「ポジティブ・シンキング」を身につける具体的な方法

「どうせならば、悩みがなくて、ノーストレスで生きていきたい」と、誰もが思うはず。でも人生は山あり谷あり。不条理なことで悩まされることもあります。

高田晋一さんの著書『自己啓発の名著から学ぶ 世界一カンタンな人生の変え方』では、有名な自己啓発書を取り上げながら、幸せに生きるための術を紹介しています。

心労で毎日がつらい…という人は、この記事で紹介している方法を取り入れて、少しでも前向きな人生を目指してみましょう。

「楽しみな出来事」を作ると
幸福度も上がる

5ac1ed556df1ca03d2a4914690f79f90266ef883

ノーマン・V・ピールの著書『積極的考え方の力』は、ポジティブシンキングという考え方を打ち出した元祖とも言える書籍です。この本では、自信を育てる方法、怒りや苛立ちを抑える方法などが紹介されています。

彼によれば、幸せな人生を作る方法はたった1つで、幸福でいることを習慣にすることだと言います。具体的には、朝目覚めたらベッドに横たわったまま体の力を抜き、その日訪れそうな幸せを次々に思い描き、その喜びを味わいます。そう考えることで、幸せな出来事が呼び寄せられると言うのです。

実際に心理学では、何かを楽しみにするだけで幸福度が向上するという研究結果も報告されています。

幸せな出来事が思いつかないという人は、週末に何をしようかと思案をめぐらせるだけでも良いでしょう。あなたが楽しみにできることを思い浮かべて、幸せな気分に浸りましょう。

幸福度をアップする
「瞑想」のやり方

8b7f903d69d8c9f67f181a983644a0c34f5af0c6

世界132ヶ国42言語に訳され、これまで3,500万部の売り上げを突破したという『ライフ・ヒーリング』。著者のルイーズ・L・ヘイは、ファッションモデルを経験した後、世界最大のスピリチュアル系出版社・ヘイハウスを創設した人物です。今回は、彼女自身も日課にしているという「瞑想」について。

まずは、ルイーズ流瞑想のやり方を説明しましょう。

椅子に腰かけたあと、気を静め、自分の呼吸に注意を払います。息を吸い込んだ時に「1」と数え、吐いた時に「2」と数えます。10まで数えたら、また1に戻って再び数えていきます。これを何セットも繰り返します。

瞑想にネガティブなイメージを抱いている人もいるかもしれませんが、多くの研究において科学的にも幸福度が上がり、仕事のパフォーマンスも向上すると言われている手法です。実際に、グーグル社の研修プログラムに採用されているのは有名なエピソード。

瞑想のコツは、雑念が生じても特に気にせず放置しておくことです。心を無にするということに捉われすぎず、リラックスして、まずはお昼休みに5分間始めてください。きっとストレスが軽減されていくでしょう。

テトリス効果を使って
ポジティブ脳に!

D1c4f60421cf0c9a26ae590a6c48172ac530fb1c

『幸福優位7つの法則』は、最先端のポジティブ心理学研究結果が書かれた名著のひとつです。著者のショーン・エイカーは、ハーバード大学の講師を務めた後、コンサルティング会社を立ち上げ、大手企業で成功と幸福の関係についての実証研究を行っています。

この本では、人は一生懸命努力するから成功するのではなく、幸せでポジティブな気分の時に成功するのだと訴えています。エイカーが行ったおよそ27万人にものぼるメタ分析によれば、仕事、結婚生活、友人関係、創造性など…ほぼすべての面で、幸福感によって成功へ導かれることが実証されたそうです。

では、幸福感をアップするにはどうすれば良いのでしょうか?彼はわかりやすい例として、「テトリス効果」という現象を用いて説明しています。ある実験で、対象者に1日数時間、3日連続でテトリスをやり続けてもらったところ、彼らの多くが実験後の数日間、この世のすべてがテトリスの形に見えるという状況に陥ったそうです。

つまり、人間はある1つのことに意識を払っていると、そのことばかりが目につくようになることが分かったのです。

この効果を応用してエイカーは、寝る前に「今日起こった3つの良いこと」を書き出すという方法を勧めています。こうすることで、脳はポジティブなことに目を向けるようになるとのこと。とても簡単なので、今日から試してみては?

仕事やプライベート。人生における悩みは尽きないものです。ここで参考にさせていただくのは、高田晋一さんがまとめた『自己啓発の名著から学ぶ 世界一カンタンな人...
「少しでも自分の生き方を変えたい!」と思って自己啓発本を手にしても、分厚いし内容が難しそう…という理由で、読むのを諦めた人も多いのではないでしょうか。高田...
「これまでの人生を振り返ったとき、ムダを費やしたことは一切なかった。効率的な事ばかりしてきた」なんて人はいないでしょう。高田晋一さんの著書『自己啓発の名著...
自分にできないことや欠けている部分に目がいくのは人間の性です。だけど、そんなことをしても落ち込むだけ。だったら1日の終わりに「プラスの出来事」を振り返る習...
新しい行動を促す自己啓発記事は数あれど、それらのほとんどは実践するのが難しい印象。たとえ一歩を踏み出せたとしても、継続するのはハードルが高いものです。でも...
このコラムでは、ここ数回に渡り、どんなこともビジネスにできるビジネス脳を持ってITを使った業務の効率化で働く時間を半分にできれば「自由に働き方を選べる...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
仕事漬けの毎日を過ごしていると、ふと何のために働いているのかわからなくなってしまうときがありますよね。毎日が忙しすぎて、大切なことを見失っているということ...
世の中は1%の大成功者と99%の凡人たちで構成されている。とはいえ、肩を落とすことはない。自分の「特性」とおかれた「環境」を理解できれば、間違いなく成功で...
「私はポジティブな習慣の力を強く信じています」。そう語るのは、「Inc.com」の人気ライター、Nicolas Coleさん。大切なのは、夢の実現に向かっ...
成功は、運の良い人のところにある日突然パッとやってくるものではありません。成功する人は、運を引き寄せるような生き方をしているのです。アメリカのビジネス情報...
朝は、ゆっくり頭を起こして静かに過ごしたい。できればもうちょっと布団の中にいたい…と思いがちですが、朝の過ごし方でその日の生産性が大きく変わってくるかもし...
「NextShark」のライターBenjamin Hardy氏の記事によると、学生時代に成績が悪かった人ほど、ビジネスで成功している傾向にあるのだとか。一...
早起きして朝から動き出せば、人生はもっと豊かなものになる。といったような「朝活のすすめ」は、世にごまんとあります。じゃあ、早起きすればそれでいいかといえば...
美人で仕事もできる。 そんな人に出会った時、両方を実現するなんて「私とは違う特別な人」と、勝手に線引きしていませんか?でも、彼女たちが輝いて見えるのは、自...
最近何をやってもうまくいかない、マイナス思考がクセになっている、などの悩みがある人はいませんか?永谷研一さんの著書『できたことノート』では、毎日あるメモを...
ヴァージン・グループの創設者、リチャード・ブランソン。彼は航空事業にモバイルビジネス、さらには宇宙旅行のサービス開発など、多岐にわたる事業を起こし成功して...
さて前回は、「働く時間を減らすためにITを最大限活用しよう」という話をしました。 今回は仕事の内容について、【好き】を仕事にするのはどうすればいいのか、ど...
あなたの周りにもいるかもしれない、ズバ抜けて効率的に動ける人たち。その秘密はやはり「時間の有効活用」と強く関連しているようです。そこで「TalentSma...
成功を収めた起業家に話を聞くと、おそらく彼らは「運が良かったんだ」と答えるでしょう。しかし、それを鵜呑みにしてはいけません。彼らはどうすれば運を掴み夢を叶...