「スパ」で癒されたいのは、なにも大人だけじゃない。

オーストラリアに乳児専用のスパがあるよう。なんでも、そこを訪れたベビーたちはみんな、見ているこちらもニンマリしてしまう程の満足そうな顔をするんだとか。

私の場合、大好きな温泉に行ってまったりしている時に、心からの笑みを浮かべてしまいそうになる。熱いお湯に浸かると、心身ともに癒されて日々の疲れも吹っ飛ぶ。こんな風に、赤ちゃんたちもリフレッシュしているのかなって思うとホッコリしますよね。

水とマッサージで
赤ちゃんの心と体を癒す

生後6ヶ月までの子どもを対象にオープンした「Baby Spa Perth」。ここでは、温水の浮力と抵抗力により運動を促し、プロによるオイルマッサージを受けられます。

ちなみに、赤ちゃんの首に巻いてある浮き輪のようなものは、体を浮上させる「BUBBY」というもの。これによって、水の中でものびのびとストレスなく手足を動かせるよう。

81769a4eb3e626b691a7ac59d6c4c32b5fb07635

「見て見て!スイスイ〜っと自由に動けるよ」

B91623f199c88bb63ec560f547ee7a548e3d9537

「ふふ〜ん♪」と、ウインク。

53367c8a30d7424a5907b9a2370b6767ad476869

「ぐぅ〜ぐぅ〜」気持ち良すぎて寝ちゃう赤ちゃん続出。

69f700826b9b893b767b33fd944dd6b305536251

「クゥ〜そこそこ!すっごい気持ちいい〜!」

67b41dee658cb7691b83b573a3d422efaa10857c

Baby Spa Perth」を創設したKavita KumarさんとAnita Yapさん。ロンドンにあるベビースパへKavitaさんの息子のNadalくんを連れて行ったことがオープンのきっかけになったそう。

まだ、乳児の彼が水に浸かった時、心も体も満たされたようなとても満足そうな様子を見せたそうです。オーストラリアの人々にこの感動を共有したいと思い、元からマッサージ師として働くAnitaさんと一緒に実現させたのです。

InstagramFacebookでもスパの様子が公開されています。出産の経験のない私ですが、こんなに満たされた笑顔の赤ちゃんたちを見ていたら、自分の子どもが生まれた時に連れて行きたい気持ちになりました。 

Licensed material used with permission by Baby Spa Perth, (Instagram), (Facebook)
日本では子どもにピアスって、賛否両論あるものです。それが産まれたての赤ちゃんの話だったら尚更。ファッション・アイコンとしての赤ちゃんピアスはなぜダメなんで...
わが家に二人目の子どもが生まれたとき、パートナーと同じくらいに僕が感謝したのは2歳年上の長男でした。なぜって、彼のときは日々の子育てがつねに手探りだったか...
日本各地を走る豪華列車は、ここ数年で急激に増加。列車が単なる移動手段ではなく、旅の目的そのものになりつつあることが分かります。こうした豪華な列車旅、その本...
温泉につかりながら熱燗で一杯、こんなイメージを本当に実践しているのは、せいぜいシニア世代くらいなもの。どうせならば「泡(スパークリングワイン)」の方がオシ...
赤ちゃんをお風呂に入れるのは、ママやパパにとっても意外と大変なお仕事。大人用のバスタブじゃ大きすぎるし、かといって専用のベビーバスはプラスチックが硬くて痛...
2015年6月23日に公開以来、1,700万回以上再生されているこちらの人気動画。「Pampers」が、マザーグースの子守唄『Hush,Little Ba...
海外での抹茶ブームはすっかり定着し、「Matcha」という言葉で親しまれていることは、ご存知の方も多いでしょう。しかしよくよく見てみると、海外の抹茶ラバー...
「天使のようなかわいさ」とか言いますけど、まさにその通り!でも子どもの成長は早く、どんどん新しい表情に移り変わっていきます。スクスクと大きくなっていく姿も...
生まれてから10週間しか経っていなかった赤ちゃんを背負い、旅に出たのは、看護士のカレンさん(31歳)。なんと、産休をつかって旦那さんと一緒に世界を周る旅に...
「大人はレストランや料亭で『四季』を感じる食事をしているのに、なぜ赤ちゃんは一年中同じ味の離乳食なのだろう?」「Baby Organic」は、そんな疑問を...
毎年、ひとつずつ年齢を重ねていくうちに胸のときめきが減ってきたのが、「〇〇食べ放題」という宣伝文句。常人レベルのキャパシティでしかない自分の胃袋には、そも...
「パパ」「ママ」「なごみちゃん」「かずとよ君」の、とある4人家族。彼らが毎月定例で開催している“家族会議”に、いま多くの人が夢中になっています。まずは、T...
「保育園落ちた日本死ね」の匿名ブログをきっかけに、待機児童問題が一気にフィーチャーされたことは記憶に新しいですが、世界を見渡せば、日本社会が参考にしたい子...
赤ちゃんが出てくる夢は基本的に吉夢とされることも多いです。なぜなら、赤ちゃんはお母さんと深いつながりのある存在だから。しかし、つながりが深いからこそ、夢の...
言葉で感情を伝えることのできない赤ちゃんは、泣くことでしか表現することができません。お腹がすいているのか、おむつを替えてほしいのか、もしかしたらどこか痛い...
はじめて見たときに、ゆる〜い雰囲気に癒されて、今ではすっかり大好きになってしまいました。私の住む街にも、こんな自転車や車が走っていたら、日常の楽しみのひと...
ポーランド、ワルシャワ在住のアーティストMarta Turowska氏がつくる可愛らしい陶器が人気を呼んでいます。すべてハンドメイドの1点ものギフトにもぴ...
目に入れても痛くない娘。同性だからこそわかる想いもあり、その思い入れはひと塩。反対に、同性だからこそライバルにもなり、ぶつかってしまうこともある。なんだか...
「赤ちゃんは泣くのが仕事」なんて言われますが、やっぱり笑顔を見たいものですよね。そこで、イギリスの企業「C&G baby club」は、赤ちゃんの...
子育て中のママは、さまざまなことを一人で抱え込んでしまうことも。そんなとき、ちょっとしたパパの気づかいがあれば、いつまでもご夫婦が仲良くいられはずです。子...