自分の作品は誰かを救えるのかという、どうでもいい考え

あの震災がおきた時、何をしていたか。
私は、それがあまりにも情けなくて今まで誰かに話すことがあまりできなかった。

震災があった3月11日、私は銀座のオフィスビルの中にいた。美大を卒業して1年ばかり。右も左もわからずただ一生懸命働いていた私は、オフィスビルで繰り返される揺れの中、机の中でMacbookを広げていた。仕方なかった。

その翌日からは会社が休みになった。忙しい毎日にブラックホールのように休みができた。仕事の再開は2週間後。あまりにもぽっかりと時間だけがあった。パンも米も電気も途切れ途切れだった。

 

情けないのはここからだ。会社から近かった私の家に避難してきた同僚や後輩たちがぽつりぽつりと帰って行き、家には私だけになった。東京出身だから実家に帰るということもなく、あるのは静かな時間だけ。
Twitterには優しい言葉や役に立つ豆知識や物資を運びますという言葉が並んだ。生理用品が足りないらしい。ビニール袋でカイロを作れるらしい。下北沢では自家発電で原発反対のライブが行われるそうだ。美大の写真学科の先輩も、カメラを持って現地に出向いているのをSNSで知った。

時間もある、美大も卒業したから制作の心得もある。けれど、私は沼のなかにいるように何もできなかった。それまで人の役に立てると思って写真を学んできたが、この真っ暗な東京や、まして現地にカメラをむけることなんて思いもつかず、朝から晩までぼうっとラジオを聞いていたら2週間が終わっていた。

2週間が終わる頃、それまでACのコマーシャルしか流れなかったテレビでお茶漬けのそれを見たら涙が溢れた。情けない。何もできなかった。誰の役にも立たなかった。その後数年間カメラを触りもしなかったと思う。私の何かを作る行為は、結局何の役にも立たないんだということに勝手に悲しんでいた。

6年が経って、あるプロジェクトを手伝うことになった。宮島達男さんという現代美術家の作品制作のクラウドファンディングだ。

876a958f79b881b32bf5ff5527bf5d0f48d2ce8c

宮島さんの作品はLEDが明滅するデジタルカウンターを用いたものが有名で、このカウンターは1から9の数字を繰り返し表示している。0を表示することなくそれぞれが異なるスピードで動く様子は人の命を表している。

A154a254c3b0714e8a660055566932c99e82ad0b

出典:https://motion-gallery.net/projects/tatsuomiyajima
「時の海-東北」模型、(2016年プレ展示風景)

東北の津波被害にあった場所に巨大なプールを作り、そこにそのデジタルカウンターを沈めた作品をつくるのだという。二度と波が起きない穏やかなプールの底で、いつまでも明滅を続け命の光を灯すカウンターを思うと、まだ見ぬ作品に胸が震えた。

 

打ち合わせをしている時、驚いたことがあった。
宮島さんは震災が起きて3日で東北に行き、東北の方と一緒に泥かきをしたのだということ。途方もない量のがれきと泥とただひたすら戦ったのだという。その後も何度も東北に足を運び、ボランティアを行ったのだそうだ。
震災が起きて3日で東北に入ったということは、あの時の交通の状態を考えればおそらく即断だっただろう。私は自分の情けなさの正体がうっすらと見えてきたような気がした。

4260b963d171a3f1a23c1e8e81bfdfcc47856e1f

出典:https://motion-gallery.net/projects/tatsuomiyajima
石巻市内(2011年)撮影・宮島達男

自分の作品が何かの役に立つんじゃないかという驕り。または、どうやったら作ったもので役に立てるかという身勝手な思考。そんなどうでもいいことをグズグズ考えていたから、何もできなかったのだ。それを勝手に悲しみに変えて、意味のない無力感を味わっていた。

その頃宮島さんはを泥かきをしてがれきをよけて、ドロドロになりながら目の前の人を助けた。宮島さんにとって作品を作ることは当たり前のことで、泥かきをした思いのまま、作品も作った。そこに嘘も驕りもないから、圧倒的な説得力を持っているのだった。

 

自分の作品が誰かの役に立つか。世の中のためになるか。そんなことを考える人は多いと思う。それ自体はいいことだ。けれど、それが作品をつくることの足かせになっているのなら、作品かどうかは置いておいて今必要だと思うことをやってみるのもひとつかもしれない。制作することが手癖のように当たり前になっていれば、どこかで作品と結実することもあるのだから。

私はどうかというと、仕事のおかげで「どうでもいいこと」を考えずにシャッターをきれるようになった。仕事だから撮る。必要だから撮る。きれいだから撮る。手癖のようにもういつでも写真を撮れるから、いつか誰かの役に立ちたい時にもきっと自然に写真を撮れるだろう。

3月11日、震災に思いを巡らせる時間があるのなら、宮島さんのプロジェクトも覗いてみてほしい。どうやったら役に立つかな、なんて考えをすっ飛ばした行動力と誰かを想う気持ちが結実した作品だ。

そして、優しいあなたの作品はきっと誰かの役に立つ。
「どうでもいいこと」を考えてそれを難しくして、どうか制作をやめないで。

引用元:PARTNER
執筆:出川 光
もしあなたが夢の中で地震に遭ったなら、それは「現実世界が揺れ動く」ことの暗示。現在のあなたが好調で満足しているのであれば、突然のトラブルやショックを受ける...
2014年に文京区にオープンした『WALLS TOKYO』は、アートのセレクトショップだ。日本国内には数多くのギャラリーが存在し、そのほとんどで作品購入は...
「がんばろう!九州」、熊本県や大分県に甚大な被害をもたらした2016年4月の熊本地震以降、食で、旅行で、プロダクトで、スポーツで、さまざまな復興支援プロジ...
2016年4月14日と16日未明に、熊本と大分を襲った「熊本地震」。あれから1年と約半年。熊本出身者であり、当時、熊本で地震を経験した私の耳にうれしいニュ...
パブロ・ピカソの影響を受けたアーティストは、数知れず。パキスタン出身のイラストレーターOmar Aqilさんも、そんなピカソの独創性に魅せられたうちのひと...
智恵子は遠くを見ながら言ふ。阿多多羅山の山の上に毎日出ている青い空が智恵子のほんとうの空だといふ。これは、高村光太郎の『智恵子抄』の中に収められた「あどけ...
ダジャレでアート、DAJAART。それは、言葉でしかなかったダジャレをアートとして再現したもの。誰も見たことがなかった新しい世界感はクセになること必至です...
ひと言で「いい男」と言っても、その捉え方は様々です。映画やドラマに出てくる男性像をイメージするかもしれませんし、父親や上司など身近な人を思い浮かべる人もい...
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつです。
Netflixオリジナル作品『アート・オブ・デザイン』は、今世界中のクリエイターが注目しているドキュメンタリーだ。デザインやアートのドキュメンタリーって聞...
鉛筆で描く…のではなく、鉛筆を削ることで表現するアートが話題です。しかも芯だけではなく、鉛筆全体を使った創作が凄い!以下、その画像を紹介します。01.02...
「我々は他人と同じになろうとして、自分の4分の3を失なってしまう」アルトゥル・ショーペンハウアー(ドイツの哲学者)「Elite Daily」にライターのP...
2015年の訪日外国人の数は約1,970万人。2016年は2,000万人を超えることが期待されています。そうすると、訪日観光の目的としての「アート」はま...
2015年11月13日夜(日本時間14日早朝)、フランス、パリのレストランやコンサートホール、劇場など6カ所で、銃撃や爆発によるテロ事件が発生。捜査当局に...
震災からまもなく1年を迎える熊本。その節目となる4月16日(日)、表参道COMMUNE2ndで熊本の魅力を発信するイベントが行われます。この日だからこそ、...
東日本大震災から6年。自然の脅威を見せつけられたあの経験から、私たちは何を学んだのか。そう遠くない将来にまた起こると言われている「震災」に対して、どれほど...
斬新なタッチの油絵かイラストに見えますよね?でも、よーく見てみてください。妙にリアルな部分がありませんか?動きましたね?実はこれ、人に直接絵の具を塗ってい...
9千人近くの死者を出したネパール大地震から半年以上が過ぎた。けれど、復興はなかなか進まず、被災した人たちは苦しい生活を強いられている。そんな現状を多くの人...
次の仕事が見つかるまでは、今の仕事をやめちゃいけない──。そんな世間の常識(?)を無視して退職し旅に出た、エイプリル・バークさん夫婦。彼らは、訪れた11ヶ...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...