スパイシーなピラフをすべて「ジャンバラヤ」とするのは早計

移民の国アメリカには、バラエティに富んだ多様な料理が、独自にアレンジされて誕生した歴史があります。たとえばよく知るジャンバラヤも、フランス系カナダ人の食文化「ケイジャン料理」をルーツに持つ米料理。

ここに紹介する「ジョロフライス」は、見た目こそジャンバラヤですが、実際は似て非なるもの。まったく違う背景がありました。

C75022cd69690efdb96fb33991fd1750f41eeee7

ジョロフライスは、セネガルに暮らしていたヴォロフ族のソウルフードだと言われています。それがナイジェリア、ガーナ、西アフリカ諸国へ次第に広まっていき、そこから奴隷貿易の時代、北アメリカに伝わったんだそう。

ひと口にいえば、スパイシーなピラフ。これにちょっとだけアレンジを加えて…。

〈材料〉

米:2合
にんにく:2かけ
玉ねぎ:1/2個
ピーマン:1個
牛かたまり肉:200g

サラダ油:大さじ1
塩こしょう:適量

A トマト水煮缶:1缶(400g)
A 水:200ml
A コンソメ:1個
A カイエンペッパー:小さじ1/2
A ローリエ:1枚

〈つくり方〉

まずは下処理から。にんにく、玉ねぎ、ピーマンをみじん切りにし、牛かたまり肉はひと口サイズに切ってから、塩こしょうで下味をつけておきます。フライパンにサラダ油をひいて中火で熱し、牛肉の表面を焼いたら取り出して、にんにく、玉ねぎ、ピーマンを加えて全体に油がまわるまで炒めましょう。

そこにお米を加えて炒めたら、Aを加え、フタをして弱火で10分。パエリャの要領で煮ていきます。牛肉をのせてふたたびフタをして5分煮たら、火を止めて10分蒸し、最後に塩こしょうで味をととのえたらできあがり。

世の中には、たくさんの「似ているけれど異なるもの」があります。例えば「焼き飯」と「チャーハン」と「ピラフ」。この3つは食べる機会が多いだけに、その違いにつ...
ファミレスの定番メニューのひとつとして、日本人の舌にも受け入れられた米ケイジャン料理の「ジャンバラヤ」。でもこれ、ピラフなのか炊き込みごはんなのかイマイチ...
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
食べごろのアボカドの見極めは意外と難しいもの。切ってみたら未熟で固すぎた…なんてときには、潔く生で食べることをあきらめること。火を通すアボカド料理を知って...
英国のレシピサイト「Twisted Food」がクロワッサンを使った新しいメニューを考案。これを見たフランスの人々から、「神への冒涜だ!」などの非難の声が...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、肉と魚を調理する...
冷蔵庫を開けたら、新じゃがしかない……。そんなときにオススメしたい、新じゃがだけでおいしくお腹を満たせる料理。「しかない料理研究家」の五十嵐豪が、簡単でお...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
作り置き料理やおうちにあるものをアレンジすれば、あまり料理が得意じゃない人でも、簡単にピザやグラタンがつくれるんです。誰もが食べたくなるようなメニューとセ...
麺がおいしい季節となりました。生麺や乾麺、茹で麺など。麺にも様々な種類がありますが、ささっと食べられる茹で麺は忙しいときや料理に時間をかけたくないときに重...
ピクルスって、好き嫌いがはっきり分かれる食べ物ですよね。好きな人は一度にいくらでも食べることができるでしょうが、あのままカリカリと食べるほかは、ピクルスを...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。そんな切り口で1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、世...
「マリネ」と聞いてイメージするのは、生魚をオリーブオイルなどに漬け込んだものかもしれません。けれど、マリネするのは魚だけとは限らない。焼く前の肉をワインに...
お米が旬をむかえ、全国から新米の便りが届きはじめました。ほかほか炊きたてごはんの美味しさは、わざわざ書くまでもなく。そこで、ここでは「五平餅」にすることで...
花を食べるーー。日本では菜の花や菊などをたまに食卓で目にする程度ですが、ヨーロッパ、とりわけイタリアとフランスではよく食べられているそう。フードライターの...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。そんな切り口で1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、世...
初夏に向けて旬を迎えるのがゴーヤ。チャンプルーも、サラダも、おひたしもいいけれど、意外とメニューがワンパターンになりがち。そこで、「ゴーヤの肉詰め」のご紹...
手頃な価格で、あると便利な「きゅうり」。ついつい多めに買ってしまって冷蔵庫にきゅうりしかない…。そんな状況でも美味しくお腹を満たすことができる絶品のレシピ...