桜の木、35万本。アメリカの新たな「花見スポット」がメイコンだ。

桜が綺麗な国は決して日本だけではありません。そのことはもはや、多くの人が知っているはず。特にワシントンD.C.のそれは、日本から贈られたものとして有名。今では「全米桜祭り」の開催地になるほど、アメリカ屈指の花見スポットと認知されています。

しかし、ジョージア州メイコンは、それをも上回る「桜シティ」。約90倍にあたる35万本以上の木が植えられており、春にはそれらが一斉に咲き誇るのだとか。

始まりは、1本の木。

83c7d7cd4cfa5c71c96575a3d91cfda3d21c87b0

実はこの街にこれほどの桜が広まったのは、「偶然」と「街の人の熱意」のおかげなんです。

メイコンで桜が発見されたのは1949年のこと。この地に住んでいたWilliamさんは、自分の家の裏庭に見たことのないピンク色の花が咲いているのを発見したそう。これはソメイヨシノだったのですが、当時のアメリカ南部ではとても珍しいものだったので、庭師も含めて誰ひとりこの花の名前を知りませんでした。

6062242714bbae13e247a7aadc65c76fcfadd991

のちに出張で赴いたワシントンD.C.で花の正体を知ったWilliamさんは、桜を繁殖させ、コミュニティで自由にシェアできるようにしました。すると、多くの人がその美しさに魅せられ、桜で街を彩るプロジェクトがスタート。次第に数が増えていき、1982年からは「桜祭り」が開かれるようになりました。

E6215db12d547a546e147b9d20cc6f56f883065f1800653b40ef8aa8718e3f7153eebcba0ec31565B15e7aff12e96002e1b8e2aa1ac5ad71252de8ec5a4280f17b993c16b1ff51fc2f9ac062dc15a1bbA23e195b2e84d56394e72e65d3df14580bc3bb8b7ae531e2af65ceeda1a0cd3454d296dbcb2633af006688e715b572fd03332372e8d1b9b5e8a53695

お祭りは、街だけでなく人や動物もピンク色を纏っていて、とても華やかな印象。ツアーやライブ、ショー、パレード、屋台やグッズ販売もあり、かなり盛大に開催されている模様です。レジャーシートを広げ身内だけでお酒を飲む日本の花見とは大違いですね。

Licensed material used with permission by International Cherry Blossom Festival
南北に伸びる日本列島。花満開の便りがようやく北海道に渡り、このゴールデンウィークに見ごろを迎えるようです。今年も日本全国が桜色に染まりました。Instag...
あたり一面に広がるのは、目にも鮮やかなピンク色の絨毯。ここは埼玉県秩父市にある羊山公園です。武甲山のふもと、羊山公園内の「芝桜の丘」には約40万株の芝桜が...
2015年11月20日(金)より『目黒川みんなのイルミネーション2015』が開催予定。春には桜で満開になる目黒川沿いに、21万球以上のLEDで彩る“冬の桜...
日に日にふくらむお花のつぼみを見るたびに、満開の桜の下でお花見するのが待ちきれなくなってくる今日この頃。ポカポカした陽気のなかでみんなで乾杯!なんて、考え...
ヒップホップやスケーターカルチャーとリンクした、少しルーズな服装を好む人々にとっては心外な法律である。いわゆる「腰パン」が、アメリカの一部地域で違法となっ...
月額固定料金の定額サービスが、ついに飛行機にも!アメリカの航空業界に定額制を導入した企業に、いま注目が集まっています。出張向けではありますが、どれだけ乗っ...
アメリカ国内では、同性婚の合法化が進んでいる。2014年の10月7日、アメリカにおいて新たに6つの州で同性婚が合法化することが決まった。新たに加わったのは...
ツボミがゆっくりと開いていく様子は、ハッと目の覚めるような美しさ。今までは、満開になる前の姿がこんなにも魅力的だなんて、気づきませんでした。タイムラプス動...
異国情緒を感じながらその土地にどれだけ浸透するか。バックパッカーやひとり旅の楽しみ方といえばこれ。だけど、風の向くまま気の向くまま、とはいかない期限付きの...
東京駅の3Dプロジェクションマッピング「TOKYO HIKARI VISION」や「新江ノ島水族館 ナイトアクアリウム」などで知られる、クリエ...
実物を前にしたら目をまん丸くして、まじまじと見てしまいそう…。これは、アメリカを拠点に活動するScott Weaverさん(57歳)の「Rolling T...
まるでおとぎ話のようだが、確かに実在している木だ。開発したのは米・シラキュース大学の美術教員であるVan Aken氏。そのきっかけとなったのは、2008年...
とてつもないスピードで移動できる手段が登場?なんて思う人は少ないかもしれませんが、本当に東京都心から1時間で到着しちゃうのが、ここで紹介する「ジョンソンタ...
地球温暖化によって海面が上昇している。その影響によって、海岸侵食が進み世界中のビーチから砂が失われつつある。ビーチの砂は、とても大切なもの。例えば、海沿い...
今年の12/25に向けて、アメリカの「Oyster.com」が紹介していたのは、クリスマスに人気の10の旅先。1位のニューヨークにはなるほど、というところ...
もしもアメリカで働けるとしたら?と想像してみたら、仕事探しに最適な街はそもそもどこなんだろう?と考えた。勢いで行ったのはいいけれど他の街にすれば良かった…...
先に言わせてもらうならば、ツッコミどころは満載。・場所はイギリスではなくアメリカ・「ホグワーツ特急」とはいえ、どう見ても普通の電車・アカデミックカンファレ...
もしかしたら、ほとんどの日本人はその街の名を聞いたことがないかもしれません。しかし、『Forbes』や『TIME』が発表しているランキングでは、アメリカで...
アメリカ50州には、それぞれ州ごとに制定された法律があるのですが、中にはにわかに信じ難いものや、冗談としか思えないようなものも。その一つひとつを、わざわざ...
この写真、合成ではありません。ここはセントラルパーク内「Sheep Medow」。満開の桜のようにも見えます。映画によく登場する「Gapstow Brid...