「魅力的な人になる」。そうと決めたら実践したい12のこと

あなたは、どんな人と一緒に働きたいですか?
どんな人なら「助けてあげたい」と思いますか?

答えは「自分が好きだと感じる人」でしょう。好きか嫌いかは重要な問題です。世の中には「自然と」人から好かれる人がいます。そんな人になるためにはどうすればいいのでしょうか?

重要なのは、素晴らしい人間関係を築き、保つこと。そして、周囲の人にポジティブな影響を与え続けることです。そうすれば、自分も周りも気持ち良く過ごすことができます。「魅力的な人」とは、ただ単に人を惹きつけるだけでなく「自分もそうなりたい」 と思わせることができるような人。

ここでは、「Inc.」のJeff Haden氏がまとめた、12のポイントを見てみましょう。

01.
話すよりも
「聞く」ようにする

077bbcf18a71e8a94c1639218c9bc6b04b532ae5

これは簡単ですね。質問をすればいいんです。そして目をあわせて、笑って、眉をひそめて、うなずく。このような、言葉を使わない「ノンバーバルな」リアクションをするだけでも、自分が相手のことを尊重していることが伝わるもの。

そして、頼まれてもいないのにアドバイスをしてはいけません。それよりも、話をちゃんと「聞く」こと。だって、アドバイスをするとなると、自分の話ばかりになってしまうでしょう?

何か重要なことを話すべきときにだけ、口を開けばいいんです。重要かどうかは、自分ではなく「相手」が決める、ということもお忘れなく。 

02.
他の人にも
スポットライトを当てる

働きにふさわしい評価をもらっている人なんて、なかなかいません。だからまずは「よくやった」と伝えることからはじめましょう。

「何をよくやったのか」がわからない?それはNGです。これからは、相手の頑張りを積極的に探すようにしてみてください。

褒められたら、誰もが喜ぶのは当たり前。そうではなく、自分のことをしっかり理解してくれている、ということに人は心から感謝するのです。達成感を得た相手は、あなたのことをきっと好きになってくれるはず。

03.
選り好みせず
誰の話でも平等に聞く

B720484bf1e33f1a6eeb8922e8673237866d2c95

あなたも、きっとこういう人を見たことがあるはず。他の人を自分よりも「下」のランクだと決めつけたら、その人の話なんて聞こうともしない人。これではいけません。

その人の地位や社会的なステータスといった、いわゆる「ランク」に関係なく、どんな人に対しても等しく、しっかりと話を聞くようにするべきです。

私たちはみんな、同じ「人間」ですから。

04.
「人のため」に
時間をつかってみる

以前こんなことがありました。車の給油をしようとガソリンスタンドに入ったときの話。車から降りたら、ひとりの整備士が話しかけてきました。

「おっ、いいホイールですね。汚れてもったいないなぁ」

と、からかうように笑う彼。私は

「そうなんですよ。ちょうどこれから洗車に行くところで」

と答え、建物の中に入って待つことに。

しばらくして車のところに戻ると、汚れた雑巾を片手にその技士が立っていました。そしてこんな風に言うんです。

「ちょっと手間取りましたが、すっかりキレイになりましたよ」

見てみると、ホコリはすべて取り除かれて、タイヤのリムはすっかりピカピカになっていました。

「すごい!しかし、ここまでしてもらわなくても…」

「いいんですよ、ヒマだったので」

と肩をすくめた彼。そんなとき、車がまた1台。「良い1日を!」。彼はそう言い残し、新しく入ってきた車のほうへ颯爽と走り去っていきました。

これはもう何年も前の話ですが、未だに忘れられません。

あなたもこんな風に、手の空いた時間があれば「自分のため」に使うのではなく、他の人のために使ってみては?

05.
自分ではなく
相手としっかり向き合う

4659af788ac127f78e9f4fb7063773583d0ec3e9

他の人と話をしているとき、スマホばかりチェックしたり、パソコンの画面を見るのはやめましょう。自分のことにかかりっきりのうちは、相手のために動くことなんてできません。

その人と向き合い、全神経を集中させる。これってなかなかできることではありません。きちんと向き合えば、その人もあなたのことを好きになり、しっかり覚えていてくれるはず。

06.
受け取る前に
「差し出す」こと

手に入れることばかり考えてはいけません。自分が何を「差し出す」ことができるのか、そこにフォーカスしてください。何かを与えることで、初めて本当のつながりを築くことができるのです。

部分的にでもいいし、時間であればほんの一瞬でも構いません。その人のために何をしてあげられるかを考え、その人があなたにとって大切なんだと示すようにしましょう。

07.
自己中心的に
振る舞うのはやめよう

見栄を張った自己中心的な人に惹かれるのは、自分のことしか考えていない人だけ。

だいたいの人は、イライラして不愉快になるもの。きっと、同じ空気を吸うのも嫌になっちゃいますよね。

08.
「知らないこと」は
他人から学び取る

Ae7c5e21bcc6ca1e39688de233ae31b72e390b81

あなたは「自分が何を知っているか」をすでにわかっているし、「自分がどういう意見なのか」もわかっている。自分の視点も価値観もわかっています。だからこそ、自分から改めて学べることなんてないのです。

では、誰から学べるのか。他の人から学ぶようにしましょう。「あなたの知らないこと」を知っている「誰か」が必ずいます。

あなたの「知らないこと」を、他の誰かから学び取ることができる。だから自分よりも他の人のほうが大切なのです。

09.
言葉を置き換えてみよう

言葉の使い方ひとつで、他の人の態度を一変させることができます。

たとえば、

・「ミーティングに行かなければならない」ではなく「人と会う機会が得られる」

・「新規の顧客のためにプレゼンを準備しなければならない」ではなく「良いモノを紹介することができる」

・「ジムに行かなければならない」ではなく「筋トレで健康になることができる」

・「応募者の面接をしなければならない」ではなく「チームに加入してくれる素晴らしい人材を選ぶことができる」

といった風に、言い方を変えてみましょう。

誰でも、楽しい人、情熱的な人、意欲的な人、と関わりたいもの。ポジティブな言葉を使うようにすれば、他の人はもちろん、自分だっていい気分になりますよ。

10.
他人の失敗を
笑うのはやめよう

「他人の不幸は蜜の味」と言われるほど、うわさ話やゴシップに目がないという人はたくさんいます。でも、その相手のことが好きか嫌いかは別として「リスペクト」の気持ちがない姿勢は大きな問題です。

他人の失敗を笑うのは、もうやめましょう。あなたの周りにいる人たちは「私のこともバカにしているのかも」と思ってしまいます。

11.
自分の「非」は
認めよう

9c398df2a928a8dc7b6db009aacf09dab4e7e74a

成功している人は、単にうまくいってるから「カリスマ性」があるんだと思われがち。ひとつの成功が「ハロー効果」を生み出し、その人の評価を総じて高めているのです。

ポイントは、カリスマに「見える」かどうか。実際、カリスマになるのにそこまで突出した成功は必要ありません。それよりも必要なのは、どこまでも「誠実」でいること。

謙虚に過ごし、失敗したエピソードは表に出してください。失敗を認め、他の人が同じ過ちを犯さないように働きかけるのです。

そして他人を笑うのではなく、自分のことを笑う。そうすれば周りの人はあなた“を”笑うのでなく、あなた“と一緒に”笑ってくれるはず。そして、あなたのことをもっと好きになってくれるはず。

12.
成功しているかどうかは
「自分の基準」で

あなたは今、人生がうまくいっていると思いますか?

まず「自分はいま、幸せだろうか?」と自問してみてください。

すべてを手に入れることなんてできないし、そんなことを望むべきではありません。不幸や不満を取り除くのが精一杯だとしても、それで十分かもしれません。

自分が幸せかどうか考えてみて、答えが「イエス」ならあなたは成功していると言えるでしょう。人から好かれる魅力的な人は、たいてい心安らかな人。他の人の成功を羨んだり、腹を立てたりしません。その人はその人の人生を歩んでいるのですから。

人を絶えず惹きつける魅力的な人は、周りの人の幸せを願うもの。それこそが彼らの「資質」なのです。

Licensed material used with permission by Jeff Haden
「Inc.com」に掲載された記事を紹介しましょう。タイトルの通り、人気者になるために必要なヒントがまとめられたものですが、意外にも表面的な部分ではなく、...
「おしとやかで、いつも自分の一歩後ろを歩いてくれるような女性」が理想とされていたのはとっくの昔。今は「ガンコな女の子」にドハマりしちゃう男性が急増中!?と...
どうやら大勢で群れている女性よりも、群れから離れて一人で過ごしている一匹狼タイプの方がモテるらしい…。でも、その魅力って一体何なのでしょうか?1.群れてい...
人々をぐいぐい引きつけ、成功を収めているビジネス界のカリスマたち。そんな偉業を成し遂げるのはどんな人たちなんだろう…と思ってしまいますが、彼らには共通点が...
人付き合いって何かと面倒が多いですよね。「初対面だと緊張する」「嫌われたくない!」「誤解されたくない」など…、悩みがつきもの。でも、もしもどんな人とでもう...
誰だって、自分自身のことは見えにくいものです。ホラ、自分の魅力はとの質問に、多くの人は答えに困るなど、自分自身の魅力は何かということを知らないという人が非...
リーダーとして活躍している人に備わっている要素、それはカリスマ性。しかし、ひとえにカリスマ性と言っても、どういう特徴なのでしょうか?ここでは、その一部の例...
ベルギーのフォトグラファーBarbara Iweinsが、いろいろな人の午前7時と午後7時の顔写真を撮り、「変身物語」として記録。両者を見比べると、12時...
伊藤真/Makoto Ito伊藤塾塾長。東京大学在学中に司法試験合格。その後、受験指導を始めたところ、たちまち人気講師となり、「伊藤真の司法試験塾(現、伊...
人は当然思いやりがある生き物ですが、日常的なストレスによってうまく人に優しくできないこともあります。そんな時のために"親切にするメリット"を紹介します。こ...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
あなたは自分のことを外向的だと思いますか?それとも、内向的だと思いますか?じつは最近、どっちとも言い切れない人が増えているそうです。ある部分は外向的で、あ...
好きな人がAB型で、かつ長男の男性である。そんなとき、接し方に迷ったら、こんな分析を参考にしてみては?血液型からのイメージや習慣の傾向から、こう考えられる...
毎年、ただ年齢をひとつ積み重ねている人と、熟成するワインのように年を重ねるごとに魅力を増していく人とでは、大きな違いがあるのは言うまでもありません。「Po...
中学、高校の頃を思い出してほしい。毎年夏になると学校や塾の先生から、「勉強で1番差がつく季節」と言われたりはしなかっただろうか?では、今はどうだろう。昔と...
複雑な人間関係ーー。自分に本当に必要な人と、そうでない人間がいるとライターPaul Hudson氏は豪語する。もしも、彼の主張するような“関係を見直すべき...
学生時代、評価ばかりを気にして、生活のリズムを変えてまで学業に励んだ経験はありませんか?それが人生の目標であれば達成したと言えますが、人生でもっと大きな成...
心理学者のカール・ユングは人格を「外向性」と「内向性」の2つに分類しましたが、実際、人間はもっと複雑なもの。統計上は、両方の性質を兼ね備えた「両向型」の人...
どことなくミステリアスな雰囲気で、自分からはあまりベラベラ話をしない「内向的」な人たち。グループのなかにいると彼らの強みは隠れてしまいがちですが、いざ恋人...
「人間は、自分が幸福であるということを知らないから、不幸なのである」とは、 ドストエフスキーの言葉。幸せは、何気ない日常の中にあります。普段気づいていない...