スケートリンクを遮る「明らかにジャマな壁」の持つ深〜い意味

カナダ・マニトバ州南部の町ウィニペグを流れるアッシナボイン川。一面が厚い氷に覆われるこの時季は特設スケートリンクとして、人々のレクリエーションの場に変わるそうだ。ここに2月のある日、凍った川を横断するようにオレンジ色の「壁」が現れた。

いきなり分断
誰が見たってジャマでしょう!

F13dfeeb41b5291c49691ebc953eb0d232976c18Ee86715732dccacaf860f8762a6a04c2dfc0ad50

じつはこれ、「Open Border」と題されたインスタレーション作品。、ウィニペグ市内で毎年開催される雪まつり「Winnipeg Warming Huts」で、今年のアウトドア・アーキテクチュア部門のウィナーに選出されたもの。

幅36メートル、高さ3メートルを超える支柱にビニールプラスチック製のストリップがだらんと垂れ下がった姿はカーテンのようでもあり、ビビッドなオレンジが雪景色にひときわ目を引く。

それにしても、なぜリンクのジャマになるこの場所にわざわざ設置したのか。そこにこそ、Open Borderの重要な意味が込められていた。

容易に通過できることが重要な
「物理的な壁」

11a788acd615f890892e2a54dd7f519e9ee333443a86e01d73901660089bc6b1966e91d2ab4d380aE7f2eeddab91aadde0bf65ad059db48fe1eff947

画像からも分かるとおり、人々はこのBorderに差し掛かると、オレンジのカーテンを手でかき分けてくぐらなければいけない。これじゃジャマで仕方ない。けれど、子どもだって簡単に通ることができる。人々を遮断する境界ではなく、これは誰でも容易に通過することのできる“物理的な壁”だと、製作者のデザインラボ「Atelier ARI」は強調する。

物理的な壁…。

就任からわずか5日後、トランプ大統領は選挙戦から公約に掲げてきたメキシコとの国境を隔てる壁の建造、さらには不法移民の強制送還を急ぐ2つの大統領令に署名。「物理的な壁をただちに建設する」としたトランプの強硬姿勢に、いま世界がどう反応しているかを、誰もが渡れるこのオレンジ色の境界で示している、というわけだ。

カーテンの中では、
みな同じ人間

Dee35983aeae054856f24c37723a3d361fb4acffA6fbce3322213a9861f6cfca0b388abffa7057a2

Open Borderには、もうひとつ心に響く仕掛けがあった。

前後のカーテンの隙間には、人ひとりがすっぽり隠れるほどの内部空間がある。ひとたび銀世界からこのカーテンの内側へと入ってしまえば、目も、髪の毛も、肌の色さえも見分けがつかないということ。つまりはどんな人だって、みんな同じに見える。

「国境のない国は国ではない」、国土安全保障省の式典でこう述べた米大統領。皮肉にもこの開かれた境界では、人と人とが自由に行き来できるのに、本物の壁はそれを分断しようとしているようにも思えてしまう。

Licensed material used with permission by Atelier ARI
大統領選挙中からトランプ氏が訴えていた、アメリカとメキシコの国境に壁を建設するという主張。現実離れして聞こえますが、当の本人はいたって本気でその必要性を訴...
約1,000万円でクローン犬を生み出すビジネスを展開している韓国の医師がイギリスのテレビ局「Channel 4」である発言をし、物議を醸している。韓国企業...
インターネットが登場して、ジャーナリズムは劇的に変化しました。テレビの時代は情報を受け取るだけだったのが、オンラインのニュース記事にコメントをつけて双方向...
世界ではまだ、多くの国が難民の受け入れに慎重な姿勢をとっている。人種のるつぼだったアメリカも、大統領が変わり、その温度は急速に変化しているんじゃないだろう...
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
何かと話題に上がることが多い、アメリカとメキシコの国境。ここで紹介したいのは、メキシコ側の国境付近で生まれ育ち、アメリカに移住したYonathanとJor...
2015年夏、ヨーロッパは第二次大戦以来となる難民問題に直面しました。ドイツのデザインスタジオが製作した、この6分間のアニメーション動画は、シリアからの難...
「LittleThings」にライターREBECCA ENDICOTTさんがまとめた記事には、「花」を使ったとある計算問題が。落ち着いて臨めば誰だって正解...
人種、宗教、性別、セクシャリティ。世界では未だに、そういったラベルによって人々が判断されてしまうという現実があります。築かれる壁、深まる断絶、広がる悲しみ...
「絶景のなかでアイススケートをする美女」。その言葉だけでも絵になりそうな予感がしますが、この動画は間違いなく想像を超えるはず。こんなところで滑れたら気持ち...
6月17〜24日に開催されたCannes Lions(カンヌライオン国際クリエイティビティフェスティバル)。時代の流れと共に、数年前から、デジタル色を帯び...
アメリカに住む黒人たちにとって、毎年2月は大きな意味がある。「Black History Month(黒人歴史月間)」または「African-Americ...
新聞や雑誌の切り抜きを利用した、コラージュ作品を得意とするイギリス人アーティストのJoe Webb氏。パソコンによる加工を一切施さず、ただ切って貼るだけの...
コスタリカという国名を聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか。日本の7分の1の国土しかない中米のこの国は、2015年に自然エネルギーを利用して世界初の偉業...
米・大統領に就任したドナルド・トランプは先日、イスラム圏7カ国からの渡航者を、米国内に入国させない、という大統領令に署名しました。指定された7カ国の旅行者...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
骨の髄まで料理にしてしまうほど、あらゆる料理法が確立されている中国。ところが、急速な経済成長による外食産業の発展とともに、お客の食べ残しや、余分に仕入れた...
皮膚やコブをまとったままの恐竜(ノドサウルス)が発見されたというニュースに、目を疑ったのは私だけではないはず。でも興味がなければ、スクロールに消えてしまっ...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
現在、日本には200万人以上の「若年無業者」が存在する若者が仕事を失いやすく、誰もが無業(無職)になる可能性がある。そして、若者が働けないのは、個人に問題...