誤解も多い「精神障害」を、AtoZのイラストで表現するアーティスト

22歳のSonaksha Iyengarさんは、インドのバンガロールを拠点に活動するアーティスト。彼女が描くイラストシリーズ「#AtoZofMentalHealth」は、精神的な障害についての誤解を、アルファベットの文字で解きほぐしていくというもの。

形がない、目に見えないからこそ、誤解も多い精神障害。

ABCを学ぶように、メンタルヘルスについての理解を深めてみませんか?ここでは、その一部を紹介したいと思います。

【B】
BIPOLAR DISORDER
「双極性障害」はかんしゃくじゃない

双極性障害は、気分が異常に高揚する躁状態と、極端に落ち込む鬱状態を行き来する障害。

急に変化する気分に、本人も振り回されてしまうのだそう。

【D】
DEPERSONALIZATION
「離人症」は作りものじゃない

まるで、自分を外から見ているかのような気分になる離人症。

何もかも他人事のようになったり、自分自身が見知らぬ人のように感じられるそうです。

【I】
INSOMANIA
「不眠症」は自慢することじゃない

本当に不眠症で苦しんでいる人は、眠りたくても眠ることができず、日中も疲れ果てています。

「寝てない」なんて、自慢できることではありません。

【K】
KLEPTOMANIA
「窃盗症」は都合のいい言い訳じゃない

窃盗症は、衝動的に盗みを働いてしまうこと。

本人の意志ではなかなかコントロールできず、盗みそのものが目的なので、経済的にまったく価値のないものを盗んでしまうこともあるそうです。

【M】
MOOD DISORDER
「気分障害」は克服しようと思って
できるものじゃない

気分がどうしても落ち込んだり、逆にハイになってしまったりすること。

元気を出そうと思って出せるわけではありませんし、落ち着こうと思って落ち着けるものでもないのです。

【P】
PTSD
「心的外傷後ストレス障害」は
弱さの証拠じゃない

命や、その後の人生に大きく関わるような出来事が起きたとき、その心の傷からさまざまな症状が出てしまうと言われるもの。

PTSDも人間のメカニズムの一部。決して「心が弱いから」ではないのです。

【R】
REM SLEEP
「レム睡眠」はとても大切

睡眠には、眠りが浅いレム睡眠と、深いノンレム睡眠があります。

人はレム睡眠中に夢を見ていますが、普通は体を動かすことができません。夢遊病などのレム睡眠行動障害は、このレム睡眠中に夢で見た通りに体を動かしてしまうのです。

【S】
SCHIZOPHRENIA
「統合失調症」の人は危険ではない

かつては「精神分裂病」なんて呼ばれ方もしていた、統合失調症。考えや感情がうまくまとまらなくなり、妄想や幻覚などにも悩まされます。

勘違いされがちですが、うまく会話ができなくなったりすることはあるものの、必ずしも暴力的になるとは限りません。

【T】
TRICHOTILLOMANIA
「抜毛症」は好きでやってるわけじゃない

髪の毛をはじめとした、毛髪を自分で抜いてしまう病医。その原因はストレスとも脳の異常とも言われていますが、はっきりはわかっていません。

確かなことは、本人が望んでやっているものではなく、やめようと思ってやめられるものではないということ。

【W】
WORRYING
「心配性」は自分では振り払えない

不安障害のなかには、さまざまなことが心配で仕方がなくなってしまうものがあります。広い場所や、人と話すことなど、異常な恐怖を感じる対象もさまざま。

他の人から見れば「気にしなければいいのに」と思うような些細なことでも、自分では振り払えないからこそ、苦しいのです。

Licensed material used with permission by Sonaksha Iyengar, (Instagram), (Facebook)
「社交不安障害」とは、自身への否定的な評価に強い不安を感じてしまう精神疾患の一つ。かつては「社会不安障害」と呼ばれていましたが、2008年により実態に近い...
誰にだって眠れない夜はあるものです。大事なプレゼンの前日、人生の転機、つらいことがあった夜。そんな日は、不安な気持ちがなかなか消えず、モヤモヤしてしまうこ...
JessicaとLiannaの姉妹は、電動の車イスで暮らす、身体障害者。デザイナー兼イラストレーターであるふたりは、自分たちの日常をイラストで紹介していま...
不安障害、パニック発作、うつ。昔に比べると「心の病」についての理解が進んできたとはいえ、まだまだ見ためには分からない病気を抱えた人たちは、生活に苦労が絶え...
アーティストのフェデリコ・バビーナさんが公開した「Archiatric」という新しいプロジェクト。これは、心配性やうつ症状などの心の病気を、それぞれ異なっ...
こちらのリアルな氷山。一見すると、写真で切り取られたもののように見えますが、イラストなんです。それだけでもビックリなのですが、実はさらなる驚きが…Imag...
リハビリ機能を名目にした施設ではなく、障害を抱えていても健常者と同じように肉体を鍛えるためのトレーニングジム。言われてみればこうしたジムは確かに少ない。こ...
キア・ブラウンさんは、ニューヨークに住む25歳の女性。脳性麻痺を抱える彼女は、自分自身の写真に「#disabledandcute(障害があっても私はキュー...
芸術家肌かどうかは、遺伝子でわかる?そんな調査結果が科学誌「ネイチャー」に発表されました。特定の遺伝子パターンを持っているかどうかで、アーティストの創造性...
アメリカでは約2,000万人の女性が摂食障害に苦しんでいて、女性の約200人に1人が拒食症、100人に1人が過食症だと言われています。摂食障害の治療は道の...
どちらも、組織を率いる“長”であることには変わりありません。が、両者の本質は明らかに異なっているようです。その差は米メディア「WittyFeed」で紹介さ...
愛犬の仕草や、表情の意味を知りたいと思ったことはありませんか?ここで紹介するのは「Little Things」で掲載された、犬の愛情表現をイラストで表した...
愛は美しい、というイメージがありますが、本当にそうなのでしょうか?得るのは困難なのに、失うのは簡単。人を狂わせ、時には死へ追いやることすらあります。ここで...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
ここに紹介する一風変わった写真は、鬱病と診断されたあるカメラマンが撮影したセルフポートレイト。この心の病を患うと、物事がどう見えるのか?これらの写真を通し...
人生には矛盾がつきもの。日常には小さな葛藤が溢れている。誰でも心当たりがあるシーンを巧みに切りとり、ユーモアで包んで表現しているのはセルビア出身のイラスト...
どんなに偉大な有名人だって、当然昔は子供で、ピチピチの若者だったわけです。そんな彼らの「今と昔」がわかるイラスト作品が話題。まるで親子みたいですが、必見!...
父と娘の絆を描いたイラストをInstagramに投稿するウクライナ人アーティストのSnezhana Sooshさん。いま、多くの人たちが静かにその絵に共感...
自由気ままな猫の行動って、ワンちゃんとはまた違った癒やしパワーを感じるものです。Little ThingsのPhil Mutz氏は、そんな猫の行動に現れて...
世界には、愛を現す言葉がたくさんあります。ここでは、イヌイット語からアラビア語まで、各地域で使われている恋愛にまつわる独特の言葉をご紹介。他の言語ではなか...