかし...
多くの女性は、男性を好きになると優しくしたり、身の回りのことをやってあげたくなったりします。好きな人のことを考えると胸がドキドキして仕事も手につかなくなっ...
私はかつて25年もの間、全日空でCAの仕事に就いていました。国内線、国際線のチーフパーサーとして働き、そのうちの15年間は、天皇皇后両陛下、英国元首相マー...
コミュニケーションは「やるといい」ものではなく、「やるべき仕事」のひとつです。いかに漏れなく、効果的に、能率的に行うかを考える必要があります。そして、それ...
「心理学」と聞くとちょっと固いイメージがあるかもしれませんが、じつは幸せになるための考え方や成功の秘訣、コミュニケーションのコツなど、身近な問題解決のヒン...
運命の恋なんて存在しない。愛はコントロールすることができる!そう提言するのは、John Alex Clark氏。恋愛心理学の分野で有名な彼が、「Thoug...
ひょっとして、彼は私に気がある?それともただの友達と思っている?好きな人だからこそ、彼の一挙一動にドキドキしてしまいがち……。そんなあなたにこそ役に立つ!...
「人が怖い」そう思ったことはありませんか?人が怖いといった気持ちが強すぎて対人関係がうまくいかず、その影響が社会生活にまで支障をきたすものを「対人恐怖症」...
「女心は秋の空」とは変わりやすい秋の空模様のように、女性の気持ちは移り気ということを上手に表現したことわざですが、その言葉通り、意中の女性の気持ちが全くわ...
ウソがバレたり、会議で反対案が通りそうなったり、職場や学校などで訪れるそんな数々のピンチを乗り切るには、相手の気持ちを読み取り、コントロールしてしまえばい...
「準備⇒本番⇒フォロー」の3ステップに沿って学んでいくことで身につく、プレゼンや商談、面接で役立つコミュニケーション術「アクティブ リスニング」。どんなこ...
「準備⇒本番⇒フォロー」の3ステップに沿って学んでいくことで身につく、プレゼンや商談、面接で役立つコミュニケーション術「アクティブ リスニング」。ここでは...
あなたはプレゼンを終えた時、大成功だったと思うことが多いですか?それとも「違うことをやればよかった、言えばよかった」と後悔することが多いですか?後者の場合...
プレゼンの成功とは何でしょうか。その1つには、聴衆の記憶に残ることが挙げられます。たとえおもしろいプレゼンをしても、プレゼン内容が聴衆に覚えてもらえなかっ...