お箸のトレーニングに最適な「エレファントスプーン」って知ってる?

子どもがパクパクと自分でご飯を食べれるように。いよいよお箸のトレーニングを開始!でも、なかなかうまくいかない…。そんな悩みを解決するスプーンが登場しました。

お箸の握り方がいまだに変な僕も、小さい頃にこの「エレファントスプーン」を使っていれば…。

お箸をもてるようになる
3ステップ

A217016115a65512712a109258e5b3078d8e92e4

ぎゅーっと握るスプーンから、器用に持たなきゃいけない「お箸」って、握り方がぜんぜんちがう!

子どもからしても、いきなりお箸にかえるのって大変なんです。そこ行くと、このエレファントスプーンはまさに、お箸とスプーンの中間

にぎる

5e14004301b18c6ad1a8f818737ece8c33cd11ab

つまむ

8835d35aeb58bbbed5e8b8dd1644cf10f21d6850

箸をもつ

281c15bcdf648feb394608a6bd652b26a9f42aaa

人差し指と親指でつまむように持つと、お箸や鉛筆で持つ指に近いかたちで持つことができます。

つまり、スプーンを使いながらお箸の持ち方に慣れることができるんです。

きっかけは子育てを終えた
ママさんの思いやり

97a19f15763e7f37216278a5f3d522f2f96987be

子どもには早くお箸を持てるようになってほしいけど、無理やり練習させるとご飯を食べるのが嫌になっちゃうかもしれません。でも、売られているトレーニング用のお箸には「2歳〜」なんていう表記が入っていて、思わず焦っちゃいますよね。

「その悩み、わかる〜」

そんな子育てを終えたママさんがつくったのが、このエレファントスプーンでした。お箸のように三本の指で握れる形が、一番の特徴。まるで、ゾウさんがごはんをすくうような愛らしいフォルムが名前の由来です。

子どものことだけじゃなく
地球のことも考えてるんです

818ba825ffd4b42f25f7dada4b743aa017592baf

使用しているヒノキは、「良(ヒ)の木」とも言われるほどの優しい木材。エレファントスプーンは国産ヒノキの端材から作られているリユース商品だから、エコなんです。そんな地球にもお子様にもやさしいこのスプーンのお値段は0〜2歳向けが3,200円、2〜6歳向けが3,500円となっていて、お財布にはちょっぴりきびしめ。

だけど、無理せず、焦らず、じっくりとお箸のトレーニングがしたいなら、ぴったりのカトラリーだと思いませんか?

Licensed material used with permission by ARIGATO GIVING
大量に消費され続けているプラスチック製のスプーンやフォーク。日本でもコンビニでお弁当買ったときなどに必ずと言っていいほどついてきますが、インドでは年間12...
できたてのハンバーグステーキが、じゅうじゅうと音を立てながら運ばれてくる。そんな様子を、思い浮かべてみてください。こんな時、どうしても「お箸で食べたい!」...
ここで紹介したいのは「はしながおじさん」というプロジェクトの存在。これは、対象のお箸を購入すると、それとまったく同数のお箸が児童養護施設の子どもたちに贈ら...
畳に使われる「いぐさ」が実は食べられるってことを知っていますか? 食物繊維はレタスの約60倍で、お腹の環境を整えるのに抜群の効果を発揮してくれるそうです。...
使いやすく、洗いやすく、収納しやすい。そんな三拍子そろった、魔法のような計量スプーンが登場。これさえあれば、大さじと小さじを使い分けなくともひとつで事足り...
「西洋のカトラリーに劇的な進化があったかといえば、この2世紀ほど、じつはほぼ何もないに等しい。もしかしたら、そのことが原因で食べることのよろこびが希薄にな...
子どもが不機嫌になって泣くと大人は叱りつけ、失礼な態度をとると注意する。よくよく考えると、私たちだって同じことをしてしまうことはあるのに、どうして子どもだ...
箸置きはもういらない!と言わんばかりの便利な道具が開発されました。ひし形に設計されており、持ち手を重くすることで、テーブルに置いても先端部分が浮く仕組み。...
イギリスの医師マイケル・モズレーは、BBCのプレゼンターとして、また科学・医学番組のプロデュースも手掛けるなど、マルチな活躍でお茶の間に知られた人物。この...
たったスプーン一杯で、250,000枚の写真(1000万画素で)が保存できるというのは、想像したら、スゴイ未来だ。 UKのWiredで紹介された次世代のハ...
結婚式やお葬式の際、ご祝儀袋や不祝儀袋はどのように持参するのがマナーなのか知っていますか?ふくさに包んで持っていくことは知っていても、渡し方や色の選び方ま...
わが家に二人目の子どもが生まれたとき、パートナーと同じくらいに僕が感謝したのは2歳年上の長男でした。なぜって、彼のときは日々の子育てがつねに手探りだったか...
目に入れても痛くない娘。同性だからこそわかる想いもあり、その思い入れはひと塩。反対に、同性だからこそライバルにもなり、ぶつかってしまうこともある。なんだか...
ごぼう=初冬、のイメージが強いかと思いますが、夏に旬を迎えるのが新ごぼう。そんな旬の新ごぼうをあえて「洋風のマリネ」にしてみました。こうすることで、ビック...
冠婚葬祭のマナーに不安を感じることってありますよね。ここでは、結婚に関する忘れがちなマナーについていくつか紹介します。当たり前かもしれませんが、もう一度チ...
数年前、中国の遊園地の植え込みで親が子どもにオシッコさせている! というニュースが日本でも話題になりました。衝撃を受けた人もいると思いますが、1年の半分を...
子どもができたら毎日がお祭り騒ぎ。ここで紹介するのは、そんな妊娠中や子育て中の女性に起こりうる、生々しい瞬間を表現した写真集です。決して脅かすわけではあり...
高校生が制作した、乗車マナーの向上を呼びかけるポスターが、ちょっとした話題を呼んでいます。“学生目線”で大人のマナーを指摘するその内容は、的を得ていて深く...
知っても知らなくても生きていける。でも、知ってたほうがちょっぴり得をすることってありますよね。今回『モノの見分け方事典』から紹介するのは、そういう豆知識的...
「保育園落ちた日本死ね」の匿名ブログをきっかけに、待機児童問題が一気にフィーチャーされたことは記憶に新しいですが、世界を見渡せば、日本社会が参考にしたい子...