じつは七色じゃない?「虹」にまつわる意外なお話。

雨上がりに空に現れる、7色の虹。

現在、虹(レインボー)といえば7色が全世界共通ですが、じつは時代や国によって認識が違っていたのです。

書籍『色で巡る日本と世界 くらしの色・春夏秋冬』を読むと、いかにして虹が7色に数えられるようになったのか、さらに国ごとの色の呼び方や数の違いがまとめられていました。

ちょっとオドロキです。

そもそも「虹」って
なにもの?

C22eca30e59a3bf03cc460c5a22f146ea575a979

虹は、空気中の水滴で太陽の光が分光されて起こる、光学的な現象です。一見透明な太陽光ですが、じつは様々な色の光で構成されていて、ちいさな雨粒に当たると屈折や反射をし、波長ごとに方向を変え、虹を作り出します。

比較的観察しやすい主虹の色は、外側から内側へ赤、橙、黄、緑、青、藍、紫の順ですが、その上にかすかに見える副虹は、この逆に並びます。

旧約聖書・創世記の『ノアの方船』では、大洪水後の場面で、神が空に虹を架けます。これは神の許しと愛のメッセージであり、神と人との永遠の契約を象徴するとされました。

また、シェイクスピアの戯曲『ジョン王』では「虹の七色にさらに一色を加えるのは無駄で滑稽で余計なこと」という台詞があり、虹が完全無欠の象徴であったことがうかがえます。

厳密に言うと
「7色」ではない?

先ほど、虹の色は7色であるかのように述べましたが、実際はグラデーションで、色を個別に捉えることは困難です。そのため、時代や地域によって、色名が異なります。

たとえば奄美では赤と青の2色、キリスト教では青・赤・緑、アリストテレスは赤・緑・青に加えて、2次的に他の色が現れる場合がある、と述べています。

また、イスラム教では四大元素に対応する赤・黄・緑・青とされ、イギリスの伝承童謡『マザー・グース』には紫・黄・赤・緑の4色が登場。司馬江漢は『和蘭天説』で、黄色・紅色・緑色・紫色・青色と記述していて、鎌倉幕府のことが書かれた『吾妻鏡』では、「五色の虹」に、赤色と紅梅を別の色として見出しています。

一方、青との微妙な差のためか、藍を欠いて6色とする地域も。このように、地域によって様々な解釈があるのです。

「7色の虹」と
「7音階」の意外な関係とは?

文化や言語で見ると、色相はどのように区別されてきたのでしょうか。たとえば、虹を2色と見る文化では、赤から黄の色相と、緑から青、紫への色相とを2分割で表現しています。ヨーロッパではキリスト教の三位一体の「3」、中国では五行説の「5」といった数による分類体系の影響も指摘されています。

17世紀イギリスの物理学者アイザック・ニュートンは、太陽光をプリズムで分光し、虹色のスペクトルを得ました。当時、数学や天文学と並んで音楽が権威ある科目だったため、著書『光学』でも7つの音階を意識して、虹を7色と述べたとも考えられます。

虹を7色とする考えが世界的に広まったのは、この『光学』発売以降のことなのです。

これは、2016年8月22日ミズーリ州ニューヘイブンで撮影された写真。当時、雨は降っていなかったということですが、大地を覆う霧の上に“色のないアーチ”がか...
スコットランド生まれの、タータン。マフラー、シャツ、スカートなどにも採用される人気の柄ですが、そこには私たちが知らないストーリーがありました。色にまつわる...
「これ以上の輝きは、もうないのでは」博物館の学芸員にこう言わしめた、史上最高の輝きを放つオパールが、いよいよ一般公開されるという。「ヴァージン・レインボー...
見ての通り、ネットで「羽がきれい!」と話題になっており注目度が急上昇中。日本の動物園でも飼育されている鳥なんですよ。「ミノバト」は、東南アジアが主な生息地...
一番好きな色を聞かれて「黄色」と答える人は、どのくらいいるでしょうか?爽やかなイメージ、レモンやバナナといった新鮮なフルーツ、もしくはお気に入りの戦隊モノ...
イングランドの空に変わった虹が出たと言うから、どんな形をしているのだろうと調べてみたら、変わっているのは形じゃなくて色。見ての通り、夕空を背景にした淡い紅...
最近は、PCやスマホばかりで、すっかりえんぴつを使う機会が減った。だからだろうか。「500色の色えんぴつ」というネーミングに妙に心が惹かれたのだ。この色え...
ドイツ・ベルリンのデザイン集団「Neo/Craft」。彼らのものづくりに対するモットーは、素材のもつ固有の美しさをプロダクトで表現すること。もちろん、見え...
「WorldTruth.TV」に、目と脳についての興味深い記事が掲載されているのでご紹介。なんと、目の色を見ただけで性格がわかるというのです。ここでの分類...
「レインボーブリッジ」とはいえど、本当に“虹色”に輝くのは、一年でもごく限られた期間のみ。「いつの間にかライトアップが終わっていた…」なんて悔しい思いをす...
多くの科学者は言います。「私たちは、高い確率で赤色を異なる風に認識している」と。しかし、その正確な理由を知るのは困難です。さらに「Little Thing...
「朝食のスクランブルエッグ」、「あぜ道のたんぽぽ」、「月の女神ダイアナ」、「初夏の枇杷」etc….。美しい情景やユニークな音の響きをもったその名前にふれる...
以前、『イギリス人デザイナーが手がける、料理をのせるだけで「かわいく」見えるお皿』という記事でも紹介した、Duncan Shotton Design St...
アメリカ・カリフォルニア州のサンディエゴに住んでいるコンチェッタさんは、私たちが可能だとされている100倍もの色を見分けることができるらしい・・・。基本的...
好きな色には性格が現れる。なんて、よく聞く話ではあります。が、その中でも選んだ車の色にはその人の個性が現れると思いませんか?だって、結構大きな買い物ですか...
突然ですが、「にんじん」の色と聞いて、オレンジ以外を想像することができますか?実のところ、最近では写真のような茶色や紫色のにんじんも市場に出回るようになっ...
目が見えない人にとって、世界はどう感じるのでしょうか?そこで、今回紹介する動画がテーマにしているのは「色」です。「Cut.com」が今回チャレンジしたのは...
誰にとっても一年は24時間365日、例外なし。なのに短く、あるいは長く感じてしまうのは、心の捉え方の問題。もしも駆け足で過ぎていくように感じる原因が、時計...
あなたは虹が真円を描くのを見たことがありますか?イギリス人のアンソニー・キリーンは、ニュージーランドの「ベイ・オブ・アイランズ」で16,000フィート(約...
暑い夏。喉が渇いて我慢できない時はカフェに駆け込むのだけれど、鞄の中がいっぱいだと、お財布を探すまでに手こずる。そこで活躍してくれるのが、かざすだけで決済...