「僕たち同じ髪型だから、見分けがつかないでしょ?」黒人と白人の男の子たちの“おふざけ”に大反響

リディア・スティス・ローズブッシュさんがFacebookに投稿した、5歳の息子ジャックスくんとのエピソード。

あまりにピュアすぎて、大人は一瞬その意味を考えてしまう彼と親友の「おふざけ」に、22万人以上が「いいね!」をしたんです。

同じ髪型にして
先生を惑わせちゃおうよ!

Medium ed91b3dd4f3bc3cbf2a68bffd94500229fc391c0

今朝、私はジャックスと、髪がずいぶん伸びたわねって話をした。週末髪を切ったほうがいいわって言ったら、ジャックスは「髪をうんと短くしたい!」って。親友のレディとそっくりにしたかったみたいなの。「その髪型で学校に行ったら、先生はぼくとレディを見分けられないよね!月曜日が楽しみだ!」って言っていたわ。同じ髪型で先生を混乱させるっていうアイデアがすごく気に入ったみたい。

これは、クリスマスの時のジャックスとレディの写真。似ているでしょう?

差別や偏見って、大人になるにつれて身につくものなのかしら、って思ってしまったわ。彼にとって、ジャックスとレディの違いは、髪型だけなのよ。

何が同じで
何が違うんだろう

Medium cab17fabfd0f39720a8bf433f3d0421a4fef3923

人間は、それぞれ個性があるもの。何を持って「同じ」と思うかは、人の解釈によるものです。たとえば肌の色が同じ人が「同じ」で、違う人は「違う」と考えてしまうのは、あくまでもそう言われて育ったからにすぎないのかもしれませんね。

心の中に潜んだ思い込みに、思わずハっとさせられる。そんなピュアなエピソードでした。

Licensed material used with permission by Lydia Stith Rosebush
アメリカに住む黒人たちにとって、毎年2月は大きな意味がある。「Black History Month(黒人歴史月間)」または「African-Americ...
リベリア出身で、LAを拠点に活動する黒人モデルDeddeh Howardさんは、モデル産業のなかに「多様性」が欠けているということを憂いていました。街で見...
ここ数週間、毎日のように流れるイスラム教徒に対する米入国制限のニュース。アメリカ国内でも賛否が分かれ、その様子は多くの人が肌で感じていることでしょう。ここ...
インターネットが登場して、ジャーナリズムは劇的に変化しました。テレビの時代は情報を受け取るだけだったのが、オンラインのニュース記事にコメントをつけて双方向...
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
アメリカでは、2月は「黒人歴史月間」に制定されています。毎年、アフリカ系アメリカ人が成し遂げた偉業を振り返ったり、彼らがアメリカの歴史に与えた影響を称えた...
英・イーストミッドランドにある救急センター「NHS Trust」がツイッターで公開したのは、ある男の子からの反省文でした。彼は、ちょっとした出来心から救急...
海外旅行に行った先で「日本人?韓国人?中国人?」とたずねられたこと、一度はあるのではないでしょうか。「だから何?」という気持ちでモヤッとするし、中には不愉...
僕がキューバに訪れた時には、よく中国語で話しかけられた。また、アメリカでは韓国人に間違えられることが多かった。見た目が似ているからだろう。その度に、どこの...
アメリカでいま、初めて女性が紙幣に起用されようとしています。ジェンダーの平等では、日本よりも意識が高いはずのアメリカですが、意外にもこれまで紙幣になった女...
人種、宗教、性別、セクシャリティ。世界では未だに、そういったラベルによって人々が判断されてしまうという現実があります。築かれる壁、深まる断絶、広がる悲しみ...
映画『スウィングガールズ』では、劇中で様々なジャズが流れます。なかでも「シング・シング・シング」は、ベニー・グッドマンの代表曲として有名です。この曲が出来...
1864年、アメリカではそれまで奴隷として扱われていた黒人たちが、リンカーンの奴隷解放宣言により長年の奴隷生活から解放され、自由を手にしました。ショーン・...
素敵なウェディングカードを見つけました。初めは、そのデザインに惹かれたのだと思いました。でもしばらくして、そっと込められた意味に気付いた時、もっと魅力を感...
「ただ教科書に書いてあることを暗記するよりも、肌身を持って経験するほうが心に残る」。とくにそんなことを感じるのが、海外留学ではないでしょうか。歴史の教科書...
私たちは、色々な「違い」を持って生きています。ただその「個性」についての発言は、時に人を傷つけてしまうこともあります。たとえ、そのつもりはなくとも、です。...
SNSはセルフブランディングをする最適なツールか、それとも偽りの自分を世界にさらけ出す恐怖のツールか。もちろんそれは「使いこなす」あなた次第。ライターのB...
コスタリカという国名を聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか。日本の7分の1の国土しかない中米のこの国は、2015年に自然エネルギーを利用して世界初の偉業...
Igor Morski(イゴール・モルスキー)は、現代社会を風刺した多数のイラストを発表しているポーランドのアーティスト。温暖化や監視社会、まるで何かに操...
サリーとグローブを身にまとい戦う女性、勢いよくクロールをするおばあちゃん、人種を問わず一緒に汗を流すダンスチーム…。この動画は一体なに?宗教・年齢・人種と...