アメリカならではの事情を解決するUPSによる「ドローン宅配」

ドローンを使った宅配サービスは日進月歩。物流各社による運用に向けたテスト飛行がこうしてニュースになることからも、近い将来、現実のものとなるのは間違いないはず。

さらに言えば、ただ無人で飛ばせばいいという段階から、「ドローン宅配」が担う環境への配慮にも注目するフェーズに差し掛かっているようですよ。

ここで紹介するのは、国際物流UPSによるドローン宅配のテストフライトの模様。そこには、「アメリカならでは」の事情に配慮した宅配方法がありました。

空からちょっとお邪魔します

7beeac7656f9e6a5df967d290d66e793b1caf71b

UPSが現在開発中のドローン搭載専用トラック。そのメリットが最大限に発揮されるのは都市部ではなく、アメリカの農村地帯。

165e35bf3937e769dc6249efe6e3b12157b5a0c2Bc951c79399b50d3f6676dd209afb4a454897c38B65031764322d85551cfe57e2b8d8b7587115db1

ドローン本体下部に設置されたケージに配達物をセットし、宅配地のアドレスを入力。開閉式のトラックの屋根が開くと、勢いよくドローンが飛び立って行きました。

と、ここまでは従来のドローン宅配との特異性は、さして感じないことでしょう。では、今回のテスト飛行がこれまでのものと大きく異なる点はどこにあるのか?

移動しながら配送
ただし、届けるのはドローン

たとえば、昨年末に実施されたAmazonによるテストフライトの成功は、拠点となる配送センターから、送り先の住所をインプットしたドローンを飛ばすというものでした。

これに対して今回のアイデアは、拠点が移動するトラック。つまり、つねに車も移動しながら同時にドローンにも飛んでもらうということ。配送の効率性を高め、さらには燃費も二酸化炭素排出量も削減できるという算段がここにあるんだとか。

一見、宅配車と同時運行では効率が悪そうにも思えるのですが、そこにはアメリカならではの事情があります。以下の画像がもっとも分かりやすくそれを証明しているように思うのですが、いかがでしょう?

61bac4977d48a06f48778c01608d7aaa92c1ccec02a8b149fc62bb699f2ccd06e1f1d33b619fcc98

先に断っておくと、今回の実験はフロリダ州で実施されたものですが、これよりさらに広大な農村地域が広がる場所をイメージしてみてください。それこそ地平線まで続く農場を経営している人へと配送する場合、必ずしも幹線道路から母屋までのアクセスがいいとは限らない。

区画された畑や牧場の角を曲がる道路を通るくらいならば、空を最短距離で飛ぶほうが…たしかにこれなら効率的に宅配ができる。

宅配後は
トラックの移動先で合流

52292d259699022ac79b837d11c2fad8313e2b5c4118b245eae3cbdb41e53a3fb482d9422abbe946

そしてUPSの宅配ドローン、目的地に集荷物を届けた後は、そのまま自動的にトラックめがけて飛んで戻ってくることができるんだそう。これにより、トラックは舗装された道路を、ドローンは最短距離で任務を遂行することで、環境にも配慮しながら宅配の目的を同時にかなえる未来型の宅配サービスのあり方を示唆したわけです。

「ドライバーがUPSの“顔”であることは、これからも変わりません。が、ドローン宅配がルート上のさまざまな場所でドライバーを支援し、時間を節約し、高まる顧客サービスのニーズに応える潜在的な可能性を秘めていると感じています」。

とは、UPSのグローバルエンジニアリングおよびサステナビリティ担当Mark Wallace氏の言葉。新システム導入に向けての大きなテスト飛行だったと強調します。というのも同社のドライバー1人が、1マイルを一年間削減続けるだけでも、最大5,000万ドル(約57億円)の削減につながるとの試算が出ているとかで。

積載重量や天候への配慮、飛行可能エリア、留守宅への対応、などなど課題は山積でしょうが、未来の宅配のあり方がどんどん進化していくことが分かりますよね。

Licensed material used with permission by UPS
英ケンブリッジに暮らす、Amazonプライム会員のリチャードさん。いつものようにタブレットでオンラインショッピングを楽しんでいます。お目当ての商品を買い物...
まずはこの動画を見てみよう。これは新たにオランダ国家警察が採用を検討している、猛禽類によるドローン捕獲訓練の映像だ。「IEEE Spectrum」にその詳...
これまでにも幾度かドローン技術を使った「植樹」のチャレンジが話題となっていましたが、、米オレゴン州でついに、本格的なビジネスとして動き出しているようです。...
2016年7月、ルワンダで輸血用血液などを含む医薬品を、ドローンで輸送する取り組みが始まる予定です。「The Verge」によれば、将来的には各病院からテ...
「The Flir Duo」は、可視光と熱探知のセンサーがどちらも利用可能な、世界で初めてのアクションカメラです。大きさは41×59×29.6mm、重さは...
レーザーでも放つんじゃないだろうかというSF的なビジュアル。あながち間違いではありませんでした。これは、ドローンを撃ち落とさずに捕獲できる画期的な銃。2キ...
1億──。これは、いまだ世界中に眠ったままの地雷の数。さらにいうと、この負の遺産のせいで、毎日10人もの一般市民が死亡・負傷する事態となっている。この状況...
「2015年は、アメリカのおもちゃ業界がここ10年で一番盛り上がった年」。と、MOTA社。そして、その中でもドローンは人気だそうですが、たしかに種類がもの...
165カ国から計1017のエントリーが集まったドバイのドローン大会で、オークランド大学開発の「ルーンコプター」が見事賞金100万ドル(約1億1,200万円...
つい先日、Facebook社が空からネット環境を届けようと開発を進めているソーラー飛行機、「Aquila(アキラ)」の初フライトを成功させました。一方、通...
いまや、低価格で安全な小型ドローンがおもちゃ屋にずらっと並ぶ時代です。アイデア商品もたくさん出ていますが、ドローンを「作れる」おもちゃがあるのをご存知です...
テクノロジーは日々目覚ましい進歩を遂げていますが、じつは釣りの世界にも新しい風が吹いています。例えばマグロ。通常マグロを釣るなら船に乗って沖に出なければい...
「白クジラ」は、日本で言えば白いヘビのようなもので、ヨーロッパでは「もし見ることができたら幸せになれる、と言い伝えられている、幻の生き物のひとつだそうです...
そこは、ドローンを使って撮影した作品だけが集まるアカウント。地上にいては、まず見ることができない色やかたちに気づかせてくれる鳥の視点は、いまや撮影手法のひ...
そのサイズ、わずか2.2cm×2.2cm!重さはたったの7グラム!驚異的にスリムなミニドローン「SKEYE Pico Drone」がとにかく凄いんです。め...
楽しい楽しいショッピング、ついたくさん買ってしまうと荷物を運ぶのもひと苦労。「そんなの、彼氏を呼んで荷物を持ってもらえばいいじゃない」と言えればいいのです...
空撮は、まだ一般的とは言えずとも、グッと身近なものになりつつあります。多くのフォトグラファーや映像作家にとって、ドローンは「表現の幅」が広がる大きなきっか...
小型軽量化が進むドローン技術ですが、それでも尚サイズや重量、さらには価格がボトルネックにありました。これら全てを一度に解決してしまう、画期的なドローンが誕...
なんとも貴重な映像が、ドローンによって撮影されました。舞台は北極。驚くべきことに、映っているのは約2,000頭ものシロイルカの群れです。しかもこの撮影、ど...
日本が誇る絶景「富士山」を舞台とし、20台を超えるドローンの編隊飛行、三味線の生演奏、そしてMIDIコントロールされた1万6,500個のLEDライトが一斉...