これなら、子どもがすぐに「ひらがな」を覚えられそうです。

僕自身も痛感していることなのだけれど、いくら座学したところで、“生きた英語”の習得には結びつきづらい。日常で使い続けてはじめて、本物の英語力が手に入るというものでしょう。

でも、よく考えると、大の大人がそうなのだから子どもだって同じですよね。普通の「あいうえお表」だけでなく、日々のくらしに落とし込んだこんな学び方なら、ひらがなの理解が早くなるかも?

くらしの中で
ひらがなを覚えよう!

Medium c1e20753a2f35c29d59c026d900e577db0f5deaa

これまでの「あいうえお表」を、家の中の空間や現象に展開した「くらしのひらがな」。窓から差し込む光や影、風呂、鏡など、日常生活の中にひらがなを配置して、楽しみながら自然と覚えてもらう「空間あいうえお表」です。

たとえば、朝起きると最初に目に入る「おはよう」の文字。

Medium d4e562be7223cf8f2cc26cc62dfcd6362a7789b5

「でんき」を引っ張ると灯りがつきます。

Medium 43ab7f13e1538d3e9b79a4cecfccad8565a699e6

窓をふさいで作る光る文字。

Medium 9d1bec9ccb64aa1a26be660cff5302ebade6d5f8

晴れると部屋に「かげ」が出現。

Medium fe754f245c3bd829ed2d7c5aba910b1b24f1e9d0

頭のうえの風船には「ゆ」「め」。

Medium da5bbf77ab36833153d21d12b5446c0bec14f4d4

りんごを置けば文字の完成。

Medium e6db70dd2838ba5ec3b5cae5760603fabad1e418

楽しみながら自然に文字を学べるこの「くらしのひらがな」は、Blue Puddle Inc.が発表したインスタレーション。新しい教育となるとデジタルの方向に進みがちですが、いやいやアナログの可能性はやっぱり侮れません。

Licensed material used with permission by 佐藤ねじ/佐藤蕗 Blue Puddle Inc.
「それ、家にあったらめっちゃイイですね!」あるプロダクトの紹介記事を書こうとHPを眺めていると、僕のPCを覗き込んだビール好きの後輩が話しかけてきた。どう...
海の近くの、花の楽園。そんなキャッチフレーズがピッタリの国営ひたち海浜公園では、現在、コキア(ほうき草)の紅葉が見頃を迎えているのだそう。園内の「みはらし...
外国人に「なぜ日本は○○なの?」と質問されても、パッと答えられない自分がいる…。そういう方も、決して少なくないと思います。ここでは、日本に関する雑学を集約...
あらためて簡単に説明しておくと、「サードウェーブ◯◯」とはコーヒー業界の言葉です。豆の質にこだわり一杯一杯を丁寧に淹れる、最近日本で話題になった『ブルーボ...
過激な社会実験をYouTubeに投稿する「Joysalads」。小さな子を持つすべてのパパママに向けて、今回の動画を発信しています。他人事と思わずに観て欲...
イケアが「ソフトトイお絵描きコンテスト」を開催中。自由な発想で描かれたキャラクターを募り、そのうち10の作品を商品化して世界中の店舗やオンラインショップで...
アインシュタインは言った。「人は誰もが天才である。しかし魚に木を登らせようとするのなら、その魚は一生、自分が愚かだと信じて生きていかなくてはならないだろう...
今日のエンターテインメント分野に、浸透した感のあるバーチャルリアリティ(VR)。その革新的な技術を活かし、小児病院の子どもたちに“リアル”を体験させた動画...
「お母さんならみんな泣いちゃう」「自分だけじゃないんだと、共感して泣きました」世のママたちからそんなコメントを寄せられる“ある動画”が、大きな話題になって...
家のリビングや子ども部屋が、おもちゃで埋め尽くされていませんか?子どもはおもちゃが大好きですが、たくさん与えることがそのまま子どもの幸せにつながるかと言え...
世界にはふしぎな食べ物があふれています。日本人にとっては「え?そんなの食べるの?」とびっくりするものもありますが、外国人から見た日本食はどんなふうに見える...
この部屋で圧倒的な存在感を示しているのは、2階から伸びている灰色の大きなすべり台。ここ、モデルルームなどではなく、実際に個人の住居なんですよ。設計はウクラ...
茨城県ひたちなか市にある「国営ひたちなか海浜公園」は、世界有数の絶景としてしばしば紹介されるほど国内外問わず人気の場所。2016年は、例年GWに見頃を迎え...
「遊び」はいつも子どもたちから生まれるものです。では、発明はどうでしょう?ここに紹介する発明品は、どれも6歳から11歳までの子どもたちから生まれたもの。子...
目が見えない人にとって、世界はどう感じるのでしょうか?そこで、今回紹介する動画がテーマにしているのは「色」です。「Cut.com」が今回チャレンジしたのは...
子どもの成長は早い。靴のサイズはすぐに合わなくなります。そのため、新しい1足を買う余裕のない途上国の子どもたちは、フィットしていないものを無理やり履き続け...
彼の名前は、Louis。4年間で世界65ヶ国を巡り、現在もお母さんと旅を続けている、11歳の男の子です。そんなLouisくんが、子どもと旅に出かける親に知...
フォトブック作成アプリの「Chatbooks」が、来る母の日に向けて制作した、ほっこり動画があります。子どもたちに自分のママが一番だと思う理由を聞いてみま...
子育てには、迷うことがたくさんあります。ここでは、「becoming minimalist」のライター、JOSHUA BECKERさんの記事を元に、子ども...
もし、子どもが作った作品が名前のない状態で展示されていたら、親は気づいてあげられるでしょうか?また、その結果に子どもはどう反応するのでしょうか?ここで紹介...