Noは聞いたことがない!1,000件以上の結婚を見届けた「プロポーズプランナー」

世の中には、たくさんの仕事があります。今回は、NYの街で「プロポーズプランナー」として活躍するアッシュ・フォックスさんを紹介します。

なんと彼女、これまで1,000件以上のプロポーズに携わり、なんと一度も“No”を聞いたことがないそうです。

NYでのプロポーズは
おまかせ!

Medium c7c2b2b7e515230365cf2e263d0753aa7c825b1e

彼女のお仕事は、プロポーズのお手伝いをすること。ロマンティックで素敵な企画を練るというクリエイティブな部分もあれば、キャンドルやバラの花びらをまいて場を作ったり、ミュージシャンを手配したり、通行人の整理をしたりと裏方的な仕事もあり、その幅はかなり多岐にわたります。緊張してしまうという人には、伝え方のコーチングまでもしているんだとか。

アッシュさんは、あらゆる形で人生最高の瞬間をサポート。そんな彼女に、数あるプロポーズのなかでも特に印象的だったものを教えてもらいました。

Medium a84d3bb6ba5fc02b8448018fd227f1bc7794f34a

「ロックフェラーセンターのアイススケートリンクでのプロポーズは、とても印象的だった。休日は混むんだけど、その瞬間だけは他のお客さんにどいてもらったの。ロマンチックな曲と一緒にふたりきりで滑って、曲が終わったとき、あの有名なクリスマスツリーの前でプロポーズしていたわ」

Medium 6fb1b0780f8e360f22a741923a11d0dd10b34af2

「タイムズスクエアの中心にある掲示板に、ふたりの画像とプロポーズのメッセージを表示したのも、いいサプライズだったわ」

Medium 0245f713252582b7cb8130d7ae3b8f211bba553d

「図書館でのプロポーズも、粋だったわね。彼女のお気に入りの本に指輪を忍ばせて隠したの。彼女はすぐにその本と指輪を見つけられるって、彼は分かっていた。そして、本当にあっという間に見つけたの。さすがね

Medium f39e1a947804d21f8ab324d12c2d1274a1c07e36

「ヘリコプターから降りたった直後にプロポーズ、なんて演出もあったわ!」

最高のやりがいがあるから
やめられない!

Medium 93515e49b33d1ccddb18398291412e7cf2af8233

そんな最高にハッピーなお仕事「プロポーズプランナー」のやりがいとは、いったい何なんでしょう。

「当日は色んなことが起こるから、予定通りに進めるのは本当に大変。でも、プロポーズの瞬間に立ち会えることが、何よりのやりがいなの。地面にひざまずいてプロポーズして、パートナーがそれに心の底から応えて…。その瞬間を見るたびに、彼らの人生で一番素晴らしい瞬間を演出するお手伝いができたこと、本当に誇りに思うの。こんなに嬉しいことはないわ」

Licensed material used with permission by Ash Fox, instagram
プロポーズの瞬間ーー。パートナーの驚き、喜ぶ顔を一生の記念にしたい。そんなロマンチックな願いを叶えてくれるアイテムが、カメラ付きリングケース「YES CA...
もしも見ず知らずの外国人から、いきなりプロポーズされたら…。もちろん、これはドッキリ。仕掛け人のCordero Romeoさんは、日本語がしゃべれません。...
「この人が運命の人だ」。 そう思ったら急に、彼もそう思ってくれているかな?いつプロポーズしてくれるかな?サプライズもいいけど好みの指輪かな?などなど、いろ...
カップルの数だけ感動的なプロポーズがあります。どれが正解って訳でもありません。たとえば、こんな方法で愛を成就させた男性がいます。あえて、結論から先に言うの...
40回目の結婚記念日が近づいてきたある日の晩に、彼はタキシードに身を包んで妻の帰りを待ちました。家にピアニストを呼んでおき、驚く彼女をリビングに連れていく...
動画に登場するのは、空港で彼氏を待つエリカさんの姿。ここで紹介するカップルは、SNSを通じて事前にお互いを知っていましたが、会うのはこれが初めて。恋人のア...
これは、20代半ば〜30代半ばのアメリカ人男性に聞いた「結婚しない理由」。日本人男性にも通ずるところは多々あるのではないでしょうか。あなたの彼も、じつはこ...
ある調査によると、プロポーズから実際に式を挙げるまでに費やした期間を、約半数のカップルが10ヶ月以上かかったと回答したそうです。式場や招待客を決め、ドレス...
結婚式といえば、女性が人生で一番輝くとき。そんな最高の日には、一番きれいな自分でいたい、というのが乙女心。Haley Smithさんも、そんな女性のひとり...
Timothyさんは、Candiceさんと初デートをした1週間後、彼女に最初のラブレターを書きました。以来、ふたりはときどき、お互いの気持ちを手紙に書いて...
Allison Isaacson氏が米メディア「Elite Daily」のこの記事で、キャリアウーマンの本音に迫っています。「大人の女性」として自立した彼...
「彼女にすべて内緒のプロジェクトだからね。ドキドキしたよ」。画家のJared Heidenさんは、恋人Rachelさんへのプロポーズを地平線の見える気球の...
「そしてふたりは、いつまでも幸せに暮らしました」と結ばれる、おとぎ話。そんな風に幸せになりたい、とは思っていても、実現するのはそう簡単ではありませんよね。...
「結婚観」、それはお国柄が色濃く出る価値観の一つ。時代が変わり、結婚に対する自由な考え方が世界に広がりつつある今もなお、古くから残る結婚観が女性たちを苦し...
これまで女性は「仕事か家庭か」「出世か出産か」の二者択一を迫られることが多かったと思います。けれど、今はプライベートを大切にしながら仕事も継続できる時代。...
人生において、最も大きなイベントのひとつ「結婚」。「Elite Daily」のライターJen Glantz氏は、より幸せな家庭を築くため、婚姻届を出す前に...
マット・ボルチマーは「eCUSSIONIST」を名乗るドラマー。最近NYを騒がせているお祭り兄ちゃんです。名まえにも現れている通り、エレクトロとパーカッシ...
フラッシュモブをはじめ、多くの協力者を巻き込んでのサプライジングなプロポーズはよく聞く話。けれど、これはちょっと考えつかなかった。航空会社が全面協力した、...
私に絶対嘘はつかないで!口にはしていなくても、多くの女性は心の底でこう思っているもの。でも、「Elite Daily」のライターPaul Hudson氏に...
価値観が多様化する現代、昔と比べて私たちの働き方も随分と変わってきました。「ワークライフバランス」という言葉が世に出て久しいですが、自由に生き生きと暮らす...