こういう女子、確実にいる。どうしても目についてしまう「10タイプ」

Elite Daily」の原文では「新しいタイプのビッチ」ってまとめられていたけど、いわゆる最近の女子の「あるあるネタ」なんじゃないかな…、ということで紹介してみたいと思います。

なかには、アメリカならではの傾向もありますが、きっと日本にもこういう女子、います。

ライターのLaura Argintarさんが挙げた10タイプ、周りの友だちに当てはまる子がいたら、思わず笑っちゃうかも。

01.
ファッションが命

5abeffc065c5355ad6e3ad73ba9518d63f2fb62f

口から出るのは、ファッションブランドの名前ばかり。そんな彼女たちは、自分の彼よりもヘルムートラングのほうが好きだったり。

好きなもの:
ファッションウィーク、Rita Hazan専用ヘアスタイリスト、サンプルセール、重ね着スタイル、人をファッションで判断すること。

嫌いなもの:
古いもの、カニエ・ウェストとキム・カーダシアンが結婚する前に発売された香水、初心者用パーティ、食べること。

特徴:
あなたの彼を略奪するので要注意。よくリアリティショーで見るような、あの子です。

02.
フェスが命

落ち着きのある、音楽大好き人間。ボブよりもジギー・マーリーのほうが好き。ローリング・ストーンズについてなら何時間でも語れてしまう。そんな自由奔放に生きる彼女たちには、大きな問題がひとつ。

それは、彼女たちが身につけたがる、つばが広すぎの帽子。

好きなもの:
お花の冠、海外セレブが着てそうなフリンジつきの洋服、かぎ針編みの服、パインや木の匂いがするキャンドル。

嫌いなもの:
コーチェラ…なんていうのは冗談。流行りの洋楽を聴きながら、毎日コーチェラに行くかのような格好をしてる。

特徴:
彼女たちは、あなたが幼い頃に夢みたような名前。

03.
学位が命

Ed4ae7d8fd9538ee506dd61a1a84d56025b97d2e

なんの学位かは関係なく、2つ目の学位をとろうと熱心に勉強。彼女たちに比べたら、まるで周りの学生が頑張っていないかのように見えてしまうかも。

好きなもの:
流行りのバックパック、ワービーパーカーのメガネ、「教授」という言葉、試験中の冬眠期間、みんながオフィスにいるときにジムへいくこと。

嫌いのもの:
大きな試験前のストレスの嵐、卒業後の就活、必要以上に酔っ払うこと。

特徴:
一番楽しそうなパーティには、あなたを誘ってくれない。

04.
SNSが命

もはや、行動のすべてがInstagramやSnapchatのために決まっているようなもの。ソーシャルメディア中毒の彼女に会うのは、月に1、2回で十分だと感じるはず。

好きなもの:
ValenciaかX-Proのフィルター、「いいね」、承認してくれるときの笑顔、ピザ、Wi-Fi、食事前の写真タイム。

嫌いなもの:
照明が悪いところ、自分と同じくらいソーシャルメディアに夢中な子。

特徴:
10日間のタイ旅行は、Snapchatで全貌を中継(この中継は離陸前からスタート)。

05.
とにかく彼氏が命

金曜に誘いがこなくなったのも、ひと晩限りの関係をぴたりと持たなくなったのも、彼氏ができたから。そしていつしか「わたし」ではなく「わたしたち」が代名詞に…。

好きなもの:
彼氏、手をつなぐこと、ピザのチーズを口でひきながら「わんわん物語」ごっこをすること、チャリティイベントに参加すること、あとは彼に聞いて。

嫌いなもの:
彼氏の元カノ、彼氏が誘われてないパーティ。

特徴:
「シングルよりも彼氏がいたほうが絶対にいい」という考えを押し付けてくる。

06.
なにが「命」なのか
わからない

34bcf001a334d52bbcbf1e1f0d99527af451afa8

じつは、彼女たちが一番面倒なタイプ。

好きなもの:
ワインの贈り返し、他人のダイエットに文句を言うこと、ウォッカソーダ、おごってくれる男性、テイラー・スウィフト。

嫌いなもの:
スポーツ観戦、読書、協力すること。

特徴:
パーティに参加したら、なんだかんだ最後まで残る。

07.
周りに劣等感を持たせる
クールな女

男性の自慢話だって、関係を壊さないようにぐっと我慢できるタイプ。しかも彼女たちは、男性にモテるっていう自覚があるから、周りの女性は劣等感を感じるかも…。

好きなもの:
フットボール、ポーカー、下ネタとセックス、ビデオゲーム、ビール、ホットドッグ、つやつやの髪の毛、好きなものを好きなだけ食べても太らない。

嫌いなこと:
怒ること、「何したい?」という質問。

特徴:
周りの女性に劣等感を感じさせる。

08.
浪費が命

どんなに高くたって問題なし。カードが使えないって?使えるようにして!

好きなもの:
ちょっと大人なディナー、高級過ぎるレストラン、宅配フード、毎朝のコーヒー、Venmo、お金がない悩みについて語ること。

嫌いなもの:
カードが使えないお店、安いビール、ボーリング、強すぎるデオドラント、ニュージャージー州の男性、パリス・ヒルトン。

特徴:
自分の都合で周りを振り回す。利用金額が1万円を上回ることは確実。

09.
超がつくほど現実主義

4dad7715a4310ba1ed9ab2d094f088b3021df64e

楽しい場をしらけさせるのが得意な彼女たち。安易に「私のどこが間違ってる?」なんて相談だけはしないこと。きっと立ち直れなくなるわ。

好きなもの:
トークショー、鬱な気持ちになるドキュメンタリー、早く帰ること、真実を伝えること、くすんだ茶色、離婚話、女性のボクシング講師。

嫌いなもの:
派手なファッション、グウィネス・パルトロー。

特徴:
「やめときなよ」と言い、相手のやる気をなくす。

10.
ただのビッチ

732343500ffa0122a7cc4499821bd21db4a3501f

これについては、補足する必要なし。彼女たちは、根っからの悪女。

好きなもの:
回転すること、秘密をバラすこと、ラブコメに出てるビッチ役、「わたしはビッチじゃないわ、本当のことを言っているだけよ」と言って守りに出ること、ビッチに見える真顔、ポテトを買っておきながらシェアしないこと。

嫌いなもの:
ブサイクな人、しあわせ、自分を慕わない男子、欠けた爪、おばあちゃんへの電話、会話全般。

特徴:
ありすぎて選べない…。

Licensed material used with permission by Elite Daily
「ハンドルを握らせると、まるで別人格」なんて話がありますが、ここでは豹変するドライバーたちの手に着目した記事を紹介します。「Little Things」ラ...
いずれは夢のマイホームを…なんて妄想、一度はしたことがあるのでは?そこで思い描くイメージには、自分の性格がそのまま反映されているとかいないとか「Littl...
ひし形、おも長、タマゴ型。人によって、顔の輪郭はじつにバラエティに富んでいます。顔の形を見ただけで、その人の「性格が言い当てられる」と豪語するのは「Lit...
雪の結晶は「同じものはふたつとない」と言われます。美しくも複雑な幾何模様は、まさに自然の神秘ですが、無数のかたちがあるからこそ、そのなかに何を見出すかであ...
この記事にたどり着いたアナタ。少しスマホを操作する手を休めて、じっと手を見つめてほしい。あなたの手で、中指の次に長いのはどの指?なんと、こんな簡単なことで...
「Little Things」に掲載されているのは、歯磨きのタイプから性格を導き出すという、なんとも変わったアプローチ。でもコレ、なかなか当たっていると評...
「World Truth.TV」に掲載されている内容は、ブッダが「友人の条件」について説明したもの。どうやら、以下の4タイプのうちのいずれかに分類されるの...
ライターKasim Khan氏が、ブッダの教えを記事にまとめています。今回のテーマは、「あなたが持つべき友人の種類」について。もちろん、以下の4つをすべて...
靴下の柄の好みから自分の性格が丸わかり! 米メディア「LittleThings.com」でイラストと共に掲載された性格診断がこちら。サクッとできるので、試...
愛想はないけど、甘え上手。気分屋だけど、憎めない存在…。ペットとして絶大な人気を誇るネコですが、一口にネコといっても様々なタイプがいます。イラストレーター...
血液型や好きな色で性格診断をしたことは、誰にでもあると思います。今回は「Elite Daily」のRosebud Bakerさんがまとめていた、数霊術をベ...
我慢やストレスを抱え込むより、思うがままに生きるビッチのほうが遥かに健康的!そう語るのは「Elite Daily」の人気毒舌ライターGigi Engleさ...
「WorldTruth.TV」に、目と脳についての興味深い記事が掲載されているのでご紹介。なんと、目の色を見ただけで性格がわかるというのです。ここでの分類...
同じものを持った人はふたりといない、とも言われる「指紋」。最近では、ピースをしているスマホの写真からも指紋分析できる、なんていうニュースも話題になりました...
星座別占いから手相まで、自分の性格や将来について少しでもヒントが欲しい!というあなた。反対に、占いなんて信じない!というあなたも騙されたと思ってちょこっと...
ワインを頼むなら「毎回これ」と決めているあなた。単に「味が好き」という理由で手にとっているかもしれませんが、じつはあなたの性格を反映しているのかもしれませ...
人によって性格はまったく異なるので、一緒に仕事をしているとどうしても衝突する場面って出てきますよね。あの人はどうしてあんな考え方をするんだろう、と思うこと...
こういう診断モノって、当たっていてもいなくても、ついつい見ちゃうんですよね。友だちと一緒に「たしかに!」なんて話すのも、楽しかったり。今回は「Little...
さあ、上のイラストの中から、あなたがもっとも好きな花を選んでください。じっくり考えず、直感でどうぞ。選びましたか?それでは、ライターRebecca End...
この記事のライターElyse Wanshel氏曰く、「寝相はあなたがどんな人物であるかを正確に表わしている」んだそう。米メディア「LittleThings...