一見、正反対なのに「頭脳派×感覚派」のカップルがうまくいく理由

電池のプラスとプラスがくっつかないように、人間も似たもの同士だとなかなかうまくいかず、反発してしまうのかもしれません。

Elite Daily」の人気ライターLauren Martinさんによれば、恋愛ではひとりが「頭脳派」で、もう片方が「感覚派」のほうがうまくいく傾向にあるのだとか。冷静に対処できないときこそ、自分とは違った考えを持つパートナーの存在が必要なのかもしれません。

01.
事実にフォーカスする頭脳派
直感にまかせる感覚派

D699e626a14863ef1f25b018a232ef5d689eebfd

付き合いたての段階では、とにかく「事実」を並べたがるのが頭脳派です。いま置かれている状況や空き時間の過ごし方、そしてふたりの関係…なんでも細かく分析しようとするでしょう。

一方で感覚派は、直感に頼ります。たとえ冷静に考えたら恋に落ちるべきではない相手でも、直感を信じて動くのです。感覚派の人がいなければ身を結ばなかった恋愛がこの世にはたくさんある、と言っても過言ではないでしょう。

02.
「情報」で状況を判断する頭脳派
「相手の顔」を見て状況を判断する感覚派

たとえば、頭脳派はFacebookから状況を判断しますが、感覚派は相手の表情や言動で状況を判断します。

そして、頭脳派は決定的な証拠がなければ「関係が崩れ始めている」なんて判断しませんが、感覚派は証拠なんて何ひとつなくても取り乱してしまう可能性があります。つまり、感覚派は、2人の内ひとりで十分なのです。

03.
解決案や対策法をリードする頭脳派
フィーリング任せの感覚派

67c3a3bc04f666e02d959f2503554691187c4800

お花をプレゼントしたり、チョコレートや素敵な褒め言葉で甘やかしたり…。頭脳派は問題解決を様々な方法で生み出そうとします。しかし感覚派は「心地悪い」と感じない限り、何もアクションを起こしません。

世の中に「お花を買う側と、受け取る側」がいるのは、こういう論理から成り立っているのかも。

04.
あら探しが好きな頭脳派
人のいいところに目を向ける感覚派

どんな恋愛も、山あり谷あり。両者が関係に対してネガティブなら、そこで終止符を打つべきでしょう。でも、頭脳派×感覚派のカップルだと、たとえ頭脳派がネガティブでも、感覚派はいつでもポジティブだったり。

きっと気持ちに素直な感覚派が、ふたりをつなぎとめてくれるでしょう。

05.
ケンカと向き合う頭脳派
ケンカを恐れる感覚派

Fc3701a552fee3049776b464e09fa90d3c5ace55

頭脳派は、問題が発生すると修復にむけて尽力します。反対に、感覚派は基本的にケンカが嫌いです。ぎこちない状況からいち早く抜け出すことを望み、ケンカが収まらないと落ち着けません。

そんな、ケンカから逃げ出したがる感覚派をつなぎとめてくれるのは、解決したがる頭脳派なのです。

06.
主導権を握りたい頭脳派
愛されたい感覚派

大事にさえされていれば、リードしたがる頭脳派に主導権を握られても満足な感覚派。頭脳派はリードさせてもらえないとフラストレーションが溜まり、感覚派は放棄されると不安になるので、このふたりが付き合うと、自然に役割分担ができるのです。

07.
なんでも理由を知りたい頭脳派
自分に起きたことだけ知りたい感覚派

別れが訪れたとき、頭脳派は決定的な理由を知りたがるでしょう。ほかに誰か好きな人ができたのか? それともセックスに満足していなかったのか?

一方で、感覚派は自分を責めます。関係が壊れた理由ではなく、自分の欠点をひたすらに問うのです。

08.
真実にこだわる頭脳派
信じたいことを信じる感覚派

Ebea613c93176c813cf1138f10354998b275d73a

頭脳派は、周りにも自分にも正直です。うまくいってないことがあれば、修復に努めるか、自分を責めるかのいずれかでしょう。

反対に感覚派は、できるだけ真実から目を背けたいタイプ。平和を好み、自分の都合に合うことを信じる傾向にあるのです。

でもなぜか、カップルとなるとこの正反対のふたりがうまくいくから不思議。

Licensed material used with permission by Elite Daily
食べ物で性格を言い当てる、「Elite Daily」名物ライターGigi Engle氏が、なにやら気になる分析を記事にしました。チョコレートの好みで女性の...
とっさの判断を迫られたとき、直感や本能に頼るほうが結果的に正解だった場面ってありますよね。たとえば運転中や、初対面の人の第一印象とか。また、いわゆる「直感...
去る8月8日は、動物愛護団体・国際動物福祉基金が定めた「World Cat Day」、つまり世界猫の日。それにちなんで、Facebook社がネコ派とイヌ派...
永遠のライバル、イヌ派とネコ派。飼っていない人にとっては「そんなに違うの?」と思うかもしれませんが、全然違うんです!そんな気持ちを代弁してくれるのが、モス...
学校に通っていたときは成績で知性の背比べをしていましたが、名誉ある心理学者Howard Garnerさんの言葉を借りると、「結局のところ、標準テストは一種...
好きな人がAB型で、かつ長男の男性である。そんなとき、接し方に迷ったら、こんな分析を参考にしてみては?血液型からのイメージや習慣の傾向から、こう考えられる...
早速ですが、あなたは早食い派ですか?それともゆっくり食べる派ですか?実は食事をする時のクセが、その人の性格を一番表していると「Little Things」...
「あんなに仲良しだったのに、どうして別れちゃったの?」と言いたくなるカップル、いますよね。呆れるほどふたりのセルフィーだらけのアカウントが、ある日トツゼン...
お店に行くと、ずらっと棚に並んでいるチョコレート。よく見かける「ダーク」と「ミルク」だったら、あなたはどちらを選びますか?恋愛系の記事で人気の女性ライター...
付き合いたての頃は、ハンバーガーを食べるのもハードルが高い。大口開けるの恥ずかしいし、麺類は吸うのに気を使いすぎて味がわからない…って、いちいち気にしてい...
相手との会話が盛り上がらないと、変にもっと話そうと焦ったり、不安になったりすることもあります。でも、強い絆で結ばれているカップルなら、そんな必要はありませ...
周りの植物系男子に対して、あなたはどんな印象をお持ちですか。物静かで恋愛に対して消極的といったところでしょうか。どちらかというとネガティブな印象が目立つか...
天然素材、自然由来、かだらにやさしい、これら「オーガニック」を修飾する名詞は口にするものだけでなく、今では衣類や日用雑貨においても、“気になる”キーワード...
コーヒーよりも断然紅茶派な私は、ずっと悩んでいた。便利な機能が搭載されたコーヒーメーカーは続々と登場するのに、これぞ!というティーメーカーには、なかなかお...
大事に想うパートナーがいるなら、関係を長続きさせたいと思うのは当然のこと。愛おしい恋人と今後も仲良くしていきたい方に参考にしてもらいたいのは、人気の恋愛ラ...
一緒にいるのが楽しくて付き合い始めた、ふたり。なのに、だんだん相手のことを嫌いになっていくのはなぜだろう?もしかしたら、あなたは勘違いしているのかもしれま...
「ハンドルを握らせると、まるで別人格」なんて話がありますが、ここでは豹変するドライバーたちの手に着目した記事を紹介します。「Little Things」ラ...
お酒はときに人生の歯車をおかしくさせますが、楽しむ程度であれば、大好きな恋人ともっと仲良くなれる最高のスパイスになります。「Elite Daily」の女性...
パートナーと、一緒に料理を作ることはありますか?ホンネをぶっちゃけた記事が人気の女性ライターGigi Engleが、恋人同士で料理を作ることの素晴らしさを...
街コンやマッチングアプリ、SNS。異性と出会う方法は昔と比べて随分と「お手軽」になってきました。にも関わらず、恋愛から遠のいている男女が増えている、と主張...