初公開された、NIKE「AIR」ができるまで。

エアマックス、エアジョーダン、エアフォース。もう「AIR(エア)」と聞けばNIKE。世界中でそんなイメージが染み付いています。

その「AIR」の製造プロセスが初公開されたとあっては、スニーカーファンならずとも気になるところではないでしょうか。

1977年、フランク・ルーディという発明家が、エアバッグをシューズに入れるという奇抜なアイデアをNIKE創設者のひとり、フィル・ナイトに紹介してから早30年。

その革新的なテクノロジーとインパクトで、 NIKEがイノベーションカンパニーとしての確固たる地位を確立させるきっかけともなりました。

「オレゴンからの新鮮なエア」

94d9f72e215b7a0f214d3f3a332f04edcf32e4d0

米オレゴン州ビーバートンにある、NIKE本社。そこから歩いていけるほどの距離に、変革を起こし続けてきた工場はありました。

805eae7190ba3fa322f4ad50739450a4471863b8

施設の名前は、イノベーションの証明とも言える「NIKE AIR MANUFACTURING INNOVATION BUILDING」。これまでのAIRの製造と技術革新を見守ってきた場所です。

07508c70c31e6ec5f5c1282799f20aef1b04b479

衝撃を吸収してくれる「あのエア」はこうやって作られていたんですね。

7ce4149916de3edcb6eeefd7876e99e623ff41ca

AIRのゴミとなったものの90%がリサイクル、再利用されているようです。

61e7f656bb8c4a15d2bd79cc00a231be92b9521aAf64ca8ee58c1003cc9f2fa1fc3e2245a028c5ba

ミズーリ州セントチャールズにあるもう1つの工場と合わせて、これまで35億個のエアユニットを生産。そしも1,300人の熟練工が24時間体制で働いてきた賜物。

精密な機能を発揮するエアテクノロジー、そのイノベーションは一人ひとりの地道な苦労によって生み出されてきたんですね。

874bb4ada94ce678eb1f55e429b85bc7475e4b05Ec6523135fcb1c4074f4068b37746926fbff70df

テイルウインドから最新のヴェイパーマックスまで、大きく可能性を広げてきたAIR。「オレゴンからの新鮮なエア」はこれからもイノベーションを繰り返していくのでしょう。

Licensed material used with permission by NIKE
スニーカーに全く詳しくない私ですら、「Air Force1」や「Air Max」は知っています。一時期よりは少なくなった印象があるけれど、依然として街中で...
AppleとNike。世界でもっとも革新的なブランド2つが、長いあいだ一緒に走り続けてきたからこそ生まれた最新モデルがこの「Apple Watch Nik...
空気圧をクッションに使った「エアマックス」、柔らかさと反発性を兼ね備えた新素材「ルナロン」など、次々と新しい技術をスニーカーに投入してきたNike。そのN...
先日、熱狂のうちに幕を閉じた「世界陸上2015北京」。絶対王者ウサイン・ボルトの圧倒的な強さや、日本の超新星サニブラウン・ハキームの大健闘はまだまだ記憶に...
成長し、社会に出て「大人」と呼ばるようになったとたん、「身の程を知る」という言葉に自分の限界を押し込めようとしていないか。アスリートたちががむしゃらに挑戦...
ニューヨークのスタントン・ストリートにある、ごくごく普通のバスケットボールコート。ある日このコートが、変身したんです。さっそくネタバラシ。これは、Nike...
これまで、イスラム系の女性たちがスポーツをしている姿は、あまり公にされてこなかった。保守的なイスラム圏では、女性は手や顔を隠さなければならない。社会的にも...
ここで紹介するのは、2016年2月4日(木)に発売された「SPRING 2016 ナイキ テック ニット コレクション」。質感にこだわった新しい糸を利用...
2017年になってから、早くも1ヶ月が過ぎようとしています。年始に誓った目標に対して、まだ努力できていますか?すでに心が折れてしまった人は、もう一度奮起す...
もう3年も前に公開された動画だから、あまり新鮮味はないかもしれない。だけど、夏の終わりが訪れると、なぜだか思い出したようにまた見たくなる大好きな動画です。...
数々の有名ブランドロゴとスローガンを「STRATX」が紹介しています。その歴史を知ると、それぞれの企業の"視点"が感じられるかも。ここではそのなかから、1...
「INDUSTRIAL JP」というプロジェクトがある。日本の町工場をレーベル化する計画だ。つまり、工場内に繰り返し鳴り響く機械音を再編集し、映像と掛け合...
数年前に巻き起こった工場ブーム、いわゆる「工場萌え」。それ以降、工場は新たな鑑賞スポットとして定着しつつある。中でも、夜景の美しさは格別。装飾されていない...
近年、日本よりも世界での注目度が高い盆栽。身近なインテリアや芸術作品として、自然を凝縮した「BONSAI」に傾倒する外国人が急増。そんな彼らでなくても、「...
東日本大震災とそれに伴う原発事故発生を目の当たりにした、一人の若きエンジニアが、代替エネルギーに革命をもたらす事業を展開している。彼が目をつけたのは風力。...
地球温暖化によって海面が上昇している。その影響によって、海岸侵食が進み世界中のビーチから砂が失われつつある。ビーチの砂は、とても大切なもの。例えば、海沿い...
名実ともに世界のトッププレイヤーの仲間入りを果たした錦織圭。さらなる高みを目指す彼が今回対戦するのは、ノバク・ジョコビッチでもロジャー・フェデラーでもあり...
非日常的で、どこか近未来を連想させる工場夜景。数年前からブームとなった“工場巡礼”は、無機質な夜の表情を鑑賞しようというファンで賑わっているようです。ラン...
異国情緒を感じながらその土地にどれだけ浸透するか。バックパッカーやひとり旅の楽しみ方といえばこれ。だけど、風の向くまま気の向くまま、とはいかない期限付きの...
部屋の中央に、むき出しのサイロが…。そうなんですこの家、古くなった工場をリノベーションしているんです。改装したのは、家主でスペインの建築家のRicardo...