ベビーカーを卒業したらこれ!凸凹道も楽しめる「一輪車バギー」

安全性を重視してつくられている「ベビーカー」は、子どもが成長するにつれて、少しずつ「お荷物」になってくるものです。行動範囲が限られたり、窮屈だったり…。

そんな悩みを解決してくれそうなバギーが「unirider」。のびのびと風や自然を全身で感じる、ユニークな一輪車。走り出した瞬間から思わずニッコリ!清々しい気持ちになるはず。

たとえば、海辺で子供と一緒にランニング。子連れでお友達とカフェに行くときにもありかもしれません。ハンドルやペダルなどがついていないシンプルなデザインなので、どこでもリラックスして走り出すことができますよ。

360度スッキリの解放感

0274149b596320da96a6f5580507351a4de84f670ca3908e32d2af260cbbaf91b9f93e2df9222096

この一輪車は、ニュージーランドの「Mountain Buggy社」が、イギリス在住のSimon Langhamさんと一緒にテストや開発を進めたもの。

実際にSimonさんの子どもたちに何度も乗ってもらってテストしているので、乗り心地には自信あり!とのこと。

C033356be77d1fb11c6249a3eb4c9a4ec6922ac0

開発のきっかけは、息子のFreddieくんが3歳になったときのこと。窮屈なベビーカーにはまったく乗りたがらない様子を見て、Simonさんは悩みました。

「子どもが大きくなっても、自由を感じながらアクティブに動ける乗り物はないだろうか?5歳の子どもが乗っても、重さを感じずグングン走れるものはないだろうか?」

ひとりのパパのそんな思いから「unirider」は誕生したのです。

0824b54e946fc24d7b763bb4cbfb536f364fd25eAa2e541cfb3798180479df55a60c8dbd5f66af7a

芝生や砂利道も
どんどん進む

Edfedb93df6198d4914aa123b0deebae8966c3de

12インチの太いタイヤは安定性があり、どんな地形やスピードでもまるでマウンテンバイクのようにグイグイ進んでいきます。

手押し車なので、街中でも森の中でも、周りの景色を楽しみながら「親子の一体感」を味わえるはず。

2e57944f36a2dda0bb111e7fa2fa4faa40abb5e73f488eac21557c7727de952e786e424b689338c0

芝生の上や足場の悪い凸凹道も進めるので、一緒に遊ぶ大きいお兄ちゃんやお姉ちゃんがストレスを感じることもなくなります。

持ち運びも簡単なので、公園で一緒にランニングしたり、解放感に満たされながら爽快に乗ることができるでしょう。

コンパクトで数分で組み立てることができるのも魅力のひとつ。推奨年齢は2〜5歳で価格は149.00NZDドル(約12,000円)。

Licensed material used with permission by Mountain Buggy
車椅子を利用するパパやママでも使いやすいベビーカー。夢のような話が、アメリカで実現しそうです。しかも、このユニバーサルデザインを考案したのは、なんと16歳...
ベビーカーには大きく分けて2種類が存在するのですが、この違いをよく知らずにいたのが2児の父であるこの私。オフロードバギーのような重厚感に一目惚れして手に入...
世界で最も小さく折りたためるベビーカーとして、ギネス(2015年11月現在)に認定されている「Pockit Storller」。ほんの一瞬で、カバンの中に...
オーストラリアのマラソン大会で、Troy Austinさんは空のベビーカーを押しながら42.195kmを完走しました。彼は走っている途中に多くの人からかけ...
「お母さんならみんな泣いちゃう」「自分だけじゃないんだと、共感して泣きました」世のママたちからそんなコメントを寄せられる“ある動画”が、大きな話題になって...
以前旦那にプレゼントしたシャッツ。せっかく気持ちを込めたものなのに、縮んだからもう着れないと捨てられそうなところを発見。娘のためにリメイクしてSNSに写真...
4人の子どもを女手ひとつで育てることになった母親のカーラさんは、家族で移り住むための新居を探していました。しかし、広い家は高すぎて買えないし、手が届く価格...
フォトブック作成アプリの「Chatbooks」が、来る母の日に向けて制作した、ほっこり動画があります。子どもたちに自分のママが一番だと思う理由を聞いてみま...
バランス感覚を養うことで、補助輪なしでもすぐに自転車に乗れてしまうとあって(わが家も一発OK)、いまや子どもたちの三種の神器のひとつとも呼べるのが、ストラ...
毎日がまるでサーカスの一幕みたいな、赤ちゃんや小さい子どものいる家庭。パパもママもてんやわんやの大忙しのことでしょう。ここに紹介する写真もそんな場面の数々...
5月は、アメリカでは卒業式の季節。青い空に向かって卒業生が一斉にハットトスする様子に、一度は憧れた人も多いのでは?そんなおめでたい写真の数々がSNSを賑わ...
食物アレルギーのため、毎朝マーガリンを塗ったトーストしか口にできない娘のために、パパがとった行動がステキすぎる!とイギリスで話題の家族を紹介します。たった...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
「妊娠しているときから、もっと夫にも子どもに興味を持ってほしい」。そうは思っても、実際にお腹に赤ちゃんを抱えていないパパにとっては、ママの大変さや気持ちを...
おやすみ前の絵本は、小さい子どもにとってその日最後の特別な時間。この読み聞かせをママではなく、パパがしてあげる方が「子どもの能力向上につながる」という、新...
ネブラスカ州在住のグラフィックデザイナーMartinさんの題材は、どれも5歳になる娘のHarper Graceちゃんとの会話から生まれたもの。奇想天外な少...
どんなにおもちゃを散らかしても、カンタンに後片付けができる。ゆえに子どもが後片付けを嫌がらないーー。そんな、魔法のようなバッグがノルウェーから登場しました...
ママが出張で、パパと娘がお留守番。そう聞いて、そこはかとなく不安が漂ってしまうのは、どこの国でも同じなようです。とあるロシア人の父娘は「ママ、こっちは大丈...
にっこりと笑う小さな男の子。大好きなパパとママと一緒に写る幸せいっぱいの一枚は、見ているこちらも微笑ましい気持ちになります。だけど、実は彼の両親は離婚して...
「年に1度、私の誕生日だけ空に無数の光が飛ぶの!」育ての親ゴーテルによって、幼い頃から塔に閉じ込められていたラプンツェルの唯一の楽しみ。それは年に1度だけ...