すべての人に美しい運河を!車椅子のまま乗れるゴンドラが誕生(ヴェネツィア)

水の都・ヴェネツィア観光といえば、美しい運河を渡る「ゴンドラ」が欠かせません。

歴史ある美しい風景を眺めながら大水路を移動する体験は、他の街ではなかなか味わうことができません。

「ずっと歯がゆい思いだった」

F89dce6a40d96e71c3f6ea67070064dd2d594073

しかしゴンドラは縦に長く狭いため、車椅子の人は乗車ができませんでした。代々続くゴンドラ乗りの4代目、Alessandro Dalla Pietàさんは、ずっとそんな様子を見て歯がゆい思いをしてきたそうです。

そこでPietàさんは一念発起。資金を集めて、車椅子でも乗れるゴンドラを作り上げたのです。その名も「Gondolas4All」。

ーー すべての人に、ゴンドラを。

資金繰りには
4年の歳月

F4b3e51f10c5a4225917ce64a4db0af9e0c78604

開発は、決して平坦な道のりではありませんでした。政府やホテルのオーナーから投資を受けましたが、平行して行っていたクラウドファンディングはうまくいかず、結局は銀行からお金を借りて、合計12万ユーロ(約1,500万円)を調達。

4年の歳月を経て、昨年4月にようやくゴンドラが完成し、ヴェネツィアの水路へと漕ぎ出しました。

このゴンドラが
街を解放してくれた

02fd706e8cef7e368a0b66346fa20a17f225cb450f2220737f1e5eaebca75ea7fe5277d654122cde

おかげで、これまでゴンドラに乗ることができなかった人たちも大喜びの様子。

このプロジェクトに2万ユーロ(約240万円)を出資したホテルのオーナーは、実は脊髄性筋萎縮症で娘さんを亡くしており、多くのアクセサビリティに特化した観光サービスを提供しているそう。

彼は、今回の大きな反響について、こう語ります。

「私のホテルに泊まったたくさんのお客様が、ゴンドラに乗りたいとは思いながら、これまでは諦めてきました。しかし、もう諦める必要はないのです。ヴェネツィアの最も美しい景色は、水上からの眺めです。このゴンドラは、この街を解放したのです」

Licensed material used with permission by Gondolas4all Onlus
決して、ジョニー・デップとアンジェリーナ・ジョリーが極上のミステリーを繰り広げるわけではない。それでも、Oliver Astrologo氏が撮影した映像は...
車椅子の人にとって、砂利道やでこぼこした山道などは身体に伝わる振動が大きく負担になります。日常生活を送るにも、ちょっとした段差や整備されていない道などを移...
このストーリーの登場人物は、車椅子の男性と自転車で移動する女性。ふたりは向かいの家に住んでいるのに、出かける時もすれ違い、まるで「別の世界」に住んでいるか...
車椅子を利用するパパやママでも使いやすいベビーカー。夢のような話が、アメリカで実現しそうです。しかも、このユニバーサルデザインを考案したのは、なんと16歳...
「頑張って生きたい。キャシディーがそう願ったから、みんなで助けることにしたんだ」生まれて間もなく、事故で後ろ足を両方とも失うこととなった野良猫のキャシディ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
サウナと聞いたら、石や白木でできた密室をイメージしませんか?しかし、この「Saunagondel」は、どこにでも持ち運べて、外の景色を見ながら入浴できる「...
ドイツ出身のボディ・ビルダーPatrick Huberさんの恋人は、1996年のアトランタオリンピックに飛び込み競技のスウェーデン代表のとして出場したJi...
漫画やアニメのポップカルチャーイベント「COMIC-CON」。日本でも12月に開催予定ですが、アメリカやイギリスなど世界中で注目を浴びています。2015〜...
2人の子を持つドリュー・アンは、とても困っていました。スーパーに行くと、自由に走り回りたい盛りの2歳の弟から目を離さないようにしながら、体が不自由なお姉ち...
山や川、砂漠をも越えて500マイル(約800km)のトレッキング…と聞いたらそれだけでも大変そうですが、もしもそれを車椅子で達成するとしたら?米・アイダホ...
「HotTug」は、オランダで開発された観光用の湯船式ボート。飲み物片手に運河をセイリングし、街中をまわれる次世代ツールだ。すでに個人向けに販売が開始され...
JessicaとLiannaの姉妹は、電動の車イスで暮らす、身体障害者。デザイナー兼イラストレーターであるふたりは、自分たちの日常をイラストで紹介していま...
障害者に対して入場料の割引を実施しているテーマパークはたくさんある。けれど、入場してから本当に楽しめるかどうか、は別の話ではないだろうか。きっと、パーク内...
キア・ブラウンさんは、ニューヨークに住む25歳の女性。脳性麻痺を抱える彼女は、自分自身の写真に「#disabledandcute(障害があっても私はキュー...
歴史に名を残すバイオリン製作者のアンドレア・アマティやガスパロ・ディ・ベルトロッティと同じく北イタリアで生まれたLeonardo Frigo。彼は、幼い頃...
リハビリ機能を名目にした施設ではなく、障害を抱えていても健常者と同じように肉体を鍛えるためのトレーニングジム。言われてみればこうしたジムは確かに少ない。こ...
見慣れた日本の風景が、他国と比較するといかに異質なものであるか。そんな事実にハッとさせられる画像を紹介。ヨーロッパと南米の4つの街を「東京化」してみると、...
オーストラリアに住むSarah Janeさんは、8歳の息子がいる一児の母親。かつては様々な場所を旅していたのですが、事故により歩くことができなくなってしま...
現代日本が抱える少子高齢化、人口減少に直面した社会環境がイタリアにもあるそうだ。過疎化が進む農村や山間部の集落は空き家であふれ、地域再生やまちづくりが急務...