2017年に訪れるべき「ベストビーチ」はココだ!

ビーチフリーク注目!あのトリップアドバイザーが「世界のベストビーチ」を発表した。今年5年目を迎える名物企画は、世界中のトラベラーたちの口コミをもとにランキング化されている。つまり、広告や意図的なものとは無縁のリアルな順位なのだ。

このトップ10に、あなたがこれまで訪れたビーチはあるだろうか。人生のベストビーチを思い浮かべながらチェックするのも楽しいかもしれない。さて、世界各国343ものビーチから、数百万人のトラベラーたちに選ばれたベストビーチとは…?

第10位
「ガラパゴス ビーチ」
サンタクルス (エクアドル)

0969cea501fdada335a0d8399ba77840319943bc

第9位
「エラフォニシ ビーチ」
クレタ島 (ギリシャ)

857954a4098f74a8b1315b3373055042bd13e54e

第8位
「ラドハンガー ビーチ 」
ハブロック島 (インド)

375e6269cd4c653ca50bbeb8498c492f0884e5ab

第7位
「プラヤ ノルテ」
ムヘレス島 (メキシコ)

6a52446ef6b4aa0b4d95a6df40ee746fc4774df3

第6位
「ラ コンチャ海岸」
サン・セバスチャン  (スペイン)

7257b4631aa2f8d73e67c138c38c4fe1c1a74e0d

第5位
「シエスタ キー パブリック ビーチ」
フロリダ (アメリカ)

2a6bf7fa42481d12f80c7a2862146272f02948e0

第4位
「プラヤ パラサイソ」
カヨ・ラルゴ (キューバ)

43c21747c50c17316c3abe75533c6d71dc60ee02

第3位
「イーグル ビーチ」
パーム (アルバ カリブ諸島)

25269fb4dd228cf7b1b55b6c3c65e4d91ce96ad4

第2位
「グレース ベイ」
プロビデンシアレス島
(タークス・カイコス諸島)

4f070f503354f1cb612be8c143da87cc1963510a

第1位
「サンチョ湾ビーチ」
フェルナンド・デ・ノローニャ島 
(ブラジル)

68561165dc26f31e92f5a704f01c0366e42e5108

日本人には馴染みのないビーチが並んだかも。実は僕も、このトップ10で訪れたビーチは1つだけ。ビーチには目がない僕だけど、世界はホント広いよなぁ。

今回、第1位に輝いた「サンチョ湾ビーチ」のあるフェルナンド・デ・ノローニャ島は、世界遺産に登録されていたり、島の一部は環境保護区にも指定されているのだとか。そんな美しいビーチを堪能したトラベラーの口コミを紹介しよう。

「サンチョ湾ビーチについては、噂を聞いたり、写真で見たりしてたの。でも、この目で見たら全然違った。ただ、ただ、『素晴らしい』の一言よ!海は、透明度が高くて、シュノーケリングをしたら、色とりどりの魚を見ることができたわ」 Vanessa D

だよねー。やっぱり、実際に足を運んでみなければねっ。さてさて、次のバカンスでは、どのビーチに逃げようか?それを迷うのが楽しみでしょうがない。案の定、顔がニヤけてしまっている…。

Licensed material used with permission by トリップアドバイザー
「世界中のビーチをキレイにしたい」そんなシンプルな目的のもと湘南エリアで始まった取り組みが、独自の地域通貨「ビーチマネー」の発行。海岸で拾ったガラスのかけ...
今年の12/25に向けて、アメリカの「Oyster.com」が紹介していたのは、クリスマスに人気の10の旅先。1位のニューヨークにはなるほど、というところ...
海外旅行が好きだけど、どうしても定番のところばかりに…。確かにガイドブックに掲載されるたくさんの観光スポットは、ハズレもなさそう。でも、たまには人と違う旅...
台湾へ行ってきた。台湾といえば、グルメと足つぼマッサージ。日本からの観光客も増えてブームとなっている。でも、そのほとんどは2〜4泊ほどのツアーなので、台北...
さあ、現実逃避の時間です。「EUROPEAN BEST DESTINATIONS」から、息をのむ美しさのビーチを紹介しましょう。これらの楽園では、ぷかぷか...
オーストラリア・クイーンズランドの北端、ファー・ノース・クイーンズランド。世界遺産であるグレート・バリア・リーフや、70もの国立公園がある自然がいっぱいの...
Alcindoさんは、北アフリカ沖にある小さな島国「カーボヴェルデ共和国」のサル島に住む43歳・男性。建築現場のペンキ塗りとして働いています。何よりも海が...
ここで紹介するのは、先日「EUROPEAN BEST DESTINATIONS」に掲載された、2016年に訪れたいヨーロッパの町ランキング。あえて先に結果...
地上に存在する「美しい場所」を求めて撮影の旅を続けるのは、フランス人フォトグラファーArnold Longequeue。最新シリーズ『The Quite ...
地球温暖化によって海面が上昇している。その影響によって、海岸侵食が進み世界中のビーチから砂が失われつつある。ビーチの砂は、とても大切なもの。例えば、海沿い...
2016年2月。フロリダ・パームビーチの海が、サメで埋め尽くされた。一体ナニゴト!?ビーチからもかなり近い!遠目からみるとその光景に恐怖さえ感じる。が、フ...
「Sandusa(サンドゥサ)」は、サーファーでもあるエンジニアのバズ・ブラウン氏が2010年に設立した、オーストラリア発のブランド。そのビーチタオルが備...
7月初旬に行われた「Corona Sunsets Festival 2017」。照りつける太陽に恵まれ、オーディエンスも、ワークショップも、ビーチも盛り上...
水も砂も寄せ付けない!と昨年話題になった、「Sandusa」の最強ビーチタオル。オーストラリア発のこのブランド、今年は水も砂も寄せ付けない「最強クッション...
素敵な快晴の日、海へ!心躍る時間ですが、帰りに荷物が砂まみれ、なんてことありませんか?「DEZZIO」はそんな悩みを解決してくれるバッグなんです。なんと、...
もはや今さら言うことでもありませんが、鎌倉・江ノ島は多くの魅力が詰まった人気観光地。都心からわずか1時間ほどでアクセスできる利便性も相まって、週末になると...
この季節、ビーチに欠かせないのが、日よけタープ。まだまだ日差しが強いから、タープ1つあるかないかでビーチでの快適さは大きく左右される。でも、これまでのター...
ビーチクルーザーのフォルムを活かした電動自転車が登場。2〜3時間の充電で120kmも走ることができるそうで、走っている姿はまさにバイク。とは言っても、山道...
福井県に「北陸のハワイ」の異名をとる無人島があります。どこまでも長く続く遠浅のビーチ、魚たちが手の届くところまでやってくる透き通った青い海。ここを訪れるチ...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあった旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「...