同じことなのに、男女でこんなに違うのはなぜ?

昔に比べれば、「男だから」または「女なのに」といったジェンダー差別発言は少なくなってきたかもしれません。しかし、男女の見られ方は今もまだ随分違います。

そもそも、男女の観点や考え方が大きくすれ違っている場合もあります。

Alex DiStasiさんと Nomi Kaneさんの一連の漫画をもとに、6つのシーンによって男女にどのような差が出るのか、見てみましょう。

01.
初デート

63a8051fa45b09a11b12ff072c23f0f633cc2a5f

男性「僕のことを変だと思っていないといいけど…」
女性「私を殺したいと思っていないといいけど…」

男性のほうは、自分が相手にどんな印象を抱かれているのか気にしがち。

一方女性は、相手を見極めようとしています。とくに、危険な人物でないかということを一番に考える傾向あり!?

02.
新しい仕事

A077f64de29a0cf41713437065f0d177bb3fb917

男性に対する上司
「素晴らしい仕事だ。君がこの会社で成長していく姿を見るのが待ちきれないよ」

女性に対する上司
「よく頑張ったね。ともかく、今日の君はとても可愛らしく見えたよ」

同じ内容のプレゼンテーションをしても、男性は上司に内容をしっかり認められていますが、女性は内容そっちのけで容姿を褒められています。

当然、言葉を受け取ったふたりの表情にも違いが…。

03.
スタイル

B070a2ba6a1363d9352912f3326dd681c1d4efe7

これから出かける、ふたりのファッションの違いは?

男性はさわやかな雪山の匂いのデオドラントスプレーを使い、一度しか洗ったことのないジーンズを穿き、彼が持っている中で唯一穴が開いていない靴を履いています。とてもラフで気軽な、時間のかからない格好。

一方、女性は12着ある服はすべて体型に合わなくなったので新しく買ったワンピースを着て、お医者さんで処方してもらったデオドラントにクッキーのような匂いがするバニラの香水をつけ、3時間かけて髪型を整え、アイラインを7回書き直しています。

「完璧!」と思える状態になるまで、ここまでの差。

04.
家族からの言葉

69091ecd3699f52b01c46611f0d7d72736ee24df

男性に対するおばちゃんの言葉
「学校や仕事は順調かね?」

女性に対するおばちゃんの言葉
「まだ妊娠してないの!?」

ふたりの意思とは関係なく、男性には社会的な立場を求め、女性には家庭で子どもをつくることを促すような言葉をかけていますね。 

05.
外出先で

D621d0515d0c53456ed95e9e9cf5842fc074492b

男性「もしもし?あ、ちょっと待って。前を歩いてる女の子が俺のことをすごく気にしてるんだ。声かけたほうがいいよね、僕の番号が知りたいのかもしれない」

女性「もしもし?今バーの帰りなんだけど…ちょっと待って。後ろの男がこっちに手を振ってるの。怖いからこのまま電話を切らないで!」

偶然、同じ道を歩いている男女ふたり。男性はとてもポジティブですが、女性は恐怖を感じるほど。お互いの考えは、なかなか噛み合わないものです。

06.
バースコントロール

Ffecc3e4bce573a89ede4131a0a227a4f8172ffc

バースコントロール。つまり避妊をするときの男女の状況の違い。

男性は「コンドームを使えばいい!」以上です。周りからも避妊具を使うことに何の否定もされません。

一方で、女性がバースコントロールをすることは、ときにネガティブに捉えられることも。アメリカの場合、ピルをもらうにも医者の処方箋や保険や地方自治体によって対応はまちまちです。とくにアメリカの保守派は女性のバースコントロールに否定的なので、一層厳しい状況とも言えます。

男性も女性も幸福に過ごすには、まず最初の一歩としてこの違いを理解することが大切なのかもしれません。

Licensed material used with permission by ALEX DISTASI, NOMI KANE
ピンク色で連想するのは女性?それとも男性?1900年代初頭まで、「ピンク」は赤の一種とされていて、火やエネルギーを表し、男性と繋がりが強い色だったそうです...
男女平等は大切だけど、やっぱり男性と女性は「違う生き物だなぁ」と感じることっていっぱいありますよね。男性と女性は、生物学的にももちろんですが、社会的な行動...
ここで紹介するのは、デンマークの広告会社がインターネット上でも男女平等を実現しようという目的で行った社会実験動画。内容を知ると、彼らの平等に対する考えがい...
「あなたにとって、完璧な体型ってなんですか?」イギリスの下着ブランドBluebellaが男女にこの質問を聞いたところ、両者の間で理想としている姿が違うこと...
以前に比べれば、女性の社会進出が推進される時代になってきましたが、まだまだ女性が正当な評価を受けるのは難しい。そんな現実を、子どもたちはいったいどう感じる...
駆ける馬、舞う砂塵、荒ぶる無頼、鳴り響く銃、薫る硝煙、そしてカウボーイハットの下から覗く鋭い瞳。アーティストのフェリス・ハウス(Felice House)...
男女平等や女性の社会的権利を訴える方法を考えると、まず思い浮かぶのは「デモ」に参加すること。その他といえば、イラストや写真を使って表現するといったことだろ...
感覚の差をお互いに理解するのは難しいもの。とくに、男女でSEXの捉え方が全然違うというのはよく耳にする話ですが、どう感じているかにはそれぞれちょっとした特...
ときには心の癒しとなり、ときにはコミュニケーションを円滑にしてくれる、お酒。1万年以上の歴史を誇るだけあって、文化的にも重要な存在であることは言うまでもあ...
男女平等の権利を訴える活動は、いま世界各国で行われています。アメリカの独立記念日に際して行われたキャンペーン「#PasstheERA」では、デザイン業界・...
あくまで、アメリカにおける20代、30代の恋愛観を前提にした、こちらの記事。ですが、ライターPhoebe Parsons氏が主張する通り、恋愛においてあれ...
女性の活躍が進んでいるとはいっても、人数としてはまだまだ男性の方が多い政治の社会。もしもそれが、逆転したら?そんなイラストを公開した「College Hu...
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...
「European Review of Social Psychology」に掲載されたノースウェスタン大学とインスブルック大学による研究・統計によれば、...
男女の違いがあるとよく言いますが、果たして私たちはその男女の性別の違いをどこまで理解できているのでしょうか。男女の違いや平均値などをざっくりとまとめた動画...
ネットで知り合った美女やイケメンが、もしも実際ものすごく太っていたら・・・その反応が男女によって大きく違うことを示した、ある社会実験ビデオが海外で大きな反...
IT系企業の採用面接に向けて、インタビューのスキルを向上させるオンラインサービス「Interviewing.io」の女性CEO、Aline Lerner氏...
世界を変えられるとしたら…こんな質問に下は5歳、上は105歳までの男女が、「if」の世界を言葉にしている。意外にも、ほぼ全員が“誰かのため”に世界を変えた...
街中でのナンパは多くの場合で男性が女性に声をかけることが多い。時には女性が不愉快な言葉を投げかけられることもあり、特にアメリカでは、問題視されている。もし...
先進国では男女平等の意識が高まりつつあるかもしれませんが、世界にはまだまだ「女の子だから」という理由でつらい思いをしている子どもたちがたくさんいます。ガー...