1日の「ムダな時間」を見直す6つの提案

もしも「ただ時間をつぶす」っていう仕事があったら今ごろ億万長者なのに…なんて思っちゃうほど、あとから思えば無駄だったとも思えるような時間を過ごして、後悔した経験はありませんか? でも、悪い習慣はどこかで断ち切らなくてはいけません。

アメリカの調査によれば、人は1日平均5時間もテレビを見ていて、ラッシュアワーで使う時間は1年で42時間、SNSは1日118分だそうです。こんなふうに聞くと、ほとんどの時間をテレビと移動、SNSやメールで無駄にしているような気がしてきませんか?

こんな現実を変えるためにどうするべきか。「Elite Daily」のライター、Anna Johanssonさんから6つの提案です。

01.
思い切って
ログアウトしてみる

066c3bfcfbfd9363fddc8719b23a9e74b032fc59

マネージメントの専門家Craig Jarrw氏は、メールチェックについて興味深い指摘をしています。それは、多くの人がメールを送るためではなく、ただチェックをするためだけにメールボックスを開いている、というもの。

スマホにもパソコンにもタブレットにも入っている、メール機能。このままでは本当にメールから解放される機会がありません。

Jarrow氏は、メールアカウントからログアウトして、チェックに追われる習慣をやめるべきだと主張。

「ちゃんと返信ができるときにだけ、メールボックスを見るべきです。そうじゃなければ、わざわざチェックする必要はない。時間も労力も無駄だし、すぐに対応できないような情報を抱えて、ストレスを溜める必要はないのです」

ただ見るだけの行動に時間を費やすのではなく、一度メールを読んだら、削除、フォルダ分け、返信など、なんらかのアクションに繋げるようにしましょう。

02.
スヌーズ機能は
使わない

これまでいったい、何度「スヌーズ機能」を使ってきたことでしょう。

あと3分、あと5分寝ていたい…。この疲れた体にはそれが必要なんだ!そう思ってはみても、結局最初のアラームが鳴ったあとに惰性で眠ったって、ちゃんと体が休まるわけではないのです。

つまり、ダラダラしているのは時間の無駄でしょう。

毎朝20分も目覚まし時計と格闘するのはもうやめにして、シャワーを浴びて着替えたり、素敵な朝食を食べたり、読書をしたり、早めに仕事に行ったりする時間に当ててみませんか?

03.
無駄なアプリは消す

49cbf67fe890ae80e9dadd8771aaefd255ee77a2

「いつかやるかも!」なんてノリで、ついゲームのアプリをダウンロードしたけど、それは本当に必要なもの?確かに楽しいかもしれませんが、結局は時間を無駄にしてしまった…と後悔するものが多く、最終的にはあなたの生産性を下げることにもつながります。

スマホにいらないアプリが入っていたら、2つの解決策があります。

ひとつは、全部消して本当に必要なものだけ残すこと。もうひとつは時間つぶしにしかならないゲームはやめて、頭の体操になるようなアプリに置き換えること。

中にはとても役に立つゲームもあるので、選ぶものには慎重に。

04.
寝室には
テレビを置かない

ミニマリストのJoshua Becker氏は、こう語ります。

「夕方の時間は、瞑想をしたり、自分の1日を評価し、まとめることのできる貴重な機会です。こうすることで、私たちは自分の過ちから学び、人間として成長することになります。残念なことに、多くの人はエンターテインメントに時間を費やし、この貴重な機会を無にしてしまうのです」

寝室からテレビをなくすことで、1日の終わりの過ごし方が格段に変わります。テレビだけに夢中になると、1日を振り返り、次の日のことを考える機会を逃してしまいます。

05.
通勤時間を
遠隔での仕事に当てる

通勤に片道1時間もかけるのは、週に10時間も仕事の時間が増えているようなもの。

遠隔で仕事ができれば、通勤時間はなくなります。10時間も余分に仕事をするよりも、自分のアプトプットを増やして、もっと有意義にしましょう。もちろん、すべての会社が対応しているわけではありませんが、遠隔でのワークスタイルを認める会社も、増えつつあります。

週に何回か在宅で仕事をするだけでも、通勤にかけていた時間を別の生産的な何かに使えるようになるはず。

06.
イヤな誘いは
キッパリと断る

0c43bda1cab6fb6a2d7ba9a94a213346ccdcd46e

「Porch」のCEO、Matt Ehrlichman氏はこう言います。

「時間が足りないのにリスクが高いとき、起業家として最も重要なスキルのひとつは、自分の優先事項に合わないものに対して、NOと言えること」

とてもシンプルな言葉ですが、実行するのはなかなか難しいかもしれません。生産性を最大にしたいのであれば、「NO」と言える技術を身につけましょう。

そうでなければ、他の人のために時間を使っていて、自分のための時間を持てない、ということになってしまいます。

Licensed material used with permission by Elite Daily
仕事中に気が入らずダラダラしたり、昼寝をしたり、SNSをチェックしたり。それって、どうやら労働時間に問題があるのかも。つまり、長すぎて体力も精神ももたない...
近年、いわゆる9時17時の8時間労働が、海外では“仕事中毒”を生むだけだと、ワークスタイルが見直されつつあります。「労働時間を短縮することで生産効率が上が...
かのナポレオンは、一日に3時間しか寝なかった。なんて言い伝えがあるけれど、人間にとって本当に必要な睡眠時間は、はたしてどの程度なのだろか?ここに登場する、...
成功するためには失敗しなければならない。何だか、逆説的な話ですが、成功した人は、みな口を揃えてこう言うから不思議。「失敗は成功のもと」と、日本でも古くから...
「これまでの人生を振り返ったとき、ムダを費やしたことは一切なかった。効率的な事ばかりしてきた」なんて人はいないでしょう。高田晋一さんの著書『自己啓発の名著...
「6時間以下の睡眠を毎日続けているのであれば、あなたの精神と身体能力は、2日間徹夜した状態と同じ程度まで低下しているかもしれない…」。ここで紹介するのは「...
もっとも成功した起業家9人を「Inc.com」にリストアップした、ジャーナリストのEkaterina Walter氏は、彼らの時間の使い方(タイムマネジメ...
スヌーズをセットして、少しでも長く眠ることにしあわせを感じていませんか?そんなあなたでも、毎朝6時前に起床したくなる6つの理由を「Elite Daily」...
働く場所に縛られない「リモートワーク」は、企業側の心配をよそに、とても効率的だという研究結果があるそうです。「mental floss」の記事によれば、社...
中学、高校の頃を思い出してほしい。毎年夏になると学校や塾の先生から、「勉強で1番差がつく季節」と言われたりはしなかっただろうか?では、今はどうだろう。昔と...
ビジネスにおいて大きな成果を残している人に話を聞くと、彼らは口を揃えて「もっと時間が欲しい」と言います。時間はすべての人に平等です。にも関わらず、いつも時...
1日のムダな時間って知らず知らずのうちに増えてしまうもの。そのムダを可視化するために、まずは自分の行動を計測してみましょう。計測することで、排除すべき点が...
読書の重要性をネットに書くと必ず「読書なんか必要ない」という書き込みをされます。しかし、読書は人生に大切なもの、全てを与えてくれるのです。01.1日を「7...
ここ数年、いたるところで目にするようになった「生産性」っていう言葉。「生産性を上げるには?」「優秀なあの人はなぜ生産性が高いのか」なんていう記事を読んだと...
職場における生産性の向上は、社会人にとって大きな課題のひとつ。「気づけばもう夕方なのに、まったく仕事が終わっていない…」と途方に暮れるような日もあるのでは...
学生時代、評価ばかりを気にして、生活のリズムを変えてまで学業に励んだ経験はありませんか?それが人生の目標であれば達成したと言えますが、人生でもっと大きな成...
仕事のためではなく、自分の好きなことを中心に置いたライフスタイルを貫く、本田直之さんと四角大輔さん共著の『モバイルボヘミアン 旅するように働き、生きるには...
忙しいだけの人なら、たくさんいます。本当に大変なのは「生産的であること」。考えてみてください。生産性の高い人はテキパキと仕事をこなし、To-doリストを消...
隣の芝生は青く見える、と言いますが、あなたがどんなに成功していたとしても、世界一になるというのは、なかなか難しいものですよね。どんなことにだって、上には上...
「プライベートでの成功が仕事の成功を生み出す」ライターMARCEL SCHWANTES氏の主張を簡潔にまとめるならば、そういうこと。成功を収めた起業家は、...