香味野菜の「香り」をフルに引き出すたった1つの方法

弱火でにんにくを熱して香りがたつまで炒める」、レシピを見ているとこんな表記をよく見かけますよね。

ペペロンチーノ、炒飯、チキンソテー、野菜炒め、カレーをつくるときにも、はじまりはにんにくやしょうがを炒めて油に香りを移すことから。これがおいしさの鉄則。その際に注意しなければいけないこと。それが「油の温度」です。

6718164cd23fc5a664054c3b77274c2391d34167

にんにくをはじめとする香味野菜は、温度によってできあがった料理を食べたときに感じられる風味がまったく変わっきます。「あの人の料理はなぜかおいしい…」、こう感じる理由は、香味野菜の火の通し方にあるんじゃないでしょうか。

つまり、覚えておくべきことはコレです。

香味野菜は、
常温の油に入れてから
弱火にかける。

香味野菜の持ち味である「香り」。これを最大限に引き出すためには、じっくり弱火で炒めること。これが基本のき。にんにくやしょうがの香りというのは、おおむね60〜80℃に達したとき、もっとも引き立ちやすいことがその理由です。

温度計なんてなくたって大丈夫。焦がさないよう弱火でじっくり炒め、きつね色になるタイミングを目安にしておきましょう。きちんと風味を損なうことなく、油に香りを移すことができます。

オリーブオイルは
熱しすぎに要注意!

また、オリーブオイルは120℃を超えると、香りが飛んでしまうと言われています。オイル自体の香りを損なわないためにも熱しすぎは厳禁。

ペペロンチーノや炒飯といった料理は、油の香りが味の決め手。それゆえ「つくり手の腕が分かる料理」だと言われているのでしょう。香味野菜の上手な使い方が、料理上手への第一歩です。

台所にいつも常備してあるツナ缶でも、こんなに奥深い味になるのが不思議。セロリがなければピーマンやパプリカ、ニンジンなど加熱して美味しい野菜ならなんでもOK...
オリーブオイルソムリエの阪田友也さんをお招きして、オリーブオイルワークショップを開催しました。今回はトムさんセレクトの3つのタイプの違うオイル(ライト、ミ...
パーティー料理はどれも手が込んだものでなければいけない、こう誤解している人にこそ試してほしい料理があります。ポルトガルのソウルフード「ポルヴォ・アサーダス...
「野菜炒めのコツは、強火で一気に炒めること」料理の常識として、当たり前のように語られていますが、こんな経験はありませんか?「言われたとおり強火で一気に炒め...
お鍋の季節に活躍する魚の代名詞といえば、タラ。淡白な味でどんな料理とも合わせやすいはずなのに、いつも鍋モノばかりになってしまう人。こんな料理はいかがでしょ...
近頃、注目されているグレープシードオイル。ワインの製造過程において、ブドウの搾りかすの種子からできるこの食用オイルの、いったいどんなところが優れているので...
スーパーで野菜を前にして、コレとコレどっちが美味しいんだろう…なんて悩む人って、意外と多いのでは?今回は『モノの見分け方事典』より、新鮮な野菜の見分け方を...
葉物野菜はお湯から茹でるーー料理の常識ですが、これ絶対正解というわけでもないんです。野菜の水分が抜けてシナシナになってしまうのは、細胞膜が壊れることで野菜...
フランス中南部オーブラック地方に伝わる、摩訶不思議な料理が、ここのところSNSで大きな話題になっています。「アリゴ」という名のポテト料理。じゃがいものポテ...
野菜のマリネは、保存性を高めることができるため世界各地で用いられている料理法。ところが、ひと口にマリネといっても、地域によってその特色はさまざま。たとえば...
お椀のなかを見たとき、まずこれがお味噌汁なのだ、と理解するまでに少しばかりの時間が必要かもしれません。でも、そんな大胆なひらめきこそ料理家・平山由香さんの...
寒い冬を元気に乗り切るには、ビタミンが豊富な野菜をたっぷり食べたいところです。でも、一度に量を食べるのって、意外と大変。そこでオススメしたいのが、ギリシャ...
気持ちのいい初夏の気候が続いていますね!そこで食べたくなってくるのがエスニック料理。タイやベトナム料理はだけじゃなく、南米メキシコ料理だって家めしならカン...
1976年に刊行され、料理ブームの先駆けとなった書籍『聡明な女は料理がうまい』。この本は、社会が進化しても変わらない女性の生き方について、“料理”と“台所...
「マリネ」と聞いてイメージするのは、生魚をオリーブオイルなどに漬け込んだものかもしれません。けれど、マリネするのは魚だけとは限らない。焼く前の肉をワインに...
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
あんな料理やこんな料理、フライパンひとつでいつもの料理が作れると洗い物も減るし、時短にもなります。ここでは、いつもはハードルが高かった“あの料理”をフライ...
冬に旬を迎えるホタテ。寒くなるにしたがって身が分厚くなり、甘みも増しておいしくなります。このホタテの旨味をいっそう引き立たせてくれる組み合わせがトマト。イ...
1976年に刊行され、料理ブームの先駆けとなった『聡明な女は料理がうまい』。これは、社会が進化しても変わらない“女性の生き方”について、“料理”と“台所”...
本場イタリア人が見たら、驚嘆の「マンマ・ミーア!」が聞こえてきそうなこのパスタ。一度目にしたら忘れられない、ド派手なピンク色。間違いなくインパクト大!とこ...