いつの日か起きる大災害に備えを。今あるものだけで家族が1週間暮らす「防災クッキング」

東日本大震災から6年。

自然の脅威を見せつけられたあの経験から、私たちは何を学んだのか。そう遠くない将来にまた起こると言われている「震災」に対して、どれほど備えられているか。

まずは自分を含めて家族が一週間暮らせる備蓄について、1995年の阪神・淡路大震災でご自身も被災経験を持つ防災クッキングアドバイザー、鈴木佳世子さんに話を聞いた。

防災食は
「命と心をつなぐ」もの。

Medium 39f86cf9f5de8d9d021b6bd956b203f6d2521dcb

温かいものを食べる、いつもと同じような食事をする、基礎栄養素を摂る、といった「ふつうの食事」がどれほど被災者の心を救うかを身をもって体験した鈴木さんは、セミナーや講演の際、あえて強い表現を使うという。

まず鈴木さんは、緊急時に備えて、ふだんの食材選びを紹介してくれた。テーマはずばり「自宅にある食材だけで家族が一週間暮らせる備蓄」。

Medium bbcff63379c44e35c913feebf0e62ef726dbe296Medium 3e9326b9e1ec669abe99f659e105c6847044e865

とはいえ、単純に大量の食材を備蓄しておくのは容易ではない。しかし難しく考えすぎることもなく、普段の食事にも活かせて、かつ万が一の時にも役立つような食材をストックしておけば良いだけのことだと言う。

・食べるために包丁が要らない
・常温で保存可能
・軽くて持ち運びやすい
・栄養が摂れる
・火がなくても食べられる

そんな条件を叶えてくれるもの、それは「乾物」

例えばわかめ、切り干し大根、高野豆腐、お麩、乾麺、クスクス、雑穀、もっと身近な米や餅も乾物なわけで、普段の買い足しと防災食を兼ねた食材の両立も、難しくはなさそうに思えてきた。

大切なことは、被災時に初めて乾物を使う、なんてことがないように、普段から食べ慣れておくこと。日頃の買い足しが、そのまま備えになると思えばハードルはぐっと低くなる。

ただ、水分は忘れずに1週間分を確保しておきたい。

Medium 20f411a1c11e01b347b8a5eef2af9a11fe218988

年齢によって必要量が異なるが、一般的には

「体重 ×(A)=1日に必要最低限の水分量(ml)」

と言われており、Aに当てはまるのが幼児なら100〜120ml、こどもは50〜100ml、成人は50ml。例えば体重50キロの成人なら、50kg × 50ml =2,500→1日2.5リットルの備蓄が必要、となる。

非常時の調理方法は
定期的に練習を。

乾物は調理が簡単とはいえ、火が思うように使えなかったり、洗い物がままならない状況での調理はどうしたらいいのだろうか?

もしもカセットコンロなどでお湯が沸かせる場合は、お湯を活用した湯煎(ゆせん)料理が良いという。

Medium b6c7a5f2c1f4547a87c5dba5c19ea92f561f7d65

たとえば、厚めのビニール袋に溶き卵と醤油やめんつゆを入れて口を縛り、お湯の中に20分入れておけば、だし巻き卵のような仕上がりに。フリースや毛布で鍋を包めば保温効果も高まり、調理の仕上がりも早くなる。

Medium c1cf428510fae515d6b28d8ab54eeb82612a4019

白米1合とお水をビニール袋に入れて熱湯に20分沈め(鍋底につくとビニールが溶けるため、お皿を沈めると良い)そのあと、15分ほどお湯のなかで蒸せば、白米だって炊ける。

Medium 2a51916ca4bf57cd1bbb8481cca5a5a4e426655d

他にも、お水やトマトジュースと一緒に好みの乾物や缶詰をビニール袋に入れ、カレールーを溶かし入れて、20分お湯に浮かべればカレーに。

Medium 6480d51f407a18da9003b498092756425a13dd55

また、魔法瓶のような保温能力のあるポットやスープジャーに熱湯と豆を入れて7〜8時間置いておけば煮豆ができ、衛生状況の悪化などで免疫が下がったり、栄養バランスを崩しやすい環境のとき、また、柔らかい食事を好むシニアにも優しい一品ができあがる。

このような調理法は、非常時をイメージして試してみる機会もあると良い。過去の震災を振り返るこの時期に、家族や友達と一緒に試してみてはどうだろうか。

自然災害は、いつやってくるかわかりません。「もしも」を想定すると、防災バッグは玄関に置いておくのが理想ですよね。でも、あまり格好良くないものは押し入れにし...
東日本大震災から早5年。防災意識がだんだんと薄れてしまっている今だからこそ、自分の身の回りの備えについて、あらためて考える機会を持ちたい。防災グッズは各メ...
普通の野菜より体にいいっていう話はよく聞くけど、本当のところどのくらい影響があるんだろ?と気になっている人も多いかもしれません。そこで、スウェーデン環境研...
光。それは人類の生みだした英知の象徴。先進国の都市ならば夜でも眩しいほどに明るいですが、別の国や山に登ったり、あるいは災害に見舞われたときなどは、闇夜を照...
「男性が選ぶべきは大家族出身の女性だ」そんな独特の視点でまとめられた記事が「Elite Daily」で話題です。書いたのは女性ライターGigi Engle...
あなたの理想のタイプは、どんな女性ですか?芯の強い女性、かわいらしい女性、やさしい女性…きっと好みはさまざまでしょう。でも今回は女性の特徴ではなく「家族構...
「がんばろう!九州」、熊本県や大分県に甚大な被害をもたらした2016年4月の熊本地震以降、食で、旅行で、プロダクトで、スポーツで、さまざまな復興支援プロジ...
震災からまもなく1年を迎える熊本。その節目となる4月16日(日)、表参道COMMUNE2ndで熊本の魅力を発信するイベントが行われます。この日だからこそ、...
米・テネシー州生まれのダルトン・ロスは、イギリスへ留学することになりました。そこで彼は「僕がいない間、寂しくないように」と、ジョークで家族に自分の等身大パ...
あの震災がおきた時、何をしていたか。私は、それがあまりにも情けなくて今まで誰かに話すことがあまりできなかった。震災があった3月11日、私は銀座のオフィスビ...
ここ数日、記録的な大雨が日本列島を襲っています。報道によると、各地で鉄道の運転見合わせや停電が多発している模様。引き続き、厳重な警戒が必要です。さて、今回...
1月17日、1995年1月17日に起きた阪神・淡路大震災から丸21年が経ちます。復興のシンボルとして始まった『神戸ルミナリエ』。昨年は想定外の突風にあおら...
東日本大震災による津波で被災した、宮城県南三陸町の公立病院が「南三陸病院・総合ケアセンター南三陸」として、4年9ヶ月ぶりに開業されました。再建に向けて、こ...
ScottとEmilyのManning夫婦は、大の旅好き。ふたりは大学を卒業してから新居を探していたのですが、ちょうどいい家がなかなか見つかりませんでした...
ありふれた日常生活から、困難に陥った時まで。支えてくれる家族がいたからこそ、あなたは優しく、強くなれるーー。「Thought Catalog」でそう語るの...
もしも、どんなに汚れている水でも、すぐに飲料水に変えてしまう魔法のボトルがあったら…。アメリカに住むマイケル・プリチャードさんは、2004年スマトラ島沖地...
18歳の誕生日を迎えたアビー・バン・メートルさんの元に届いた、誕生日プレゼント。それは100年以上前のものと思われる、木でできた大きな箱でした。そして両親...
愛する人や友達にチョコレートをプレゼントするバレンタインデーは、じつは家族に日頃の感謝を伝えるチャンスでもあります。改まって伝えるのはなんだか照れくさいか...
夢の中でする旅行は、少し不思議な気分になるものですよね。一度も行ったことがない場所や絶対に行けないような場所であれば、なおさら。でも、そんな旅行の夢には、...
「パパ」「ママ」「なごみちゃん」「かずとよ君」の、とある4人家族。彼らが毎月定例で開催している“家族会議”に、いま多くの人が夢中になっています。まずは、T...