呼び方ひとつでこんなに違う、「彼氏」と「パートナー」の差

彼氏/彼女を「パートナー」という呼び名に置き換えたなら、あなたの恋人にどんな変化が起きるか?たんなる表現の違いで、「もっと精神的に深く結びつき、お互いを尊敬しあえる関係性になる」と主張する女性の記事を紹介します。

Elite Daily」ライターDorothy Chan。いくぶんアメリカ寄りな恋愛シチュエーションであることには、まあ目をつむったとして、恋愛関係が呼び方ひとつで数段レベルアップするそのからくり、見ていきましょう。

7fc76f9a9ca56bc374192f5db3744dc4d949009c

若い時って、ちょっと前の恋愛を引きずったり、一夜の恋をしたり、それ以外にも真剣じゃないつき合いをするものです。でも、20代の中頃から後半になると、たった1人の相手を探し求めて「真剣な交際」をするようになっていきます。

それは、誰でも自分自身や将来のことを理解するようになり、つき合う相手のことを真面目に考えるはじめるから。学生時代とは違った、大人の真剣な交際を求めるようになるのです。しかし、真剣な交際だって気づいた時、大切な人との関係をどう定義すればいいのでしょう?

いわゆる彼氏/彼女は、学生同士のつき合いでの呼び方。一方で、大人らしさを感じられる呼び方としては、ライフパートナーを短くした「パートナー」であるべき。この響きには、性別を気にしなくていいだけでなく、真剣さの度合いや関係性の深さを表す力があるのです。

01.
パートナーは
他人に与える印象が違う

89eea9e641979b90faf39afb4e9a3bdfeb293c30

もし、彼があなたのことを「パートナー」と呼ぶのなら、長く二人の関係が続くサインだと思ってください。なぜなら、この呼び方は大切な人やソウルメイトのような存在を意味するものだから。彼氏/彼女を卒業して、大人の恋愛へとステップアップした証拠なんです。

例えば、ある男性が空港まで恋人を迎えに行くため、早く仕事を終わらせたいと上司に相談したとします。その場合、

A)空港まで彼女を迎えに行くので…
B)空港までパートナーを迎えに行くので…

後者の呼び方のほうがはるかに真剣味が感じられ、前者よりも仕事を軽んじている訳ではないように受け止められませんか?つまり、パートナーはオフィシャルな関係をイメージさせる、ということ。

02.
パートナーは
空港に迎えに来てくれる

TVドラマや映画などのワンシーンを思い出してみてください。空港へと急ぐ男性の姿、それは女性を見送る別れや、再会をよろこぶシーンでしょ。つまり、こちらが意図しなくても、空港=どこかロマンチックな空間、という認識はすでに私たちの中に刷り込まれているんです。

あなたに会うためだけに、男性は空港まで送り、迎えにきてくれるもの。誰かを空港に迎えに行く、これは愛のある関係である証。子供じみた恋愛関係では、なかなかできませんから。

もし彼が空港まで迎えに来てくれているのなら、それはパートナーと認識していること。早起きしてでもあなたが飛行機から降りたとき最初に出会う人でありたい。そのくらい大切に思っているんじゃないでしょうか。

03.
パートナーは
距離を言い訳にしない

11da933988b0d955e4ae231e650c297506e94ef2

女友だちとの週末旅行、遠く離れた実家に帰省、奨学金で1年留学…。恋人と離れなくてはならない事情が、人生にはいくつもあります。ただの彼氏だったら距離を理由に別れるなんてことだって。けれど、パートナーであれば、どんなに離れた距離も乗り越えようと工夫してくれるはずです。

文学的な才能のある人であれば、詩の引用を。ユーモラスな人なら、ネットで見つけた面白いネタを。ロマンチックな人なら「ずっと君のことを考えてるよ」なんて伝えてくれるかもしれません。

心の距離を感じないようにうまくつき合ってくれるパートナーは、どんなに距離が離れていてもそれを感じないようにしてくれます。そして、結局のところ、会えない時間が二人をさらに成長させてくれるのです。側にいられなくても愛は深められる。

04.
パートナーは
いつでも居心地のいい存在

週末に彼の両親に会う予定はありますか?あなたの寝起きのすっぴんにも、散らかった部屋にも理解を示し、しっかり受けて止めてくれますか?結局のところ、パートナーとは、お互いの存在を心地よく感じれる間柄でないとね。

彼のどんなところだって自分の延長みたいなもので、相手のすべてをあなたは愛せる関係。お互いに“いい顔”をしなければならないステージは、すでに終えているのです。

05.
パートナーは
問題を解決してくれる

660c6d2b4d7b4642a31c0b6c30f081cf535da169

初々しいつき合いたての時間をすぎて、毎日多くの会話をする必要がなくなったとしても、電話をすればちゃんと出てくれる、そんな彼に信頼を感じることでしょう。

彼氏はメールや電話をすぐに返さないことだってあるけれど。あなたと話をする「今話をする気分じゃない」と理由をつけて。だけど、パートナーはあなたのことをいちばんに考えていてくれるため、すぐに返信がくる。

仮に彼が忙しすぎて話せない時には、きちんとあなたに伝えてくれるはず。決して、あなたをやきもきさせはしないはずです。もし、彼が家族や友人と出かけている場合には、事前に何時に戻るかを教えてくれるか、家に戻り次第、いつも以上にあなたのことを気にかけてくれるでしょう。緊急時だって、すぐにあなたの元へと駆けつけるんじゃないですか?

06.
パートナーは
壁を乗り越えさせてくれる

男性は成功して家計を支えるべき、そんなトラディショナルな考え方はもう時代遅れ。そこの考え方も彼とパートナーには違いがあります。あなたと自分は1つのチームということを理解しているのがパートナー。お互いがお互いの成功を望み喜び合える仲だということ。

双方が大人としての考え方をもち、自分で道を切り開き、知的で、自信があれば、どちらが先に成功するかは関係ありません。最終的に、お互いがゴールにたどり着けるのは分かりきったことだから。

07.
パートナーは
“おはよう”と“おやすみ”の
キスを忘れない

パートナーは真夜中にだってキスしてくれます。暗闇の中でささやき、近くに抱き寄せてくれることでしょう。寝るときに手をつなぐ、くっつき合う、裸で抱き合う…2人の相性はいつでもバッチリ。

08.
パートナーは
「愛してる」を口にする
タイミングを知っている

2bbbeb14900602e527432e39280aee2b6b4f1d3d

 恋愛に駆け引きを持ち込むのは彼氏、あなたの想いを先に口にできるのがパートナーです。ずっと一緒にいるなかで、「愛してる」を口にするタイミングは日々訪れるもの。あなたが言おうとすれば、きっと彼が先にそれを囁いてくれるはず。

もしも、そのことをあなたが気にかけるようなときは、彼にそれを伝えること。つねにオープンなコミュニケーションを心がけ、自分の気持ちを表現することです。

09.
パートナーは
喧嘩から関係を深められる

彼氏は喧嘩すると別れに繋がります。パートナーは喧嘩すると、お互いの関係を向上させることに繋がります。

もし、何の解決策もないまま喧嘩を続けているのだとすれば、それはもう2人の関係を解消する時期なのかもしれません。しかし、喧嘩はお互いを想いあっているサインだとも言えます。

そして、これが重要なこと。もしもパートナーがケンカの後、一人の時間が必要だというときは、その時間を与えてあげること。でも、一人で問題を解決して自分を納得させるよりも、彼が戻ってきた時に、何が問題だったかを2人で話し合えるようにしてください。真のパートナーならば、お互いの話に聞く耳を持ち、2人の関係を向上させるように努力できるはずだから。

10.
パートナーは
将来を見つめあえる仲

B5472c46c6e206cf2a0e46b007d7046172a170f0

さて、そうは言ってもパートナーと将来のことを、四六時中話し合う必要などこにもありません。逆にプレッシャーになるから。でも、仕事や家族のことなど、お互いが大切にしている部分は、きちんと話し合うこともできます。

もしも転勤の可能性があれば、パートナーなら前もって相談してくれるでしょう。複数の人と同時に付き合うことだったとしても、もしくは、遠距離恋愛をこらえて欲しいというものであったとしても、お互いの関係に距離を置くことを意味するものだとしても。

これが彼氏だったとしたらどうでしょう。すぐギブアップしてしまうんじゃないでしょうか?本当に大切なことを二人の未来のために話し合い、異なる意見も尊重でき、アドバイスを与え合う、そうして最終的に2人がベストと思える判断をくだす。そのとき、あなたの将来が彼と重なるようならば、一生を添い遂げるに値するパートナーなんじゃないでしょうか?

Licensed material used with permission by Elite Daily
「Elite Daily」のライターDorothy Chan氏が、パートナーと彼氏の違いをまとめています。記事によると、彼氏は単なる恋愛関係の間柄。ですが...
年上彼氏の呼び方で困っている人もいますよね。いつまでも名字に「さん」付けをして呼ぶのも味気ないけれど、かといって、いきなり下の名前を呼び捨てするのも躊躇し...
どんなカップルのあいだにも悩みごとは付きものですが、年の差カップルには独自の悩みも出てくるわけで・・・芸能人同士では15歳差、20歳差なんていうカップルは...
遠距離恋愛になれば、相手の近くにいられた今までと違い、簡単に連絡を取ることができないため、不安な方もいらっしゃるかもしれません。メール頻度はどのくらいがい...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
結婚願望があまり強くない男性が増えてきている昨今。10歳以上も年下の彼氏と付き合っているならなおさらですよね。とはいえ、いつまでも年下の彼氏に結婚を先延ば...
みなさんは恋人を選ぶとき、どんな理想を持っていますか?たとえば、自分の話をきちんと聞いてくれる。浮気をしない。自立していてクリエイティブ。など、いろんな要...
10歳以上年上の彼氏と結婚する際には、何か注意しておくことはないのでしょうか。前もって確認しておいたほうがよいことを知っていれば、年の差があっても安心して...
落ち込んだときや嬉しいとき。誰かにその体験談を共有できてこそ、痛みが軽くなったり、喜びが倍増するもの。そうして人と触れ合い、互いに刺激し合いながら切磋琢磨...
結婚を決意するのってどんな時?なんて考えるときに、参考にするものはなんだろう。映画のストーリーや両親の経験談だろうか。たとえば、こんな話を聞いたことがある...
あまりにも長い時間一緒にいると、いろんなことが当たり前になりがちです。本当はうまくいっているのにマンネリを感じてしまったり、うまくいっていないことに気づけ...
年下の彼氏との恋愛は色々と小さなことが気になるものです。「彼は本当に私の年を気にしてないの?」「彼と同年代の子に負けてない?」など、年上彼女としての悩みは...
彼氏のことが大好きで、今すぐにでも結婚したいけれど、彼氏からは何もアプローチがないと悩んでいる女性は、少なからずいます。彼氏にとって理想の女性になるにはど...
恋人でも夫婦でも、誰かと付き合うというのは、責任が伴うものです。なのに他の人のことが好きになっちゃうのって、どうしてなんでしょう。そのときの実際の気持ちな...
恋愛のかたちは人それぞれ。でも、国や文化の違いを超えて万人に共通する「真実の愛」は存在します。ただ、自分の気持ちに自信が持てない人が多いのも事実です。ここ...
「本当に成功したカップルというのは、同じ人に、何度も恋に落ちるものだ」最初はラブラブだったはずなのに、だんだん「ときめき」がなくなり…という悲しいパターン...
米メディア「Elite Daily」では、どちらかというとカジュアルな恋愛を切り口にした恋愛論が数多く登場しますが、なかにはこんな真剣な結婚論をまとめた記...
EmilyとKevinのカップルは、付き合って5年。それだけ一緒にいれば、きっと言葉にしていない本音もいろいろあるでしょう。ということで、お互いの心の内を...
世の中にカップルは星の数ほどいますが、彼氏が大好きで本当に幸せな女性は、彼氏にどんなことをしてもらっているのでしょうか? 「こんな彼氏を作るぞ!」と決意す...
本当は離れたくないのに、仕事や家庭の事情で遠距離恋愛を余儀なくされている人は少なくありません。会いたいときに会えないうえ、ほかの人へ心変わりされてしまうか...