人が自然と集まってくる。しあわせなうさぎのペンケース。

この子は、うさぎのペンケースです。台湾からやってきたんですよ。

今から2年ほど前、台湾旅行へ行った時に、夜市で買ったんです。

買ってからは、毎日かばんの中に入れています。

色とか、表情とか、リラックスした雰囲気とか。わたしの性格を、この子が体現しているようです。

何かのキャラクターを模したものらしいのですが、わたしはよく知らないので「神さま」と呼んでいます。

ダンスの稽古でスタジオに入るときに、隅っこに立てかけて置いておくと、守られているような感覚になるんです。

作品づくりを見守る神さまなんですね。

それから、この子は、ちょっとした嬉しい気分を運んできてくれるんです。

たとえば、ちょっとカフェのテーブルに置いたりすると、隣に座った人から「これ、何?」と話しかけられて会話が生まれたり、スタジオで教えている子どもたちも、この子を勝手に「監督」と呼んで、遊んでいたり。

こんなふうに、自然と人が集まってきて愛されてしまうんです。

みんな、これがペンケースだって気がつかないみたいですね。ぬいぐるみとして見られて、わたしだったら持ち歩いてそうって思われるのかもしれません。

もうずっと使っているので、くったりしてきていますけれど、洗ったらカサカサするだろうなっていうのがわかるので、洗いたくないんです。

眠るときに使うタオルケットみたいなものです。わたしの一部のように馴染んでいるので、きれいになってほしくないんですね。

この子は頑丈なんで、これからもずっと使っていきますよ。

1899d28c79c1a27f5b6fd5a1d7c909014e6af7bbD13b28a69df124ec87751fc9f6114f430ff8bb51
KaoRi/舞踏家、モデル
現在、演出・振付・指導を中心に舞踊家、モデルとして活動。写真家・荒木経惟のミューズとしても知られる。http://microcosmos-shimokitazawa.blogspot.jp/
Photo by 元家健吾

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

きっちりと作り込まれた革製品も好きだけど、ラフに素材を活かしたものも好きです。〈エンリーベグリン〉のペンケースは、断然後者。オミノ(※刺繍されたブランドロ...
クラウドファンディングサイトで話題となったペン型マルチツールの「mininch」。ペンに加えてプラス、マイナス、スクエアといったドライバービットを収納。男...
あんまり思い出の品とか、大切にするタイプじゃないんです。専門の洋服も、どちらかというと新鮮味のあるデザインや機能に惹かれます。ヴィンテージもいいけど、新し...
やっぱり文具は定番品がいい。長年愛されて存在し続ける理由がそこにはあるのだ。僕が使っているメモのセットは、メモパッドの定番中の定番、〈ロディア〉の「NO....
自分にとって“移動”というのはとても重要なことで、だからこそ、機動性のためにもできるだけモノを持ちたくない。仕事上、ノートPCとスマホは仕方ないとして、現...
数年前、全500色の「色えんぴつ」が発売され(25本ずつ20ヶ月で完成)て話題となった。が、こちらはじつにその3万2,000倍。およそ1,600万色以上を...
このペンさえ一本持っていれば、あらゆる色が使えるーー。そう言っても過言ではない未来的なアイテムがコレ。使い方はカンタン。ペン尻を対象物に近づけて、ボタンを...
カバンの中でくしゃっとなりがちのティッシュは〈comma〉の本皮ティッシュケースで。生活必需品をちょっぴりお洒落に持ち歩ける!
〈無印良品〉の「パラグライダークロスたためるシューズケース」はセパレートタイプになっていて、小さいデイバックの中でも整理しやすいです。
会議中や授業中にストレスを感じたり、ちょっと退屈していたり。そんなときにこのペンを使うと、集中して作業を続けることができると開発者はいう。ところが、正直言...
使いたいときに油性ペンのインクが出ない。俗に言うインク切れは、ほとんどの場合ペンの内部でインクが乾いてしまっているのが原因。つまり、この“乾き”さえ解決で...
年に何度か視察を兼ねてアメリカへ。向こうに滞在中は、1日に何店舗もまわって、とにかく食べる、食べる(笑)。そんな僕の旅の必需品が、整腸剤とこの洗剤です。正...
どれだけ画期的であるかは、以下の映像をチェックすればよくわかる。とはいえ、3分近い動画を丸々見る必要はない。最適な場面からスタートするように設定してあるの...
僕は、絵を描くのが苦手。小学生の頃から美術の時間がイヤだったし、評価もそれはそれは悲しいもの。まあ、それほど気にしていたわけじゃないんだけど、「もう少し上...
イタリアの「Forever Pininfarina Cambiano」は、永遠に書くことができるインクレスペン。「永遠」の響きだけで、かなり興味がそそられ...
現在クラウドファンディングサイト「Indiegogo」で、ChargeWriteというペンが大きな話題を集めています。これ、スマホに特化した「多機能ペン」...
スマホのサイズが大きくなってからはバンガーリングや、チェーン付きケースのように、+αで工夫するアイテムも増えているけれど、YANKO DESIGNの「スマ...
これからのお絵描きは3次元!立体を描けるペンがあるってこと、知っていましたか?このペン、第1弾のモデルが2013年12月に発売されて話題になったもので、ペ...
超限定生産の「シャビーなiphoneケース」。立体的な錆の具合など、アメカジ、軍モノなどのキーワードが好物の人にはたまらない仕上がりです。
店頭のショーケースに並ぶ食品サンプルが、訪日外国人に人気なのはよく知られている事実。精巧に作られたそれは、お土産として買い求める人も多くいるほど、日本文化...