プロの「メディカルイラストレーター」が本気を出してみた。

どんな人でも、皮膚の下には筋肉があり、血管がある。

自分の身体でさえ日常の中であまり意識することはありませんが、「もし皮膚が透けていたら、その下はこうなっている」とリアルに描いた作品が話題になっています。

こんな解剖学の勉強、あり?

Medium 284f491dad97b6a73eb6053c44524a6098522426

正確無比な再現力。筋肉や血管の配置は解剖学的に全て正しい描写になっているのだそう。

それにしても、一体どうしてこんなアートをはじめたのか?作者のDanny Quirkさんに聞いてみました。

きっかけは当時つきあっていた
「彼女」のため

「僕は、メディカルイラストレーターという仕事をしているんだ。ドクターと協力しながら、論文や書籍に使う絵を描く仕事だよ。絵は基本的に独学で、仕事をしながら覚えていった。

ボディペインティングをはじめたのは、2012年くらいから。そのとき付き合っていた女の子が解剖学の授業で苦労していて、覚えやすいように彼女の体に描いてあげていたんだ。そしたら、その子が『ハロウィンにこのペイントで出かけたい!』っていうから顔に描いてあげたら、その写真がSNSで大バズ。それが、このアートをはじめたきっかけだよ。

最近は、Dr.Kathy Dooley、Dr.Anna Folckomerという2人のドクターと一緒に、Immaculate Dissection(殺さない解剖)っていう、ボディペイントで解剖学を学ぶプロジェクトをやっているんだ。世界中を巡って、人体の機能と美しさについて伝えているんだ」

Medium 17be23f427631fc100dae84ab6b391c9f36ba065

ちなみに制作途中の様子はこんな感じ。まずは全体の配置を精密に再現してから、立体感を加えていることがよくわかります。

解剖学といえば、本などの平面から学ぶか人体模型が基本ですが、確かにすぐそこにある本物で学ばない手はありませんよね。長く眺めていると、自分の皮膚の下もどうなっているのか気になってしまうものですね。

Medium 1950070efdf3be19b7416d28944caf65963520e8Medium 6beb72a278f62fac29cd244afa8735d05e445c21Medium 0d577e1351aa0d38b1185efbb7d9420c8ae97a73Medium 60b72f24cf17b00c203497118c08e2035eb54175Medium 555c83a2a88850f631c136713be497636e986630Medium 53256bdc9a564d65cb77444fefb887b70bfd9c70Medium f2775f90277c8d65836da51f75c4472ecbeb64d3
Licensed material used with permission by Danny Quirk
右の画像、一見イラストのように見えますが、じつはボディペインティングでコスプレした女性の姿。彼女のInstagramにアップされたアメコミらしさ満点の“動...
世界でもっとも華やかなボディペイントを決める国際大会「The World Bodypainting Festival」が、6月の終わりから7月にかけて開催...
特別な理由はないのに、なんだかいつも不安になってしまう...。ポーランド人のイラストレーター兼グラフィックデザイナーAgata Bobaさんもそんな悩みを...
Yung Lenoxが絵を描き始めたのは5歳から。6歳にしてニューヨークで最初の展示を成功させ、8歳までに1000枚以上のプリントを売った。彼を追ったドキ...
夕暮れ迫るローマ・コロッセオ。が、どこかに違和感を覚えた人もいるでしょう。もう一度、じっと写真に目をやると…どうです?見えちゃいけないものが見えてきたでし...
ロンドン在住のMaxwell Tilseさん(23歳・男性)は、いま旅の真っ最中。各地で作品を売りながら、ヨーロッパをまわっています。描かれた風景は、どれ...
人生には矛盾がつきもの。日常には小さな葛藤が溢れている。誰でも心当たりがあるシーンを巧みに切りとり、ユーモアで包んで表現しているのはセルビア出身のイラスト...
河口や浜辺に流れ着いた流木を見つけると、どうしても手にしたくなる。ほどよく朽ちかけ、丸みを帯びたその風合いは、年輪に変わる長い旅路を経た証。もしかしたら、...
普段から、何気なく口にしている食べ物たちの声なき声が聞こえてきそう。キッチュなイラストを描いたのは、マレーシア在住のイラストレーターChow Hon La...
100円均一でも一部手に入るガラス用絵の具は、ツルツルした面に貼れて、カンタンに取り外せるので人気です。クッキングシートなどに一度描いてから貼り直してもO...
タトゥーよりもビビッドで、ブラックライトで照らすと光る、ド派手なボディペイントとして話題になっているのがコレ。しかも、驚くほど気軽に遊べるのが特徴なんです...
 ノルウェーのイラストレーターLine Severinsenさんは二児の母。自身の妊娠・出産体験を通して、その大変さをイラストに描くことで、妊娠中のイライ...
不安障害、パニック発作、うつ。昔に比べると「心の病」についての理解が進んできたとはいえ、まだまだ見ためには分からない病気を抱えた人たちは、生活に苦労が絶え...
「マステ」は、株式会社マークスのマスキングテープブランド。現在、これを使ったアート展が東京・表参道ヒルズで開催中。色鮮やかでカワイイ作品に対して...
パブロ・ピカソの影響を受けたアーティストは、数知れず。パキスタン出身のイラストレーターOmar Aqilさんも、そんなピカソの独創性に魅せられたうちのひと...
ウェットスーツに身を包み、サーフィンを楽しむ4人のカワイイ女の子たち。なんか楽しそうだなぁ、一緒にこの中に混ざりたいなぁ、と思って動画を見ていたら、思わぬ...
全知全能にして未知なる「神様」。その姿は、人によって様々なイメージを抱くかもしれないし、もしかしたら「姿すらない」と語る人もいるでしょう。今回紹介する「C...
愛想はないけど、甘え上手。気分屋だけど、憎めない存在…。ペットとして絶大な人気を誇るネコですが、一口にネコといっても様々なタイプがいます。イラストレーター...
誰かを好きになると、優しさやルックスとは別の価値基準が定まります。自分にしか見せない「顔」を出したり、他の人じゃわからない「気づき」を与えてくれたり。ロシ...
ここに登場する絵は、すべてイラストレーター高田美穂子さんによって描かれた「挿絵」です。小説の主役は、言うまでもなく「物語」そのもの。けれど、こうして文芸誌...