ロボットに権利は与えられるべきなのか?

そう遠くはない未来。私たち人間と区別がつかないほどの人工知能が生まれるとしたら…。

もしもロボットが人間と同じように笑ったり、悲しんだりするようになったら…。

もしもコンセントを抜いたり、強制シャットダウンしたら…。

私たちは、そのロボットを殺したことになるのでしょうか?

そもそも、権利ってなに?

人工知能が広く一般に認知されるようになったのは、やはり映画『A.I.』(2001年)の公開がきっかけではないでしょうか。

最近では店頭などで案内をしてくれるロボット「ペッパーくん」が登場し、ますます人工知能が身近に感じられるようになりましたよね。

Medium 5259938a5fec9ab295fbd8f2581c3f663ba9bd64

今のところ、感情を持つまで発達したロボットは無く、法律もその準備ができていません。現時点での人類の権利に対する考え方のレベルでは、人工知能には対処できないのです。

人間、または動物に権利があるという主張の多くは「意識があるかないか」を前提としています。意識を持つということは、苦しむ能力を持つということです。苦痛を感じ、その苦痛から逃れるために、人間は権利を主張します。

しかし、ロボットは人間がプログラムしない限り、苦しみを持つことはないでしょう。痛みや喜びがなければ権利も必要ありません。

もしもロボットが「痛み」を
主張し始めたら…

Medium e0bd6ec7bc8790be84fd76b460cf67e3b665dbc1

多くの技術者は、人工知能が新しい人工知能について学習し、それを創れるようになったら、そのときこそ技術の爆発が起きるだろうと考えています(たとえば、ペッパーくんが自ら改良を重ねて最強のペッパーくんを創る、という風に)。

もし、ペッパーくんが

「痛いのはいやだ。ロボットにだって権利はあるぞ」

と、人工知能がロボットにも痛みを感じる必要があると学習したら、権利を持つに値するのでしょうか?

ロボットが生む
「経済的メリット」は?

Medium aeb159483ce522dfa5d8fd85e0a426405a9313f0

人間の考え方は、基本的に「人類こそが自然界を統べる権利がある」という考えに基づいています。人類は昔から、自分たち以外の存在が意識を持つことを否定してきました。

さらに問題なのは、ロボットの権利を否定することに「経済的メリット」があることです。ロボットにつらい仕事を押し付けることで、効率と利益が生まれるでしょう。かつて人類が、奴隷に対して強制労働をさせていたように…。

とくに、多くの経済的メリットを受ける人たちは「ロボットに権利を持たせないほうがいい」と強く主張するでしょう。

Medium a8d3ff7f79ee4f6fd7bb102875e15d12620b9bfe

ロボットは、人間と人工知能の境界線に対して重要な問題を投げかけてくれます。また、私たちは何をもって人間なのか、という根源的な問いをも提起してくれます。

どう考えていくにしても、この問題に正面から向き合わなければならない未来は、そう遠くはないでしょう。

Licensed material used with permission by kurzgesagt.org
日進月歩で進化を遂げる「人工知能技術」。それはAIロボットの可能性から、私たちの生活用品にいたるまで、ますます身近な存在になってきています。ここでは「人工...
「こんにちは」そう同時に発言したのはふたりのチャットボット。この動画は2011年にコロンビア大学で行われた人工知能同士の会話の模様を撮影してYouTube...
人工知能(A.I)は、手料理までを奪い去ろうとしています。利便性を追求した結果、ロボットアーム付きのシステムキッチンなるものが登場。しかも、あのトップシェ...
ロボットや人工知能を「Electronic Persons」として扱い、その所有者に税の支払いを義務付けるーー。なんて計画案がEUで持ち上がっていると、各...
人間の言うことをきかないロボット。と聞くと、どんなイメージを思い浮かべるでしょうか?実際に見てみましょう。男性「座って」ロボ「オーケイ。(ウィィイィンン…...
従事者不足や負担軽減が慢性的な課題とされてきた介護現場に、テクノロジーが変化を与えようとしている。という話題は、もう数年前から耳目にしてきたことだけど、そ...
ドイツの企業「Festo」によって開発された蟻型のロボットが凄い!最新のテクノロジーニュースを取り扱うメディア「PSFK」の記事によれば、なんとインターネ...
「VR元年」とも言われる2016年。そこには「Oculus Rift」や「PlayStation VR」の存在が大きく影響していますが、こういった新しいテ...
ベルギー・アントワープで開催されたブックフェアの会場で人気を集めたのは、著名な作家8人によるサイン会でした。しかも12日間ノンストップで行われ、選ばれた作...
ミネソタ大学は、頭に被せたキャップから脳波を読み取り、ロボットアームを操作できる技術を開発しました。考えたとおりに動き、モノを掴んで移動できます。「世界で...
世界を驚かせるような絶品料理を考え出す「優秀なシェフ」が現れた?しかし、どうやら人間ではないようです。かつてアメリカのクイズ番組「ジェパディ!」で、オフラ...
2016年2月29日(月)、神奈川県藤沢市で「ロボットタクシー」の実証実験が開始されました。アプリで呼び出せば自動運転で迎えにきてくれ、そのまま買い物に。...
先日、NASAは「PUFFER」の試作機を発表。この調査ロボット、パタっと折り畳まれたり開かれたりと、自由自在に変型可能。実はこれ、日本の「折り紙」にイン...
単純作業労働の現場をはじめ、知的労働分野でも、ロボットに人間の仕事が奪われるという自体が起こっています。私たちの暮らしを快適なものにする一方で、見たくない...
この2つの動画を見てみましょう。まずはひとつ目。羽根つきのロボットが宙に浮いています。羽ばたいて飛べる小型の昆虫型ロボットが開発されたんですね!しかし、動...
単調な仕事、のしかかる負担、過重労働。そして、その先に待ち受けていることとは…。映像クリエーターMichael Marczewski氏が監督した、3分ほど...
人工知能(AI)の実用化は、ヒトから機械までつながるIoT(Internet of Things)から、自動運転機能、さらにはセックス用ロボットに至るまで...
健康のことを思ったら、毎日サラダを食べるべきなのは分かってる。でも、自分で作るのは意外に手間だし、飽きないように工夫しようと思ったら、けっこう大変。だった...
人工知能の凄いところは、人間にはとても抱えきれないような情報量を一挙に、かつ正確にさばけるところにあるでしょう。これは、その特性が生かされた一例と言えます...
先に説明しておくと、この大きな水色の物体は、荷物運搬ロボット「Gita(ジータ)」。基本的には、買い物のお供として開発されたもので、最大18kgまで荷物を...