幸せの象徴ではない「黄色」のもうひとつの顔を知っていますか?

一番好きな色を聞かれて「黄色」と答える人は、どのくらいいるでしょうか?爽やかなイメージ、レモンやバナナといった新鮮なフルーツ、もしくはお気に入りの戦隊モノやアイドルをイメージする人も多いかもしれません。

書籍『色で巡る日本と世界 くらしの色・春夏秋冬』では、さまざまな色に関する歴史やトピックについてまとめられていました。

その中でも黄色は「時代や環境によって、こうもイメージ変わるのか…」と思わされるほど、数奇な運命をたどっているのです。

東洋ではポジティブな
「黄色」

1d08e7d49a5a1df0650454bf183d2fc4122eb567

黄色は、明るい希望の色、喜びと幸せにあふれる色だとされています。映画『幸福の黄色いハンカチ』では困難を乗り越える愛情を、ビートルズの名曲『イエロー・サブマリン』では理想的な世界を暗示しています。新幹線電気軌道総合試験車「ドクターイエロー」が、見ると幸せになれるという都市伝説を生んだのは、記憶に新しいでしょう。

太陽の輝きや野に咲く花々、秋に実る穀物、地下に眠る資源など…大地の恵みを束ねた豊かな黄色のイメージは広く愛されてきました。インドではウコンの黄色は、幸せな結婚生活を象徴し、病に打ち勝つ力があるとされています。東洋では仏教を表す色、中国では大地の中心であり皇帝の色、ポリネシアでは神聖な本質を持つ色です。

しかし、黄色は東洋と西洋で大きくイメージが異なり、とくにキリスト教圏では長く忌み嫌われたのです。

イスカリオテの
ユダの色

黄色は、古代ギリシャ人やローマ人には鮮やかで温もりのある色としてポジティブに用いられ、巫女や神官が身につける色とされていました。

それが、中世になると評価が一転。多くの色が正と負両方の象徴を持つにも関わらず、なぜか黄色は否定的な意味に偏っていくのです。キリストを裏切ったユダを指す色とし、ユダヤ人やイスラム教徒を排除する目印に利用されたことから、アウトサイダーや堕落した者のレッテルとして使われていました。

キリスト教では、金色は崇高な輝きで人々を照らす光そのもので、天上と地上を媒介する色でした。ポジティブな象徴は金色に奪われてしまい、黄色は衰退、病気、憂鬱など、避けるべきネガティブなものの象徴になったのです。

犯罪者の家は黄色く塗られ、火あぶりの刑を受ける者は直前に黄色い服を着せられ、妻に不倫された夫は黄色い衣装やネクタイで戯画化されました。

狂気、嫉妬、不名誉の色としての黄色は、20世紀半ばまで続きました。

幸福なカラーとしての
「イメージ復権」

Bb993685a33de2c49cecb3aaca9feba85149c554

不遇な過去をもつ黄色でしたが、ルネサンス期以降復権が始まります。18世紀にはシノワズリー(中国趣味)と共に流行し、ナポレオンの治世には、その明るく華やかな色彩と豊かな色調が受け入れられました。

また、ゲーテの『若きウェルテルの悩み』に登場する黄色いチョッキと青い燕尾服が流行。本来の黄色が持つ、人目を惹くという特性は実用性が高く、今日では安全を促す交通標識やサインに使われ、心浮き立つパッケージなどのデザインにも多用されるようになりました。

黄色は、美しく発展的な色でもあります。因習から解放されて持ち味が存分に発揮されるようになったとき、本当の意味で「幸福を意味する色」として輝きはじめるでしょう。

雨上がりに空に現れる、7色の虹。現在、虹(レインボー)といえば7色が全世界共通ですが、じつは時代や国によって認識が違っていたのです。書籍『色で巡る日本と世...
スコットランド生まれの、タータン。マフラー、シャツ、スカートなどにも採用される人気の柄ですが、そこには私たちが知らないストーリーがありました。色にまつわる...
ムスリムの女性が身につける布、ヒジャブ。これを被っているとひと目でイスラム教徒だということがわかってしまうので、イスラム教への誤解や偏見が強まっている現代...
目が見えない人にとって、世界はどう感じるのでしょうか?そこで、今回紹介する動画がテーマにしているのは「色」です。「Cut.com」が今回チャレンジしたのは...
最近は、PCやスマホばかりで、すっかりえんぴつを使う機会が減った。だからだろうか。「500色の色えんぴつ」というネーミングに妙に心が惹かれたのだ。この色え...
アメリカ・カリフォルニア州のサンディエゴに住んでいるコンチェッタさんは、私たちが可能だとされている100倍もの色を見分けることができるらしい・・・。基本的...
多くの科学者は言います。「私たちは、高い確率で赤色を異なる風に認識している」と。しかし、その正確な理由を知るのは困難です。さらに「Little Thing...
だんだん秋めいてきましたね。もうちょっと寒くなってきたら、ホクホクの焼き芋が美味しい季節。スイートポテトや大学芋を思い浮かべると…あ〜お腹が空いてくる。と...
「朝食のスクランブルエッグ」、「あぜ道のたんぽぽ」、「月の女神ダイアナ」、「初夏の枇杷」etc….。美しい情景やユニークな音の響きをもったその名前にふれる...
「WorldTruth.TV」に、目と脳についての興味深い記事が掲載されているのでご紹介。なんと、目の色を見ただけで性格がわかるというのです。ここでの分類...
「人の絵文字の肌の色が一色なのはおかしい!」との声に、ついにAppleが応えました。開発者向けに配布が始まったiOS 8.3 beta2では、従来の絵文字...
好きな色には性格が現れる。なんて、よく聞く話ではあります。が、その中でも選んだ車の色にはその人の個性が現れると思いませんか?だって、結構大きな買い物ですか...
見ての通り、ネットで「羽がきれい!」と話題になっており注目度が急上昇中。日本の動物園でも飼育されている鳥なんですよ。「ミノバト」は、東南アジアが主な生息地...
「人間は中身」とは言っても、見た目からその人がどんな性格なのか、なんとなく見えてくるのも、事実。人それぞれこだわりがあるメイクのなかでも、顔の印象をがらっ...
「これ以上の輝きは、もうないのでは」博物館の学芸員にこう言わしめた、史上最高の輝きを放つオパールが、いよいよ一般公開されるという。「ヴァージン・レインボー...
食べもの、飲みものに関わらず、どんな世界にも専門用語はありますが、もちろんそれはビールにも。ここで紹介するのは、ビールを表現する時に必要な用語や、ビアパブ...
ネイルをしている人の指先には、やっぱり目が行きますよね。ていねいに自分で磨きあげることも、サロンでお気に入りのデザインにしてもらうにしても、結局は、自分の...
外国人に「なぜ日本は○○なの?」と質問されても、パッと答えられない自分がいる…。そういう方も、決して少なくないと思います。ここでは、日本に関する雑学を集約...
人生、このままじゃダメだとわかっていても、一度ネガティブ思考のスパイラルに陥ってしまうと、そこから抜け出すのは簡単ではありません。ここでは「Elite D...
暑い夏。喉が渇いて我慢できない時はカフェに駆け込むのだけれど、鞄の中がいっぱいだと、お財布を探すまでに手こずる。そこで活躍してくれるのが、かざすだけで決済...