多くの人があまりにも早々に目標を諦めてしまう「7つの理由」

夢を叶えた人がいる。夢を諦めた人もいる。一体、その差はなんなのだろう?

スキルの違い。環境の違い。場合によっては「運」が違った、なんてこともあるかもしれない。ここで紹介するのは、人気ライターのNicolas Cole氏が「Inc.com」に寄稿した1本の記事。

それは「人がゴールを早々に諦めてしまう7つの理由」について。

始める前から
「失敗」している人たちがいる

成功するかどうかをすぐに決めつけてしまう人が多いけど、それはちょっと変だ。

すぐに諦めてしまう人にありがちなのが、スキルの習得までに何年間もかかるような、とにかく大きな目標を設定してしまうこと。

だいたい、そういう目標は「周囲からよく思われたい」という願望と結びついていたりする。「目標を達成したら、きっとみんなの見る目が変わるだろう」と。でも、最終的には忙しくなり、どのタイミングで打ち込むのかを考える間もなく、宣言してしまった目標に向かってやみくもに自分を追い込んでいく。

つまり彼らは、はじめる前から失敗しているのだ。

夢追い人はよく「とめられるものなら、とめてみろ」みたいに言うけど、彼らもまた「成功は力づくで掴めるものではない」ということに気づいてない。長いスパンで考えたとき、ガツガツと前に進んで行くことだけではダメだし、それでは単に燃え尽きるだけ。

それよりも、たまに立ち止まって「自分の集中力を妨げるもの」を取り除いていくほうが重要なんだ。

01.
「スキル」ではなく
「結果」が欲しいと思っている

15038295ac18d61adebfa5e5a6298ab4aa211dc6

「一流になりたい」と口にするものの、行動がまったく伴っていない人がいる。人間は「壮大なもの」に惹かれやすい生き物だ。たとえば「薄暗い部屋で何年間もプログラミングを勉強するのはイヤだけど、有名なIT起業家にはなりたい」というように。

では、そういう人が一度でもつまずいたら、一体どうなるだろう?

おそらく、失敗をして早々に何もかも諦めてしまうだろう。なぜなら、知識やスキルだけでは、人は突き動かされない。彼らの場合、輝かしい「結果」だけが原動力となってしまっているのだ。

02.
「失敗したらどう思われるか」
ばかり気にしている

人は、失敗への恐怖を遠ざけるために「サボる」。

当然、サボれば失敗は時間の問題。「自分は悪くない」と思い込むための壮大なストーリーを作り上げ、無意識のうちに失敗するための「準備」をしてしまう。みんなが見ている中でリスクを追うよりも、そのほうがずっと安全だから。

「失敗したら、みんなにどう思われるんだろう…」という恐れから、早々に諦める。

03.
「失敗を活かそう」
という発想がない

8c7fe49206bb90943653660e698d0791b021a48b

目標設定が巧みな人ほど「失敗は成功のもと」ということがわかっている。私が大切にしている座右の銘に

Never mistakes, always lessons, forever masters.

「失敗」なんてものはない。それは「教訓」。そこから学べば物事を習得しつづけることができる。

というものがある。

一方で、目標をすぐ諦めてしまう人たちにとって、「失敗」とは文字通りの意味しかない。「失敗してしまった」と、うわ言にように何度も自分に言い聞かせるだけで、目の前にある「チャンス」を完全に見失っている。

学びのない失敗なんて、ただ苦しいだけ。考え方を変えないと、失敗あるのみだ。

04.
「方向転換するぐらいなら
さじを投げよう」という考え

設立してからずっと、まったく同じやり方・カタチでやってきた、なんていう企業はない。会社やブランド、アイデア、ビジョンなんて、時と共に移ろいゆくもの。フィードバックや修正を繰り返しながら、だんだんと成長していくのだ。

すぐに諦める人は、当初のビジョンに執着したまま動こうとしない。あとから手に入れた新しい情報に歩み寄っていくことさえ嫌がる。

「そんなことをして自分のアイデアを捻じ曲げてしまうくらいなら、いっそ失敗したほうがいい」

とさえ考える。

要するに、最初の期待(希望)が捨てられないのだ。

05.
自分のアイデアの行く末を
見届けるだけの忍耐力がない

7d83fe790c54ce47af4303113a2712dae75a1bfb

どんな人でも「アイデアマン(ウーマン)」になりたいと思っているもの。部屋に入っていき、5分でクレイジーなひらめきを出し、カッコよく部屋を出て行く、みたいな。

逆に、草むらをかき分けるような「泥臭い」やり方に憧れる人は、ごく少数だ。理由はカンタンで、それはものすごく大変な作業だから。自分の手を泥で汚さなければいけないし、不確実な日々を受け入れ、何があっても前に進んでいかなければならないから。

ほとんどの場合、目標を諦めてしまうのは「忍耐力の欠如」が原因だ。どんなに小さなプロジェクトでも、その行く末を見届けること。つまりは、物事に辛抱強く取り組む「習慣」があるかないかの話だ。

06.
他の人の行動に
気が散ってしまう

起業家というものは、他の人が成功させているような会社をつくりたい、と考えているもの。これは、他の人のお皿に乗っている料理のほうがおいしそうに見えるのと同じ原理だ。

たとえば、あなたが一見カンタンにできそうなビジネスモデルを見つけたとする(実際にはそんなにうまくはいかないものだが…)。するとあなたは、いとも簡単に気が散って、そっちのほうが気になってしまう。

これにより、忍耐力や自制心がなくなり、ますます“諦めやすく”なっていく。

07.
自分を信じていない

3bbf00340efef477e8fdbf6521d2ed39039a3f95

「目標をあきらめる上での最短ルートは、自信の欠如だ」

これは使い古された常套句だけど、見事に真理を言い当てている。

つまり、マインドセットが何よりも重要だ。強固でポジティブなマインドがなければ、何事もうまくいかない。どれだけ才能があっても、どれだけ機会に恵まれていても、自分自身のことを信じられなければ、時間をムダにするだけだ。

裏を返せば、しっかりとしたマインドセットさえ持っていれば、成功への道筋は見えてくる。たとえ「並」のスキルセットしか持っていなくとも、粘り強い心があればゴールラインを走り抜けられる。これは才能だけでは不可能で、必ず「自信」が必要なのだ。

Licensed material used with permission by Nicolas Cole
2016年もまだ100日以上残したこのタイミングで来年の話なんて、と思う人はそこまで。このデータを目にしてもそう言える?新年に立てた目標を達成できずに終わ...
「NextShark」のライターBenjamin Hardy氏の記事によると、学生時代に成績が悪かった人ほど、ビジネスで成功している傾向にあるのだとか。一...
世の中には、経験から学んだことを別の事象に応用できる器用な人がいます。事業変革パートナーの安澤武郎さんの著書『ひとつ上の思考力』では、そういう人たちのこと...
気持ちを新たに会社や学校へ向かうことができた1月。でも2月になると、徐々にそんなフレッシュな気持ちもなくなってしまい、続けることが難しくなってきますよね。...
目標を達成しようとするときに、内容を周囲に公表する人もいれば、自身の心の中だけにとどめておく人もいます。これは性格やスタンスの違いですが、ある研究によると...
成功するためには失敗しなければならない。何だか、逆説的な話ですが、成功した人は、みな口を揃えてこう言うから不思議。「失敗は成功のもと」と、日本でも古くから...
夜遊びも好きなパーティガール、と聞くと、チャラチャラした女の子というネガティブなイメージを抱く人も多いかと思います。でも彼女たち、じつはしっかり者なのかも...
仕事に伸び悩む時期は誰にでもやってくるもの。このままでいいのか悪いのかさえも分からない…。そんなあなたへ、実際に成長する人、成長しない人の特徴を5つご紹介...
忙しいだけの人なら、たくさんいます。本当に大変なのは「生産的であること」。考えてみてください。生産性の高い人はテキパキと仕事をこなし、To-doリストを消...
きっと、多くの人が毎年立てているであろう新年の目標。「今年こそ!」とは思っていても、なかなか達成できることは少ないものです。そんなあなたへ。「Inc.」に...
成功までの長い道のりで、つい忘れてしまいがちなことがあります。でも、そのポイントを覚えておけるか否かが、その後の結果を大きく左右することに。「I Hear...
人が何かを成し遂げるためにもっとも大事なことは、明確な目標を持つことです。自分の進むべき道やゴールがはっきり見えていないと、努力を続けることも困難になって...
新年になにか抱負を立てた人。順調ですか?米・スクラントン大学の調査によれば、その92%は未達成に終わっているそうです。「新年の抱負ランキング」によると、1...
新たに迎える年には、今までと違った自分になるために、目標や抱負をしっかりと立てて頑張りたいと固い決意を持っておられる方も多いと思います。そんなみなさんのた...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
成功したいーー。それは誰もが胸の奥に抱く夢ですが、実際には「成功する人」と「しない人」が存在してしまうのは、どうしてなのでしょうか。数々の企業や経営者を取...
桜舞い散るなか、新学期が始まる4月。つまり、2016年も早くも3ヶ月以上が経ち、4分の1が終わってしまったことになります。でも、「Inc.」で紹介されたM...
隣の芝生は青く見える、と言いますが、あなたがどんなに成功していたとしても、世界一になるというのは、なかなか難しいものですよね。どんなことにだって、上には上...
さて前回は、「働く時間を減らすためにITを最大限活用しよう」という話をしました。 今回は仕事の内容について、【好き】を仕事にするのはどうすればいいのか、ど...
成功は、運の良い人のところにある日突然パッとやってくるものではありません。成功する人は、運を引き寄せるような生き方をしているのです。アメリカのビジネス情報...