折りたたんで、どこにでも持っていける「小型ソーラーランタン」

光。それは人類の生みだした英知の象徴。先進国の都市ならば夜でも眩しいほどに明るいですが、別の国や山に登ったり、あるいは災害に見舞われたときなどは、闇夜を照らす光の存在は、普段とは比べものにならないほど大切になります。

クラウドファンディング、Kickstarterで見つけたLuminAIDは、いつでもどこでも明かりがとれる、折りたたみ可能な超小型のソーラーランタン。しかも、スマホなどの電子機器も充電できちゃいます。

厚さは文庫本1冊分
重さはリンゴ1個分

3f611b5b37df0e4529465629ab42004d6302e78d

畳んだときの厚さはわずか2.5cmとコンパクト。使うときは、口で簡単に膨らませられます。重さはおおよそ240g。これはだいたい小さめのリンゴ1個分と同じくらいで、とても軽量。このサイズなら、どこにでも持っていけそうです。

ソーラーで充電可能
バッテリーはスマホ約1回分

4c8fcd7249ea84152534b79c4f04f4af6d945998

ソーラーパネルがついているので、リュックサックにくくりつけたり屋外に置いておけば、12時間から14時間でフル充電できます。

080c64b612e07f4a1390fe91742614b8d824a0fd

急いでいるときは、USB経由で急速充電も可能。こちらの場合は、たったの1-2時間で充電完了です。

Ba4ea7a5579e21434ddedf351d8f7924557818e7

バッテリー容量は2,000mAhで、これは一般的なスマホ用小型バッテリーと同程度。

目安としては、スマホなら75〜100%、タブレットなら15〜30%を充電可能です。

とっても明るくて
しかも防水

3deeed8074a6ecdffdd47c14bec2fd575b6825a5

気になる明るさは、最大150ルーメン。これは、一般的な懐中電灯と比較しても遜色ない数字です。この状態だと、3-5時間連続で点灯。そこまでの明るさが必要ない場合は、電源ボタンを押すことで段階的に調整できます。15ルーメンまで光量を落とせば、44-55時間の点灯も可能になるそうです。

Af552d9e20d09ed78d80458c4a0bd3c437f5a485

もうひとつ重要なのは、防水でしかも浮くこと!屋外におけるタフなシチュエーションで使用されることが想定されるプロダクトなので、これは嬉しい仕様です。

アウトドアに、災害の備えに

構造がシンプルなため、35ドル(約4,000円)とお手頃価格なのも大きなポイント。現在「Kickstarter」での支援受付は終わってしまいましたが、今年の4月以降に購入可能となる予定とのこと。

アドレスを登録しておくと、プレオーダーが開始したときに教えてくれるそう。アウトドア派はもちろん、いざというときの備えをしておきたい人はぜひ、こちらから登録して続報を待ちましょう。

Licensed material used with permission by LuminAID
まるでボトルのようなカタチの〈SOLR LANTERN〉はランタンとしての仕様はもちろん、中にコード類やサングラスを入れて使うこともできます。
クラウドファンディングで資金を募っているアイテムは、これまでにも様々紹介してきました。が、こんなにも支持を集めている商品には、書き手としてもなかなか出会え...
LEDランタンがモバイルバッテリーとして使える。モバイルバッテリーがLEDランタンとして使える。この2つの機能が組み合わさっていて、かつ鞄に忍ばせておいて...
台湾やタイ、ベトナムなどで開催されるフェスティバルが一大コンテンツとなっているように、ここ数年で急激に注目度を高めている「ランタン」。そのやさしい光を空に...
「ランタン祭り」といえば、タイ・コムローイ祭りや台湾・平渓天燈節が有名。ディズニー映画『塔の上のラプンツェル』に登場したことから、その知名度は一気に高まり...
タイ・チェンマイで、ランタン祭りが開催されました。2016年10月13日にプミポン・アドゥンヤデート国王(ラーマ9世)が亡くなってから1ヶ月が経ち、娯楽・...
「Co.Exist」の記事よると、フランス政府は「620マイル(約1,150km)のソーラーロード建設」を予定していて、もし実現すれば人口の8%にあたる約...
面倒な組立てが不要のポップアップテントは、すでに多くの種類が発売中。だからその手軽さの説明はここでは割愛。代わりに、この「Cinch!」だからこそのメリッ...
「Science Daily」に、中国海洋大学と雲南師範大学の科学者によって開発されている、太陽光と雨粒の両方から発電可能なソーラーパネルが紹介されました...
スペイン・バルセロナの建築家André Broessel氏がデザインした「Rawlemon Solar Energy Generator」は、球体型のソー...
日本では「湯水のように使う」という言葉もあるように、水は気軽に使えるものの代名詞。でも、世界的に見ればそれはとっても珍しいこと。今回紹介するガーナの村も、...
昨年末、フランスはノルマンディーにある、Tourouvre au Percheという小さな町に、ソーラーパネルでできた道路が開通した。これまでに、太陽光発...
ブランケットを無造作にソファにかけたり、ランタンをインテリアとしてレイアウトしたり、コットをベンチ代わりにつかったり…。アウトドアのアイテムって、室内に置...
鹿児島県鹿屋市と大崎町にまたがる事業用地に、太陽光発電所を建設する計画が発表された。およそ200万m2の広大な敷地に設置されるのは、約340,740枚の太...
米・企業「SolarWindow Technologies, Inc」が開発しているのは、建物の窓ガラスが太陽光発電できるパネルになる優れもの。その見た目...
アウトドアがまたひとつ難解になった。週末のたびに野山にこもったり、シーズンごとに登場するギアをウォッチするほどのギークではないけれど、クライマーやハイカー...
「ペルーで政府主導のとあるプロジェクトが、貧困地域に暮らす人々のライフスタイルを一変させようとしている」。ライターJustin Gammill氏はペルー政...
近年はソーラーパネルを利用した自然由来の電力利用が次々と開発されている。しかし、蓄電機にかかる費用はまだ安いとは言えないのも事実だ。ここで紹介する「Gra...
「再生利用可能エネルギー」という言葉自体はよく見かけるようになりました。が、まだまだ有効活用しているよ、という人は少ないですよね。でも、世界的には着実にそ...
震災などの影響もあり、環境に配慮したアイテムを好む人たちの間では、「ちょっとオシャレな発電器」のブームが続いています。パーソナルなソーラーパネルや、手回し...