20年以上「カタツムリの軌跡」を撮り続けている男

一風変わったプロジェクトが始まったのは、もう20年以上も前のことだ。

「突然、チャンスが目の前に転がってきた感覚を覚えた。もちろん『これがしたい!』と求めていたわけではなかったけれど、そんなことのほうが、かえって面白い場合もありますよね」

ことの次第をそう振り返えるのは、写真家Daniel Ranalliさん。マサチューセッツ州・ケープコッドの干潟で、ふと目にした光景に心を奪われた。

この動きを
どう捉えればいい?

彼の足元には、何匹かのカタツムリとそれらが移動した跡が。それを見て「軌跡には無数のパターンがあるのでは?」と思い、なんとなくカメラを構えたのだそう。

と、サラッと書いてしまったが、その着眼点に驚かされる。

2cacfdc08737f068a789ebd46afeb8ebb95a5729

そうしてスタートしたのが、この「Snail Drawings」という写真プロジェクト。複数のカタツムリをさまざまに配置し、それぞれが動いた軌跡を撮影するというものだ。

Before/After

F6adae1661c8230092655603b6f35c8060fd412720355f5219208e0727980fcaf005ca70e3ec6468398badd5de3c7be33ee240a472402b6c2b7412c5F6b2c443c5434050722f506bafb799624af90f2202a81300f24144dbabd2e1d414bfc1bcdb7b356f83fa7f7a34679d52a5c7c14fa27ad4019965c1bd6c001a121b6232c6b89a65d9f87f3dd4c9f50e73

正直言って、ここから何を読み取ればいいのかは分かりかねる。そもそもこれは、アートなのだろうか?それとも、生物学的な実験?Danielさんの言葉を聞くかぎりは、両方の性質を兼ね備えていると言える。

「私は、科学の文脈の中でアートが果たす役割に興味がありました。だからこそ、これらを写真として記録する必要があったのです。

20年以上この活動を続けてきて、彼らの行動について学ぶことができました。基本的には水に向かって動き、暑いときはあまり動きません。以前は数分歩けば30〜40匹を簡単に見つけることができていましたが、今ではその半分程度しか見つからなくなってしまいました。いろいろな発見がありますね」

183cbe246c76f97bc0653ab17cda9e4732602629

カタツムリの軌跡を見たことがあるという人は、決して少なくないだろう。しかし、それを観察し、写真として切り取りつつ、アート・生物学的な資料としての価値をも付与するなんてアイデアは、まず生まれないのではないだろうか。

Licensed material used with permission by Daniel Ranalli
大英博物館やテート・モダンなど、名だたるミュージアムを数多く抱えるロンドン。先日、この街のとあるギャラリーで開催されたのが、犬のための現代アート展です。「...
「寒天培養」と聞いてピンとくるでしょうか。ナニソレ?という人のためにちょっとだけ説明すると、つまりはシャーレの中に寒天培地をつくって細菌を培養すること。培...
過疎化に悩んでいるのは、日本の田舎に限った話ではないようです。ここ、イタリアのチヴィタカンポマラーノ(モリーゼ地方)は、人口600人ほどの小さな村。年々進...
「もしも、データに強いコンピュータと、創造力溢れる人間がコラボしたら、どんなアートが生まれるんだろう?」ニューヨーク大学の大学院生でプログラマーでもあるア...
作品を制作した堀内辰男さん(75歳)は、パソコン画を始めてから15年、今も新作を発表し続けている、海外でも話題のデジタルアーティストです。驚きなのは絵を描...
パブロ・ピカソの影響を受けたアーティストは、数知れず。パキスタン出身のイラストレーターOmar Aqilさんも、そんなピカソの独創性に魅せられたうちのひと...
夜、みんなが寝静まったころ、おもちゃたちが勝手に動きだして、おしゃべりをし始める。子どものころ、そんな空想を思い描いたことはないでしょうか。普段、モノとし...
世の中には、変わったアートもあるもので…。ここで紹介するのは、海外で使われている硬貨に大胆にもペインティングしてしまった変わり種。日本円だと罰せられる可能...
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...
キャッチーな壁画やアートを背景に撮影する「ウォール・スカウティング」。インスタグラムの世界では、すっかり定着した感がある。が、それを一歩進化させたのは、女...
2015年の訪日外国人の数は約1,970万人。2016年は2,000万人を超えることが期待されています。そうすると、訪日観光の目的としての「アート」はま...
皮膚やコブをまとったままの恐竜(ノドサウルス)が発見されたというニュースに、目を疑ったのは私だけではないはず。でも興味がなければ、スクロールに消えてしまっ...
「卒業旅行は、海外でアートに浸りたい!」思い浮かぶ候補地は、ニューヨーク、ロンドン、パリ、フィレンツェ…あたりだろう。美術館でじっくりと鑑賞する。勿論、そ...
一見、何でもない街中の写真。でも、よく見ると「目ん玉」があるではないですか!?目ん玉を仕掛けたのは、スウェーデン出身のクリエイターSpader &...
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
「マステ」は、株式会社マークスのマスキングテープブランド。現在、これを使ったアート展が東京・表参道ヒルズで開催中。色鮮やかでカワイイ作品に対して...
米・ロサンゼルスに拠点を構える「Geronimo Balloons(ジェロニモ・バルーン)」は、その名の通り、バルーンアートで話題になっているスタジオです...
チーズや鳥小屋を模した、一風変わったツリーハウスが点在する空間。ここは、長野県小諸市にある「安藤百福センター」の森の中です。そもそも、安藤百福センターとは...
ライティング、音響、そしてブロジェクションマッピングを用いたデジタルアートで、海の中の世界を演出するプロジェクト。いまや水族館の新たな魅力を引き出す手法と...