オーガニックの果てにあった「生きた泥」をLAで一杯

健康のために、変わったモノを摂取するブームは、昔から話に事欠かない。日本が誇るレジェンド・オーガニックドリンク「青汁」。様々な「酢」を飲むブーム。昨今では青臭さにシトラスが混じったようなテイストのものが、LAやNYの街角で販売されている。

また、お世辞にもおいしいとは言えないホームメイドの野菜ジュースのようなものが、おしゃれな包装をされて8ドルを下回らない。

これら不可解な味のフレッシュジュースも、ビギナーは柑橘系のいわゆる搾りたてジュースからはじまり、段々とセロリやキューカムバーが入った変わり種へと到達する。ジンジャーや、ターメリック、ガーリックのショットが、スターバックスよろしく並ぶ。そして、たどりついたもののひとつが「泥」だった。

ごくり。ショットグラスで提供される「泥」を一気飲み。

Eccaa8f6a4d1414d785e4ab8e6244bd800732748

90年代は治安の悪さから歩けないと言われていた、LAのファッションディストリクトから少し離れたところにある「THE SPRINGS」。ここで提供されるリビング・クレイは、ショットグラスで出てくる。

「リビング・クレイ、ワンショットプリーズ!」

が、正しいオーダーの仕方だろうか。店員も、あまりクレイのことをおいしいとは思っていない。どんな味がするのか、という問いに「No Tastes(味なんてない)」とひと言。ぐびっと飲み干せと、からかわれる。

試しになめてみると、想像以上に泥だ。泥を飲んだことがある人は少ないだろうが、明らかにそれは泥だとわかる。目隠しされて、情報を与えられないままに飲んでも、おそらく泥だと思えるだろう。味は無い。においも無い。砂のざらっとした感触がある。これを、スコッチのように一気にのどに流し込む。

おいしい、わけがない。

9f782854891871873c82c4cd67b54406dd12055c

泥が「生きている」とは?

リビング・クレイ、直訳すると「生きている泥」になるが、もちろん泥自体が生きているのではなく、泥に含まれる微生物のことを指している。この「THE SPRINGS」では、泥自体の有用性よりも、微生物を飲むことによって胃腸をはじめとした、体の調子を良くすることを売りにしているという。

実際、この泥を渡米後すぐに飲むことによって、ジェットラグで調子を狂わせていた僕の胃腸が動き出したのは確かだ。睡眠不足でたまる不快なガスが頻繁に排出されるようになり、滞在中のトイレ事情が安心になる。

店員によれば、1週間に1度くらい飲用するのがベストだそうだ。

5a4f357ee463eecbbf3189a780243ec8f825c3fb

「THE SPRINGS」も、とくにリビング・クレイが飲用できることで有名なわけではなく、ファッションディストリクト、ダウンタウンからほど近い立地で、キッチン&ジュースバーと、ヨガなどのフィットネスを融合しているのが特徴的。倉庫をリノベーションした居心地のいい空間で、たとえ泥を飲むずとも健康になれそうだ。

LAに行ったらカフェ巡りも楽しいが、ウェルネス系を攻めてみるのもなかなかいい。

Db410e638c606eadfcd5dcc82492cbe13018a5cb
Photo by 稲垣正倫
ブルース・ガードナーは、ニューメキシコ州アルバカーキにいる。どうやら究極の「光る泥だんご」を追い求め、日々研究と実験を重ねているようだ。きっかけはある人物...
平野 宏枝1981年生まれ、ビューティプロデューサー。これまでのキャリアで美容アドバイスをしてきた女性は14万人を超える。顧客の悩みに合わせた「オーダーメ...
ウミガメやイルカと遭遇できる海も、鶏飯も、島人の優しさも、奄美大島の魅力をあげたらキリがない。けれど、世界で唯一、奄美でしか体験できない伝統工芸「泥染め」...
完全オーガニックの学校給食がアメリカで開始される。「TakePart」のライターWilly Blackmore氏によれば、それも「地元産のみ」というこだわ...
今回の「私が知りたい、コーヒーの人」は、桑原りささん。桑原さんはNHKを始めとする数々の番組でキャスターや司会者をされてきたほか、国際・経済ニュースを取材...
日本では遺体を火葬することが一般的。海外では土葬するところも多くありますが、お墓参りというと墓石や十字架の並んだ風景が頭に浮かぶもの。しかし、イタリアのデ...
お葬式を、”故人の最後のメッセージ”と価値づけた新しい概念が「ナチュラル×フューネラル」だ。例えば、自然に優しい間伐材を使用した棺、または、強化段ボール製...
スイーツに関連する調査でも、必ずトップに入り込む定番デザート「アイスクリーム」。しかし健康やダイエットのためにあまり食べないようにしている人も少なくない。...
有機、無農薬、オーガニック…いづれも後ろにつく語句は野菜や栽培など、食と深く関わるものばかり。カラダに良いというイメージはあるはずです。では、それらの違い...
「ロサンゼルスのダウンタウン。ストリートに詰まった精神性やノイズ。壊れたままの建物や、アートとなって蘇った様々なもの。その全てに個性があり、その色やディテ...
今日のココナッツオイルブームの火付け役とも言える女性起業家が、「ガマンしないオーガニックおやつ」の路面店をオープンしました。オーガニックなんだけど、ジャン...
先週はうんざりするほど雨続き。週末と月曜日は台風で、お気に入りの靴が泥だらけになってしまった人も少なくないはず。掃除用の歯ブラシを使って、自宅で綺麗にでき...
毎朝一口ずつ飲むだけで、脂肪燃焼やコレステロール値を下げる効果が見込めるかもしれない?そんなオーガニックジュースの作り方が「Simple Organic ...
男性も女性も、タイミングは違えど薄毛や髪質に悩む時期はあるもの。オーガニックなライフスタイル情報を扱うwebサイト「Simple Organic Life...
思わず圧倒されるボリュームと色鮮やかさ。通常のそれとは桁違いの量の野菜を挟み込んでいるのは、東京・代々木上原にある「POTASTA」自慢の特製サンドイッチ...
「オーガニック」をテーマとしたナチュラルな腕時計が話題を呼んでいます。と言ったところで、ピンとこない人も多いですよね。言い換えると、使用される木材は加工に...
「THE GLASS」は、まさに使いやすさを目的にデザインされたプロダクトです。一見何の変哲もないグラスですが、素材は厚みのある耐熱ガラス。割れにくく、電...
IPA=インディア・ペール・エール。クラフトビール好きならば、この言葉に敏感に反応してしまうかもしれない。ビールらしいホップの苦みを押し出したもので、クラ...
家庭的で素朴な味わいを求めて、多くのハリウッドスターもお忍びでやってくるという、ロサンゼルスで人気のパイとオーガニックコーヒーの専門店「The Pie H...
テンダーヨホホ研究所主宰泣く子も訛る社会派ヒッピー。 電気関係、ウェブ、文章表現、写真、選挙、先住民技術、などが研究対象。 2015年のテーマは弓矢と足跡...