無茶でしょ!と思ったけれど意外と回れるかもしれない「24時間ロンドン弾丸プラン」

長期休暇でせっかく海外へ行くなら、できるだけ多くの街を巡りたい。そんな旅が好みの人に、とっておきの記事を紹介しよう。

「Central London Apartments」が提案するロンドン満喫プランなら、たった1日で見どころを網羅することが可能。ただし、24時間で24箇所を回るという「弾丸中の弾丸計画」だ。

面白いポイントは2点。ただ予定を詰め込んだだけでなく、時間ごとに最高のチョイスで1日をプロデュースしてあるところ。そして、「いやいやそれは無茶でしょ」と思いつつも、案外移動距離は妥当で、合間合間に息抜きもあり、頑張ればできてしまうのでは?という絶妙なリアリティーを伴っているところ。

AM6:00
街一番の朝市を見て回ろう

F456e1fa3064fa6f61f273de16fdc8a9d48749ec

さぁ、まずはニューコベントガーデンマーケットへ。ここは街で一番の花市場。カゴを持って行って好きなだけ花を買うのも良いし、買う気が無くとも視界を埋め尽くす“花の海”や買い付けに来た人を見るだけでも訪れる価値がある。

花瓶やイベント用の小物、フレッシュな野菜や果物なども売っているので、色々と見て歩いたり人と話をするのも楽しい。

AM7:00
伝統的なイギリスの朝食を堪能

ひととおり市場を見て回ったら、周辺エリアで伝統的なイギリスの朝ごはんを楽しもう。ここでポイントなのは新しいチェーン店ではなく、「古くて薄汚い安食堂のようなカフェ」を選ぶこと。地元密着なカフェで真のイングリッシュ・ブレックファーストを堪能しよう。

めまぐるしくも冒険に満ちた24時間は始まったばかり。ここでしっかりお腹を満たし、気合を入れて出発しよう。

AM8:00
国会議事堂を見学

D32dc9d0cf447373583973fcffceae20c55e1da7

準備ができたら、地下鉄に乗るかテムズ川沿いに歩いて、国会議事堂を見に行こう。早く着いて十分時間があるときは、国会議事堂で1日の仕事が始まるまでの間、ツアーガイドに中を案内してもらえることもある。

中では美しい会議場や豪華絢爛な女王の着替え部屋、クラシックな王室のギャラリーを見ることができ、素晴らしい目の保養になるだろう。

AM9:00
ロンドン・アイに乗ろう

9d6ddc0a9481399921d417ca543d86f995b9cbff

次はウエストミンスターブリッジを渡って、1999年開業の巨大観覧車「ロンドン・アイ」から街を一望しよう。ここは旅行者にとってはマストのスポット。特に朝、1日の始まりにロンドンが目覚め始める様子をはるか上空から見下ろすのは格別の眺めだ。

AM10:00
コーヒー片手に芸術を満喫

ロンドン・アイから降りたらすぐ隣のサウスバンク・センターを訪れよう。ここは芸術関連の複合施設で、ロンドンの中でも特にアツいカルチャー・スポットだ。近くのお店でコーヒーを買って、それを片手にヘイワード・ギャラリーを見て回ろう。映画好きの人はその隣のFBI(英国映画協会)サウスバンクにも絶対に足を運ぼう。

AM11:00
 テート・モダンで現代美術見学

今度はサウスバンクから15~20分ほど歩いて、有名なテート・モダンギャラリーへ。様々な展示会や常設展では、国際近代・現代美術の作品を見ることができる。

AM12:00
最高の景色を見ながらランチ

43cfd75cf2e92021ae33273cfb3456f021a55c80

ここまででも既に随分盛りだくさんだけど、まだ正午。素敵な景色を見ながらちょっと気取ったお昼を食べたいのであれば、ミレニアムブリッジを渡って「Northbank Restaurant And Bar」に向かおう。このレストランの眺めの良さは抜群。グローブ座や先ほど訪れたテート・モダンなどロンドンの名所の数々を含めた信じられないほど贅沢な景色を見ながらお昼を食べられるのだ。ミレニアムブリッジを見るのも大事なポイント。十分元気を取り戻したら、再出発。まだまだ着いてこれるよね?

PM1:00
セント・ポール大聖堂を探検

レストランを出てテムズ川の北を素早く迂回すると、印象的な造形美のセント・ポール大聖堂にたどり着く。ここは探検し放題。最高にゴージャスかつ歴史を感じるフロアや地下室、ドームの中の3つのギャラリーを存分に見て回ろう。

PM2:00
グローブ座で戯曲の世界へ

Aea85e8d25ab2ddbdb1c15b3ee51106ac92c0e22

続いてサウスバンク方面に戻り、先ほどレストランから見えたグローブ座に行ってみよう。ここはシェイクスピア作品の多くが初演された歴史ある劇場。当時の建築を精密に再現して鋼鉄などは使っていない木造建築の建物だ。実際に劇も行われているけれど、もしも見る時間がなくてもシアターの展示会やミュージアムを楽しむことができ、建物のレトロ感とも相まって戯曲の世界にどっぷりと浸れるはず。

PM3:00
マーケットでおやつを入手

次はロンドン橋から石を投げたら届くくらいすぐ近くにあるバラマーケットに行ってみよう。そろそろ小腹が空いてきた頃?ロンドンでもっとも古く、大きな市場のひとつのこのマーケットは11世紀ごろからあり、考えられる食べ物はほぼなんでも揃っている。おやつを買いたい人だけでなく、グルメの人は必ず訪れるべき注目スポット。いろんなものを食べ歩こう。

PM4:00
ザ・シャード展望台を訪問

Dad67330c9cf6ea20497f33ab7065e5de026a595

夕方の街の最高の景色を眺めるために展望台に登りたい人にも、ただ下からこの展望台を眺めたい人にも本当に印象的な現代建築がこのザ・シャード展望台。大胆に透き通りそびえ立つ近代的なこの塔は、夕方には特に美しく見えることだろう。

PM5:00
地下鉄で博物館めぐりへ

だんだん日も暮れてくるけど、地下鉄で南ケンジントンに向かえばミュージアムがたくさんある地域に行く時間も十分ある。科学博物館ヴィクトリア&アルバートミュージアムを見てまわろう。中でもオススメは、世界中の有名な恐竜にフィーチャーしている自然史博物館だ。

PM6:00
ハイド・パークで緑に癒される

07ad6f7e6c875bb016e20b46b1801fe1526df603

さぁ、アトラクションやミュージアムが閉まり始めてきたこの時間。ロンドンで1番のグリーンスペースとして名高いハイド・パークを散歩して怒涛のツアーの合間の息抜きをしよう。でもまだまだ終わりじゃない。夜の街に繰り出す準備はできたかな?そう、実はまだ12時間しか経ってないのだ。あと半分、急ピッチで頑張ろう。

PM7:00
ショッピングで気分を高める

0f3fc3172b0c4ace3ce86791cb693c2b5903a24b

公園から通りを越えると、有名なハロッズに着く。外観からして美しいこのお店でゆったりショッピングして気分を上げよう。もし値段が高いと思っても、ここを訪れた記念に買っておくと良い。それくらいこのハロッズはロンドンのアイコン的存在なのだ。

PM8:00
ピカデリーサーカスで観劇

さぁ、ゆっくりして再び出発する気が起きたら、歩くか地下鉄に乗ってナイトブリッジからピカデリーサーカスに移動し、ショーを観よう。『レ・ミゼラブル』や『ウィキッド』といったクラシックなものから、『ブック・オブ・モルモン』や『夜中に犬に起こった奇妙な事件』など比較的新しいショーまで色々ある。ロンドンは劇場の歴史が深く、来たからには少なくとも1回は観劇を経験しておくべき。

PM9:00
シーフードディナーを味わう

夜も更けてきたので、そろそろ晩御飯にしよう。コヴェントガーデンで評判のシーフードレストラン、J.sheekeyがオススメ。リラックスした雰囲気の隠れ家的なお店だ。割高なサイドの席なら、有名人に会えるかも。

PM10:00
2階建てバスに乗り夜の街へ

57154e55e873db4832ec85f5674ddd462350d108

ディナーを終えたら、本当の夜の始まり。とってもクールなショーディッチに向かうのには、地下鉄もいいけれど、やはり今度はロンドン名物のダブルデッカーバス(2階建てバス)に乗って行くのが良いだろう。日の沈んだロンドンの風を感じながら街を眺めて移動できる。

PM11:00
ライブ参戦しよう

98f934852813ce517cc034a358c51c3627210a7b

バスを降りたらすぐにライブを見に行こう。ショーディッチにはRich MixやThe Old Blue Last、Hoxton Square Bar、Kitchenといった音楽小屋やライブハウスがたくさんあり、ライブのホームともいえるのだ。

AM0:00~4:00
バーでナイトライフを楽しむ

ショーディッチはロンドンの中でもナイトライフに関して最も有名な場所のひとつ。なぜかは行ってみればすぐわかるはず。自分の気の向くままにお店をはしごするのも良し、誰かについて行ったり、お決まりのルートで酒場を回るのも良し。どちらにせよ、エリアはパブやバー、クラブでいっぱいなので、どんな音楽のテイストにも、お客さんの雰囲気にも合うところが見つかるはず。

AM5:00
最後の朝食はワッフル
日の出を拝んで、お疲れ様!

744224ad9e0ac1c36b59025c400e3e995ac7cf42

さぁ、本当に本当に、よくやった!これで弾丸ロンドンツアーはおしまい。徹夜でクタクタのあなたに24時間365日オープンのレストラン、「Duck and Waffle」を紹介しよう。

濃厚な旅行の締めくくりに日の出を拝みつつワッフルや鴨肉、卵料理を楽しむことができる。だんだんと夜が明けて街が明るくなってゆく様子を目にしながら、この1日を振り返ろう。きっと思い出すたび笑みのこぼれる、忘れられない日になったはず。

Licensed material used with permission by Central London Apartments
どうしても仕事に行きたくない朝。あなただったらどうしますか?重い足を引きずって泣く泣く会社に行く人もいれば、ウソも方便と1日だけ休んで家でゴロゴロしちゃう...
誰だってその国の首都のことは、知っているつもりになるものですよね。特にそこに住んでいれば尚のこと。たとえばロンドン。ウェストミンスター、バッキンガム宮殿、...
路上でのヘアカット。一見なにかの撮影のようにも見えますが、もみあげを整えられている男性はホームレス。カットしているのは、美容師のJosh Coombesさ...
ロンドンの中心地。テムズ川沿いのナイン・エルムズ上空に世界初となるガラス製の透明なプールが建設されるそうだ。25mプールが2棟の高級マンションの屋上を結ぶ...
現地時間で9月2日。炎が立ち上るロンドン・テムズ川周辺の様子を撮影した画像や動画がSNSに溢れた。投稿内容をいくつか見てみよう。「ロンドンが燃える姿を眺め...
パリとロンドン。電車でわずか2時間半ほどの距離にある2都市の間には、言語以外にもさまざまな違いがある。そう主張するのは、パリを拠点にさまざまな情報を発信す...
ロンドンで美食が集まるエリアとして、ここ数年で急激にホットスポット化したモルトビー・ストリート・マーケット(Maltby Street Market)。こ...
ロンドンに対する印象は「東京の少し先にある街」。2002年から2005年までロンドンに住んでいたのですが、その時に「ああ、これが日本にもあったらいいなあ」...
イギリスに住む人々の悩みのひとつが、高騰する家賃。顕著なのがロンドン中心部で、1ベッドルームで1,000ポンド(約14.5万円)が平均的な相場のようだ。そ...
従来とは違う新しいお酒の楽しみ方として、かなり奇抜だと注目を集めているのがこの「Alcoholic Architecture」。ミスト状のアルコールが充満...
3月の初旬、ロンドンにあるパターノスター広場に、突如としてスイセンのお花畑が現れました。じつは、これはすべて造花なのですが、夜になるとライトアップされるの...
一瞬目を疑ってしまった。周囲にある高層ビルと同じ高さまで、命綱なしでガラス張りの壁をのぼっている女性。しかも怖がっている表情などこれっぽっちも見せていない...
『スターウォーズ』をテーマにしたポップアップレストランが、ロンドンに9日間だけの期間限定でオープンするそうです。しかも場所はギリギリまで秘密で、48時間前...
地球儀をつくる職人、と聞いてもあまりピンとこないかもしれません。でも、ロンドンの老舗地球儀メーカー「Bellerby & Co」は、一つひとつをハ...
カナダ生まれの「ロンドン・フォグ」は、今や欧米でも大人気のドリンク。アールグレイティーにバニラシロップ、温めたミルクを合わせ、ふわふわのフォームミルクをの...
大英博物館やテート・モダンなど、名だたるミュージアムを数多く抱えるロンドン。先日、この街のとあるギャラリーで開催されたのが、犬のための現代アート展です。「...
正直「参考になる」とは言えませんが、アメリカ48州(ハワイとアラスカ以外)を無駄なく効率的に回るルートを編み出して話題になった、Randy Olson氏。...
 「私のような摂食障害や自尊心で苦しんでいる人たちのために立っています。ありのままを受け入れてくれるのなら、身体にハート(♡)を描いてください」1枚のサイ...
イギリスにはこんな言葉があります。「朝、8時12分の気分でその日1日がどんな日になるかが決まる」。1日のはじまりを気持ちよくスタートさせるために、一人の男...
ずっと同じ場所にいると、なんだか新しい景色が恋しくなる。そんなとき、お金にあまり悩まされず、旅に出られたらベストですよね。そんなあなたに教えたい、物価も宿...