今すぐその仕事を辞めるべき「6つの気づきポイント」

「果たして、このままこの仕事を続けるべきなのだろうか…」。そんな疑問が頭をよぎるものの、目の前にあるタスクに追われ、なかなか答えが見出せていないのでは?

Elite Daily」のPaul Hudsonさんがまとめた「6つのこと」を少しでも感じているのなら、転職を視野に入れるのも選択のひとつ。人生の大半を占める仕事こそ、幸せの決め手と言えるでしょう。

01.
とにかく、毎朝
仕事に行くのがつらい

D41a56a52df52ebf179f7309c749137a7cb0b507

仕事そのものに「幸せ」を求めなくてもいいのです。笑わせてくれる同僚がいたり、出社時に居心地の良さを感じることは、もちろん大切なこと。でも、つねに幸せを噛みしめながら仕事をしている人は、少ないものです。結局仕事は仕事、できることなら少ない業務量を望むのも当たり前。人間そういうものです。

ただ、それなりに「満足」しているのなら、問題はありません。一番良くないのは「仕事に行きたくない」と思いながら毎朝出社すること。これを繰り返すと、人生はどんどん下降していきます。たとえ、いまの職が夢見た仕事ではなくても、この先自分の志す仕事につながるかもしれません。

つまり、必ずしも好きなことを仕事にしなくてもいいのです。ただし、嫌悪感だけが募る仕事は避けるようにしましょう。

02.
好奇心が持てず
「学び」がない

「好奇心は猫を殺す」とはイギリスのことわざで「過剰な好奇心は身を滅ぼす」ことを意味しています。そうは言っても、好奇心があってこそ人は行動を新たにすることができるのに、多くの場合、人はこの感情を過小評価している気がしてなりません。

好奇心があるということは、何かしら面白みを感じているということ。それがないと、「飽き」がきます。仕事に「飽き」を感じているのなら、いますぐ転職活動をスタートするべきでしょう。

その際には、学びがありそうな職に就くこと。それが、毎日の気だるさを解消する秘訣です。

03.
挑戦する場がない

D466109d91228ae99182041668b6d1a932e29881

3時間しか睡眠をとらなくても、2日酔いで出社しても、とくに支障のない簡単な仕事。確かにそれもラクでいいかもしれませんが、ある日突然、人生にもっと刺激が欲しくなったら…。そう感じた途端、8時間も興味のないことに時間を当てていることに気づき、がっかりするのがオチでしょう。

成長している実感が湧かないと、人は停滞してしまいます。人生の大半は仕事に費やすのだから、つねに成長できる職に就くのが一番。挑戦できる場があるとワクワクしますし、達成できたときには自信もつくでしょう。その自信こそが、人生のありとあらゆる場面に輝きをもらたらしてくれるのです。

04.
金銭的に見返りがあっても
精神的な喜びがない

仕事を選ぶ上で大切にしたいのは、何かしらの「報い」があるかどうか。とは言っても、その「報い」の測り方が肝心です。

たとえば、「お金」を「報い」として直接的に結び付けてはいけません。なぜなら、本当に好きなのはお金ではなく、それが与えてくれる「豊かな生活」であることを見極めるべきだから。

高収入の仕事は、プライベートの楽しみを奪うかもしれませにんよ?収入を費やす時間がなければ、人生はどんな意味を持つのでしょう?

05.
やる気を奮い立たせる
「何か」がない

4087b300fc9e760cae2a3341c6e0ab9d353c750b

やる気とは、人間の燃料。やる気があってこそ、行動に出たり、変化を加えたり、極端に言えば人生を生き抜くことができるのです。

その燃料なしで勢いは生まれず、人生にモヤモヤするだけでしょう。とはいえ自分で自分のやる気を起こすのは、なかなか難しいこと。だからこそ、やる気を起こしてくれる仕事を見つけるのがベストなのです。やる気とは、自然に生まれるもの。強制して生まれるものではありません。

06.
いい兆しが見えず
悲観的になる

人生の大半は「お金を稼ぐこと」に費やされます。その稼ぎ方に喜びを感じられなければ、毎日が気が重くなっていくのも当然です。いまの仕事に希望を感じられず、毎朝起きるのがつらいなら、退職を視野に入れることだって当然です。

何にせよ、人生とは見方ひとつで変わるもの。少しでも楽観的に考えられるならば、きっと人生もうまくいくでしょう。反対に、何をやっても悲観的になってしまうなら、どん底まで突き落とされてしまいます。

どんどん希望が薄れてくると「終わりを楽しみに待つ」しかなくなってしまいます。これ以上つらいことはないのでは?

Licensed material used with permission by Elite Daily
2016年こそは転職するぞ!と決意して、転職活動にいそしんでいる人。もしくは、今の仕事を辞めてから転職活動をしようとしている人。どちらの場合でも、今の仕事...
「Elite Daily」でライターのPaul Hudson氏が、このサインがでたら、今すぐ仕事を辞めるべきといった記事を書いています。ここで紹介するのは...
毎日の仕事がつらくなっていませんか?そのつらさも、今この瞬間だけを乗り越えればまた新たな景色が見えるのか、それとももうその仕事は続けるだけ時間の無駄なのか...
仕事がまったく楽しくない。上司にはガミガミ怒られてばかり。ロボットのようにタスクをこなすだけの毎日。そんな悩みに苦しんでいるとしたら、今の仕事は「辞めどき...
慣れた仕事を毎日「こなすだけ」の日々が続いているなら、もう一度やり甲斐を見い出すためにも、空気をガラっと変える必要があるかもしれません。確かに転職もひとつ...
あなたの周りにいる、仕事が「デキる人」と「デキない人」。この差は果たして能力だけなのでしょうか? 答えは “NO” です。いくつかの記事をまとめてみて分か...
なぜか優秀な人から辞めていく。そんな職場に身を置いたことはありませんか?自身もCEOとして活躍するElle Kaplan氏は「Inc.」の記事のなかで「で...
いつか仕事を辞めて、海外へひとり旅することを企んでいる人もいるのではないでしょうか?とは言っても、これは、人生を左右するかなり大きな決断。思い切れなくて憧...
Solen Yucelさんは、誰しもが羨む環境にありながら、すべてを手放して旅に出た。そこには、社会が期待する自分ではなく、自身が望む「本当の自分」を見つ...
毎日「退屈な9時-17時」を過ごしていませんか?ここで紹介するのは、弱冠24歳にしてフリーランスコンサルタント&マーケッターとして活躍するレナ・エルキンス...
「このまま、この仕事を続けていていいのだろうか」「将来のために今準備すべきことはなんだろう?」。そう悩んでいる人も多いのではないでしょうか。鈴木秀明さんの...
仕事が楽しくない、張り合いがない…という人は、会社の言いなりになっていませんか?それを防ぐには、自分の思考回路を繰り返しチェックする習慣が必要です。ここで...
「自分の思うがままに生活したい」…そう思っても、会社勤めをしている限りどうしても、この願いを叶えることはできません。会社員を辞めて、海外を巡りながら仕事を...
優秀な人材が去ってしまうことは、企業にとっては痛手。そうなる前に、マネージャーは彼らの考えをしっかりと理解する必要があります。そこで役立つのが「Talen...
照りつける太陽と、歩いていける目の前のビーチ。そんなトロピカルなバケーションに思いを馳せるのは、寒い日が続くこんな季節だからこそ。そんなとき、我慢せずに旅...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
いい上司と悪い上司。両者の違いはどこから来るのでしょう?ここでは、いわゆる“ダメな上司”の特徴を紹介。とくに03.は、ちょっとしたことですが、当てはまる人...
毎日決まった仕事をこなしていると、慣れてしまうせいか、当初のワクワクを忘れてしまいがちです。やりがいを感じないまま仕事をしていると、「果たしてこのまま続け...
最近は働きやすい環境を整えた会社がメディアで取り上げられることも多くなってきましたが、大半は“そうではない”のが現実。そして、そんな会社に就職した優秀な人...
仕事中に気が入らずダラダラしたり、昼寝をしたり、SNSをチェックしたり。それって、どうやら労働時間に問題があるのかも。つまり、長すぎて体力も精神ももたない...