約340年前につくられた「ドアロック」には、謎解きのような楽しさが詰まっていた

ネットやAIが急激に発達している現代では、技術というとなんとなく無機質なイメージ。毎日触れているのに、どこか近寄りづらい印象すらある。

でも、その根底にある人の技というのはわりと血の通ったもので、昔のものだって侮れない。1680年頃、イギリスの鍵屋だったジョン・ウィルクスによって作られ、今はアムステルダム美術館に収蔵されているこの「ドアロック」は、私たちにそんなことを教えてくれる。

3つの仕掛け
あなたは気付ける?

797d8ada1b9ab151c3d5809306496b522cd17dfa

一見、銅版画のようだが、実は宝石など貴重なものを保管する部屋のドアに使われていた二重施錠の防犯用品。精巧なのはそのデザインだけではない。驚くべき仕掛けが3つほど隠されているのだ。

01.
帽子のスイッチで
簡単施錠

まずは男性の頭部に注目。一見ただの飾りのこの帽子は、実は左に傾けることができる。すると二重にある鍵の簡易的なほうのボルトを一瞬でしめられるのだ(写真をよく見ると帽子のすぐ左にスライドの跡がうかがえる)。

開け方も簡単。普通のプルノブに見えそうな左中央の大きな取っ手を、男のハットを傾けながらまわすと解錠。

でもこれだけじゃ宝物を守るのには不安かも。メインボルトのほうまで二重にロックしたい時には、そのための鍵が必要になる。その大事な鍵穴がこんなに大きいと、目立ってしまう気もするけど…。

02.
脚を上げ下げして
鍵穴を隠す

実は鍵穴は、男の脚で隠せるのだ。下部中央の釘か何かのようにみえる小さなボタンを押すと、足が上に持ち上がり鍵穴が現れる。写真は持ち上がった状態。普段は脚を下ろして鍵穴をすっかり隠してしまえば、泥棒は鍵を開けようにもどこからとっつけばいいかわからないし、もしかしたらこれがドアロックだとも気づかないかもしれない。

帽子や脚が踊るようにぴょこぴょこと動くのは、見ていても面白く、物語に出てくる隠し部屋のような不思議な魅力がある。現れた大きめの穴に透し彫りの鍵を差し込み、何回か回すと、しっかりとしたメインボルトが目一杯施錠される。

03.
開けられた回数も記録

鍵が開くと右のダイヤルが少し回って、男のもつ槍状のポインタがさす先の数字が増える。実はこのダイヤル、主人のいない間に何回鍵が開けられたかカウントしてくれるものなのだ。このことから「dectector lock(見破る錠)」とも呼ばれる。数字が100になると鍵は開かなくなるそうだけど、いない間に100回も開けられたら、さすがに宝物庫も空っぽなのでは?

ちなみにダイヤルは、男の襟元にある小さなボタンを押すことで0に戻すことができる。もし100回開けられてロックされてしまっても、安心だ。

A6946166c6f5cd3adc305bc20b7a6c392cca6d5f

この美しくも遊び心溢れたドアロックは、今でいう「スマートキー」のようなもの。17世紀のものなのに、今見ても驚く。どこか懐かしい、人の温もりや茶目っ気もたっぷりだ。泥棒だって、この鍵に煩わされつつもどこか楽しくなってしまいそう。

たくさんの秘密が詰まったこのロックが、秘密の宝庫を守ってるなんて、なんだかとてもロマンチックだ。技術を進歩させるのはいつの時代も、人々のロマンなのかもしれない。

実際の動きはこちらの動画へ。百聞は一見に如かず。芸術的な仕掛けに心踊るはずだ。

Licensed material used with permission by V&A
キーケースから鍵を出す、あるいは、ナンバーロックを打ち込む。「Ola」ならそれらの動作は必要ありません。ドアノブに手をかけるだけで、家主を指紋認証。1秒足...
ドアマンという職業を知っているだろうか。ホテルやレジデンスのドアをひたすら開け閉めする、あのお仕事。表舞台に出ることのない仕事人からこそ、彼らから学べる姿...
イギリスやアメリカで活躍するフォトグラファーのSam Golanskiさんは、一風変わった写真を撮っている。それは、ニューヨークのドアマン。昔ながらの変わ...
大勢のお客さんの前で歌うロックスター。さぞかし気持ちがいいでしょうね!そんな姿に憧れたことがある人も多いでしょう。そんな思いを察してか「誰の中にだって、ロ...
毎年クリスマスが近づくと話題になるイギリスの百貨店「ジョン・ルイス」のCM。2015年11月5日に新しい動画が公開となり、今年も胸に響いた!と評判に。無性...
捨てられた鍵や古びたコインも、創造力とノウハウさえあれば、見事なアート作品に化けてしまう。オーストラリア出身のアーティスト「Morekey」ことMiche...
日本語にも方言があるように、ひとことで「英語」といっても国や地域によって使われ方はさまざま。中でも代表格がコレ。普段はそこまで意識していないけれど、以下を...
「Kickstarter」に登場した、世界一スマートなデジタルメジャー「Bagel」。まず、測定法が3つ。1つ目はストリング式と呼ばれる定番の巻尺、2つ目...
「使える」かどうかは分からないけど、イギリスの不思議なスラングを紹介しましょう。英語の勉強に疲れたとき、少しでも役に立てばいいのですが…。ちょっぴり皮肉屋...
鍵は夢のなかで、精神世界の扉を開ける道具として現れます!では、細かくはどんな意味が含まれているのでしょう?<鍵の扱いに要注目>秘密や心の扉を開けるものを暗...
少年はある夏の日、奇妙な紙切れを見つけました。それはまるで宝物のありかを描いた地図のよう…。1枚の地図から始まる「リアル宝探しゲーム」、じつはこれがお母さ...
キッチンで野菜を育てて、収穫して食べる。とっても素敵で健康的なのはわかっているけれど、植物を育てるのはコツがいるもの。日に当てたり水をあげたり、ときには肥...
『Codex Silenda 』は、機械仕掛けのパズルが解けない限り、次のページに進めない仕組みの本!様々なヒントを頼りに扉を開いていく体験には、理解と実...
ミミガーや豚皮のおつまみのようにも見えるこのビジュアル。これが今、アメリカで密かなブームを呼んでいるお肉を使わないジャーキー。代用するのは、100%ココナ...
ゴッホやピカソ、ヘミングウェイなどアーティストたちに愛されてきた伝説のノート、モレスキン。黒い表紙をゴムで留めるデザインはシンプルで2世紀以上愛されている...
犬や猫のような見た目ながらも、骨格むき出しな見た目やカクカクした不気味な動きでたびたび気味悪がられていた四足のロボットたち。ただ、その能力は高く、悪路走行...
ごく普通のカップルの結婚式が、メディアで話題となり、「式の動画が涙を誘う」と注目を浴びているのは、いったいなぜ?それは、このカップルが4年半の長きに渡り貫...
1976年ミネソタ。冒険とハンバーガーをこよなく愛するH.RockwellとJ.Wattのふたりは、アドベンチャーバーガーというショップを開いた。『BUR...
よく考えてみると、私たちは、一年で何度はんこを押すだろう?たとえば、サラリーマンは見積書や承認時など、それなりに押す機会はありそう。じゃあ、主婦はどう?パ...
近年では、世界中の風景をストリートビューで見られるようになりました。ストリートビューは、地図としてはもちろん、その場所に行かなくても旅行した気分を味わうこ...