「社交性」を身につける、たったひとつのシンプルな方法

大勢の場で、話を始めるのが苦手。友だちの輪を広げたいけど、なかなか自分から動けないーー。

そんな悩みを抱えながらも、社交性を磨くことを望むすべての人に知ってほしいアドバイスを「Elite Daily」で発見しました。ライターのDanny Coleman氏は、彼女の弟の結婚式の場で、あるスキルを使うことによって「好かれやすい人」になったそうです。

それは、誰でもできること。

5e99673c2bf9d1db281e5c217357b52bc0640e2e

それは、「話を聞くこと」だ。聞き上手になるだけで、もっと周りに好かれるようになる。ワッと驚くようなスキルではないけど、その効力にはきっと驚くはずだ。

だって、僕たちは自分の話をするのが大好きだろう?だからSNSには自分のことばかりポストする。Facebookを見ると、友だちの仕事が成功してお金持ちになっていたり、シェフや冒険家になっていたり…。現実ではそこまでクールではないかもしれないけど、楽しそうにしているところを見せたがるんだ。

自分のことなんて
だいたい分かってるから。

自分のことを話したり、意見を主張すると脳内の報酬回路が刺激される、と『Contagious』の著者、Jonah Berger氏は話している。それは食べ物やお金など、ご褒美がもらえたときと同じ感覚らしい。その「ご褒美感覚」はただそこに座り、話を聞くだけで相手を喜ばせることができるのだ。

10歳の子どもにも伝わるくらい簡単に説明しよう。必要なステップはこの3つ。

1. 自分の話をしないこと

2. 相手の話を引き出す質問を投げかけること

3. 結婚式に出席する際は、最高の彼・彼女を演じること

たったこれだけなんだ。

米巨大スーパー、Walmartの創業者Sam Walton氏は、競合社を訪ねては、彼らの戦術や策略を知るためにとにかく質問をしまくった。あるときは、ブラジルのスーパーの床に這いつくばり、列の間隔をメジャーで測り、逮捕されたらしい。彼のマネージメントチームは、「もっと自分の会社を向上させることに時間をかけたほうがいいのでは…」と、時に不安を覚えたらしいが、彼はこう返した。

「自分の会社で何が起きているかなんて、すべて把握している。競合社の策略を解析することが、改善策を導くひとつの手なんだ」

彼の行動パターンは、僕が考える「聞くことの大切さ」をうまく表している。だって自分のことなんて、もう分かり切っていることだろう?自分の過去、強み、趣味、好みのバーガー、とかね。それならもっと周りに耳を向けて、彼らの話を聞いてみるのはどうだろう?

確かに周りのみんなに好かれるために備えておきたいことは他にもあるかもしれないけど、これが一番簡単で効果的な方法だと思うよ。聞き上手になれば、世界が広がることは間違いない。

Licensed material used with permission by Elite Daily
聞き上手になれたら、どんなに人とのコミュニケーションが楽しいものになるか、想像したことはありますか?周囲から、「あの人は聞き上手だ」と言われる人に共通する...
ビジネスパーソンにとって、応用力がある人になることは、ひとつの重要な要素です。事業変革パートナーの安澤武郎さん著『ひとつ上の思考力』では「法則を見出せるよ...
学校で教えられたことが、社会に出てからも役に立ってますか?Yesの人もNoの人も、大人になってからでも日々学び続けていくことが大切だ、ということに異論はな...
「どうせならば、悩みがなくて、ノーストレスで生きていきたい」と、誰もが思うはず。でも人生は山あり谷あり。不条理なことで悩まされることもあります。高田晋一さ...
内向的な人が、社交的な人と付き合ったら──。ある程度想像はつくでしょうが、なかなかスムーズにいかないことが多いみたい。たいていは、内向的な人が本当の気持ち...
自分にできないことや欠けている部分に目がいくのは人間の性です。だけど、そんなことをしても落ち込むだけ。だったら1日の終わりに「プラスの出来事」を振り返る習...
「社交不安障害」とは、自身への否定的な評価に強い不安を感じてしまう精神疾患の一つ。かつては「社会不安障害」と呼ばれていましたが、2008年により実態に近い...
ビジネスを成功させたいなら、やっぱり「人間関係」がキーワードになってきます。そこで、ポジティブな自分になって、人を巻き込み、いい流れつくるためのちょっとし...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
健常者と車いすのダンサーがペアを組んで踊る社交ダンス。パラリンピックの正式種目になるほどの人気スポーツだという。ヨーロッパで広く普及し、日本も競技人口が少...
まだ自分が小さかった頃、毎日のように絵を描いては、得意げに父や母に見せていた記憶があります。やがて大きくなったとき、両親は大切に保管していたその絵を、宝も...
夜遊びも好きなパーティガール、と聞くと、チャラチャラした女の子というネガティブなイメージを抱く人も多いかと思います。でも彼女たち、じつはしっかり者なのかも...
もしもあなたの上司が「クリエイティブに、かつ生産性を上げるんだ!」と無理難題を押し付けてきたら、この話を投げかけるといいかもしれません。あなたを援護射撃し...
人間関係は、日常生活を送る上でも欠かすことができないものですが、何かのきっかけで人を信じることができない、人間不信に陥ることがあります。人間不信のまま楽し...
「このまま、この仕事を続けていていいのだろうか」「将来のために今準備すべきことはなんだろう?」。そう悩んでいる人も多いのではないでしょうか。鈴木秀明さんの...
スキルアップが大切なのはわかっているけど、目の前の仕事に忙殺される…いつかやろうと思っていても、人間は基本的にサボる生き物です。そのまま諦めて放置してはい...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
人から好かれるためにすべき、たった一つのこと。それは話を聞くこと。 記事の中でそう書くのは、「Elite Daily」のライターDanny Coleman...
「論理的に考える」というのは根拠を持って説明できるということ。それは結局、「他者が理解できるように考える」ということだと言える。ひとりよがりではなく、他人...
忙しいだけの人なら、たくさんいます。本当に大変なのは「生産的であること」。考えてみてください。生産性の高い人はテキパキと仕事をこなし、To-doリストを消...