ただの「良い上司」ではなく「記憶に残る上司」の9つの特徴

記憶に残るような上司はみな、いくつかの資質を持っているものです。そしてその資質は紙上には表せるものではなく、本当に必要なときに心の中にあらわれるのもの。

「Inc.」のライター、Jeff Haden氏がまとめた「部下にとって忘れられない上司」が持っている9つのポイントを紹介してみましょう。

01.
誰もが信じないことも
本気で実現できると信じている

24a9c02292b27f2bd896de62d1321e3b55717cb8

ほとんどの人は、実現可能なものしか追い求めません。だから、目標というのは「想像もつかないような突飛なもの」ではなく「少しずつステップアップできるもの」が一般的。

ただし、記憶に残る上司は、つねにその斜め上をいきます。「どうやるか」の道筋をしっかりと示し、信じられないような成功体験までさせてくれるのです。

02.
壁にぶつかったときは
チャンスだと捉えよう

予期できない問題、思いがけない障害、大きな危機…。ほとんどの上司なら帆を絞り、出入り口を塞ぎ、嵐が過ぎ去るのを待つことでしょう。しかし、ピンチをチャンスと捉える人もいます。彼らは、このような事実を知っているのです。

1)物事がうまくいっているときに大きな変化を生み出すことは極めて難しい。
2)大口顧客を失ってしまったときは、セールスチーム全体を再編成することのほうが受け入れられやすい。
3)主要な競合他社が市場に参入してきたときには、新しい販売チャネルを創出することのほうがずっと簡単。
4)供給の流れが狂って生産が立ち行かなくなったときは、製造作業を再編成するほうがはるかに容易である。

記憶に残るような上司は、「不安定さ」と「不確かさ」を単なる障害と捉えるのではなく、大きな物事を成し遂げることを可能にするひとつの要素だと捉えるもの。

周りを安心させ、元気づけ、奮起させるために、その状況を立て直そうとするのです。

03.
はばかることなく
感情を表に出す

Bbf6d086ece93c435569b2e42d31080d980957f6

良い上司は皆、プロフェッショナルです。記憶に残る上司は、高度に専門的ですが、感情を包み隠さずに表現します。物事がうまくいっているときは興奮を表現し、ハードワークに対しては心からの感謝を示します。

自分自身に対して激しく失望することもあるし、祝福したり、共感したり、悩んだりもする。イライラしたり、怒ったりすることもあります。

要するに、彼らはその他大勢の「普通の上司」よりも人間的なのです。プロ意識は素晴らしいものですが、そこに健全な人間らしさが合えばさらに良いでしょう。

04.
恐れずに助けを求める

良い上司は、自らの知識や経験を使って意思決定します。優れたリーダーが持っている特性の中で重要なのは、結局のところ「決断力」なのです。

記憶に残るような上司は、「自分はあらゆることを知っている」などとは考えていません。彼らは「人間は知らないことだらけ」だということをわかっているのです。

だから、人に尋ねるようにします。これは、自分のもろさや弱さを露呈することになる一方で、他の人の意見を尊重し、勧んで聞こうとする姿勢を示します。これだって、優れたリーダーの資質なのです。

05.
部下を危機から救い出す

B40fad4af2f46e85ddd21058c6d5f5f307399c2a

最低の上司は、自分の部下をバスの下に投げ込もうとします。良い上司なら、そんなことはしません。

記憶に残る上司なら、近づいてくるバスから部下を救い出します。しかし、「助けてやった」と恩を売ろうなどとは決してしないので、部下は随分あとになるまで自分が助けられたということに気づきません。

もしも助け出すことができない場合は、自ら犠牲となることを選んでくれるでしょう。そして、後になって部下に尋ねられたときだけ、こっそりと真相は話すのです。

06.
過去に成し遂げた何かより
いま何をするか

その人の価値を測る基準は、「日々どれだけ貢献しているか」という明白なものです。だからこそ、記憶に残るような上司は、過去に何を成し遂げたかに関わらず、腕まくりをして、汚れながら「単純な」仕事をすることはありません。

いやしい仕事なんてないし、退屈な単純作業なども存在しません。どんな人でも、それぞれの労働の成果に値するはず。

07.
「権威」ではなく
「承認」によってリードする

Db69a5152350cb264f0db466d67198789155ecfb

上司は皆、肩書きをもっています。その肩書きによって、部下に指示を与えたり、意思決定を行ったりする権利が得られるのです。

しかし、記憶に残る上司は、部下に「望まれて」組織をリード。部下は、上司の肩書きにではなく、「その人自身」に駆り立てられます。言葉や行動を通じて、「一緒に働きたい」と思ってもらえるように働きかけるのです。

部下が上司の「ために」働くことと、上司と「共に」働くこと。記憶に残るような上司だけが、その違いを知っています。

08.
より大きな目的を持っている

会社の目標を達成するために働くのは良い上司。記憶に残る上司は、会社の目標達成も当然めざしますが、より大きな目標のために奉仕します。

たとえば、部下のキャリアを高めたり、困っている部下を救い出したり、誇りと自尊心を身につけさせたり。彼らは、個人的なレベルにおいても他者に貢献しているので、いつまでも忘れられない存在となるのです。

ビジネスは常に個人的であることを知っているから、彼らはより大きな目的を持っているのです。

09.
真のリスクを追う

6dd3519f168603ed2085ef5f2cc517f0faad070c

多くの上司は、表面的な方法で目立とうとします。

衣服や興味のあることだけではなく、大衆に迎合したり…。確かに目立ちはしますが、それは本質的な部分においてではありません。

記憶に残る上司は、皆が嫌がるようなステップを踏み、現状に甘んじず、正解のない道を進もうとします。だからこそ目立つのです。彼らは「真のリスク」を背負い、リスクの先にある利益を見越しています。実例を示すことで、他の人たちもリスクの先にあるものを追うことができるように促すでしょう。

要するに「記憶に残るような上司」とは、言葉や行動、実例を見せることで他の人を目標へと導くことができる人間のことなのです。

Licensed material used with permission by Jeff Haden
社会人になって数年過ぎると、様々なタイプの上司と仕事をする機会を通して、その影響力の大きさを思い知る。尊敬できて、周りを引っ張ってくれるような人が上にいる...
誰でも「デキる上司」に、1度は憧れるもの。「自分もいつかああなりたい」と尊敬できるし、多くのことを吸収して自分の成長にも繋げられるから。ただ、社会人になっ...
いい上司と悪い上司。両者の違いはどこから来るのでしょう?ここでは、いわゆる“ダメな上司”の特徴を紹介。とくに03.は、ちょっとしたことですが、当てはまる人...
インターン生を指揮するにしても、ビジネスをするにしても、あなたの部下が仕事をうまくこなせるかどうか、あるいは、あなた自身の身を守れるかどうか。それは「リー...
どうせ働くなら「あの人のために働きたい」「一緒に働きたい」と思われたいもの。でも実際、慕われる上司とそうではない上司の違いって何だろう?「inc.com」...
「上司は選べない」「職場環境は上司しだい」なんて言われることもありますが、自分がいざ「上司」と呼ばれる立場になってみると、自分が本当に理想と言える存在なの...
統計によると理想の上司がいる人は3割程度だそうです。これを多いと思うか少ないと思うかは、理想の上司が周りにいるかいないかによって変わってくると思います。人...
すべての社会人必見の記事が「Inc.com」にまとめられていました。現在、部下を抱えている人も、将来的に部下を持つことになる人も、目を通しておいて損はない...
「上司がこういう言い方をしてくれたら」「部下がこんなふうに行動してくれたら」。働いていると、目の前の人に変わってほしいと思う場面に何度か出くわすことがある...
2014年にアメリカで行われた調査によれば、2020年までにミレニアル世代(1980年前後から2005年ごろにかけて生まれた世代)が労働人口の40%を占め...
もしも、今の上司に不満があるのなら、それはチャンスなのかもしれません。相手がどんなにやり手のビジネスマンだったとしても、何もかもが完璧な人間なんて、見たこ...
上司の人格次第で、ガラリと変わる職場環境。リーダーシップ論に造詣が深いMarcel Schwantesさんが「Inc.」でまとめているのは、「好かれる上司...
 できる社員を育てあげるには、何よりも上司のコミュニケーション能力が重要。これはコラムニストMarcel Schwantesの意見。優秀な部下の質を見極め...
なんとかして、上司の期待を超える結果を達成したいと願っているビジネスパーソンの皆さんに向けて、その具体的な方法を7つに厳選してご紹介していきます。正しい方...
仕事をするうえで、上司から「デキる人」と思われることには、大きな意味がありますよね。社会人2〜3年目の“伸び悩み”を感じ出した人に届けたいこの記事。「お前...
信頼を集め、部下から慕われる上司。逆に誰からも好かれず、嫌がられる上司。その違いは、一体どこにあるのでしょうか。自身もCEOであるElle Kaplan氏...
最近は働きやすい環境を整えた会社がメディアで取り上げられることも多くなってきましたが、大半は“そうではない”のが現実。そして、そんな会社に就職した優秀な人...
優秀な人材が去ってしまうことは、企業にとっては痛手。そうなる前に、マネージャーは彼らの考えをしっかりと理解する必要があります。そこで役立つのが「Talen...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jp明治安田生命が2月22日に発表した「理想の上司」アン...
仕事がまったく楽しくない。上司にはガミガミ怒られてばかり。ロボットのようにタスクをこなすだけの毎日。そんな悩みに苦しんでいるとしたら、今の仕事は「辞めどき...