この開放感はたまらない。私が「ノーブラ生活」にした7つの理由

服を着る「手順」のひとつとして、毎日当たり前のようにつけている「ブラ」。でも、たまには外したまま出かけてみませんか?そう提案するのは「Elite Daily」のライターSheena Sharmaさん。ブラの必要性を感じていない彼女にとって「ノーブラ生活」には何の抵抗もなし。それにしても、なぜノーブラで生活しようと思ったのか。

そこには、胸に対する世間の性的イメージや期待を打ち破りたい、という思いも秘められていたようです。

01.
そもそも着心地が悪いから

Medium a546a08fa5ffb48e79d1a5e1b0227a18c55477ca

単純な理由かもしれないけど、これに尽きるの。もちろん、オシャレのために快適さを犠牲にするときもあるわ。たとえばヒールを履くとき。「履き心地がいい」とは決して言えないけど、最強な気分にさせてくれるじゃない?

一方でブラはそういう効果がないから、どうしても外したくなっちゃうのよね。

02.
ブラを外すのが
至福のとき

外すときに感じる気持ち良さといったら、スポーツより、ディナーより、名前を忘れるくらい泥酔したときよりも、素晴らしいの。

ホックを外すと、それまで締め付けられていたブラから解放されるの。何かから解放されると、一層強くなれる気がするでしょ?

03.
洋服の美しさを
活かしたい

洋服は、単体で美しさを持つもの。つまり、素材や色味がその服の魅力を語るの。なのに、そこにブラのストラップが見え隠れすると、洋服の美しさが台無しじゃない?まるでハンサムな男性が、口を開いた途端に最悪な男に変身してしまうような…そんな感覚よ。

ひとつの洋服を作るのに何時間も手間暇がかかっているのに、ブラひとつでそれが水の泡だなんて、もったいないわ。

04.
寒いときは
セーターで何とかなる

Medium 050411cdeef3a5721fa4933ec2c18d6b71e93587

真夏の暑い日に冷房がガンガン効いたスーパーに入ると、急な寒さに乳首が驚いて、立っちゃうのよね。そんなときは、周りの人をびっくりさせないためにも、セーターを着るの。

ぎゅうぎゅうに胸を締め付けられるブラよりも、やさしく暖めてくれる洋服が好きだから。

05.
「胸はこうあるべき」と
決めつける物差しみたい

あなたの胸はどうか知らないけど、私は自分の胸を「完璧」とは呼べない。片方だけ小さいし、位置も若干ズレている気がする。なのに世間は、ランジェリーのCMに映る胸が基準だと思ってる。でも、そうじゃないの。

こういう描写って、変なプレッシャーを感じるわ。15歳でも45歳でも、メディアに映った胸を目指すべきだ、って洗脳されている気がするの。

そもそも女性って、性的な特徴で語られがち。ブラってそれに貢献しているだけじゃない?でも胸のサイズは一定じゃないし、どうせなら色々な形とサイズを見せてほしいわ。

06.
どうしてもというときは
バンドゥがある

バンドゥを開発してくれた皆さん、ありがとう。

軽くて風通しも抜群。締め付けられている感じもほとんどないし、とくに胸を大きく見せたいとも思わないなら、バンドゥが快適。

胸が小さく見えたって、解放感があるほうがよっぽどいいわ。

07.
「胸」は気を引くための
道具じゃない

Medium 3d3afa673e1921b2063e7c3512767146a7c0e867

乳首が透けてるからって何?ブラを外すことで、女性は世間の基準を変えていかなければいけないの。そういうハッシュタグもあるくらいだから。

誰かがやれば、きっと周りの抵抗もなくなってくる。胸は人の関心を引くためだけの武器じゃないの。みんな、もっと安心してブラを外してみない?

Licensed material used with permission by Elite Daily
あなた今つけているそのブラ、本当に必要でしょうか?もちろんブラは女性としてのエチケットとも言えますが、今回「Little Things」の記事でライターの...
胸を締め付ける「ブラジャー」から解放されたい!そう思う女性は意外と多いみたい。今回、ノーブラ生活を勧めている「Elite Daily」のライターAshle...
1日の終わりにブラジャーを外す時こそ、世界でもっとも気持ちのいい瞬間。男性には分からないノーブラになる気持ちを、「Elite Daily」のライターAsh...
息をすることすら忘れてしまう「忙しい日々」に追われれば追われるほど、つい「解放感」を求めてしまうもの。そこで「Elite Daily」のライターAlexi...
ニューヨークで16年間、一度も休むことなく毎年開催されているイベント、その名も…「ノー・パンツ・サブウェイ・ライド」。2017年も無事(?)1/8に開催さ...
好きな人とベッドイン。でも、事を済ませるまでにはいくつかのハードルがある。その第一関門とも言うべきなのが「ブラを外す」ことではないだろうか。男性としては、...
現代女性の生き方のヒントとなる記事が並ぶ「Elite Daily」の人気カテゴリWOMAN。たまに、こんな刺激的な記事も登場するのが魅力です。女性ライター...
ライター Laura Argintar氏が、自身の“スリムな胸”をカミングアウトした記事が「Elite Daily」で話題騒然です。同じ境遇の女性たちへの...
このおしゃれなトラック、なんだと思いますか?実は、下着屋さんなんです。オンライン下着ブランド「True & Co」が行っている「Try-On Tr...
毎日着ける下着。着心地や素材など、こだわりを持っている人も多いはず。ライターのRebecca Endicottさんは「多くの女性はブラジャーに強いこだわり...
バストが大きい。そんな女性たちが毎日抱えている悩みーー。その重大さを男性にもわかってもらおう!ってなわけで、女性用下着のなかでも、品質、デザイン、フィッテ...
貧乳女子の強い味方になりそうな記事を「Elite Daily」にて発見しました。それは、自身も貧乳だと語る女性ライター、Laura Argintarさんが...
オーストラリアの北部から中央にかけて、砂漠と湿原が広がるエリア「ノーザンテリトリー」。ここには、ふたつの異形の聖地が存在しています。 Photo by A...
2015年以来、女性の美の基準が変わり始めている。その代表例が「プラスサイズ」。すべての女性の体型を公平に扱おうという動きは、欧米のアパレル業界やメディア...
2016年1月10日、NYの地下鉄に突如、ズボンやスカートを身につけずパンツ姿の集団が現れた。外は真冬の寒さ。寒くない訳がないし、履き忘れて家を出ちゃった...
あなたが急遽、パーティーに参加することになったとします。背中が開いた服を着たいけど、ストラップが見えるのはちょっとイヤ…。 そんな時でも安心。パーティーや...
オーストラリア・クイーンズランドの北端、ファー・ノース・クイーンズランド。世界遺産であるグレート・バリア・リーフや、70もの国立公園がある自然がいっぱいの...
これまで「Thought Catalog」の恋愛系コンテンツや、セックスを題材にした記事の中に登場した「男性たちの本音」を、女性ライターNicole Ta...
イギリスのランジェリーブランド「Bluebella」の下着を身に纏って撮影に臨む3人の女性。カメラを前に少し緊張した面持ちですが、それもそのはず。彼女たち...
女性からすると「えっ!?」と思うようなファッションを、実は多くの男性が好んでいる。そう主張する「Elite Daily」の男性ライターKevin Schl...