はっきり言って「泡ひげビアー」を知らない宅飲み派は、大損しています。

「それ、家にあったらめっちゃイイですね!」

あるプロダクトの紹介記事を書こうとHPを眺めていると、僕のPCを覗き込んだビール好きの後輩が話しかけてきた。どうやらかなりテンションが上がっている。曰く、

「友人や先輩と僕の家でよく飲むんですけど、自分はさておき、相手には美味しいビールを出してあげたいんですよね。しかもこの見た目なら場も盛り上がりますし」。

そう、この「泡ひげビアー」は、宅飲み時のもてなしレベルを劇的に向上させるビアサーバーなのだ。

この泡を体感せよ。

5a9715af8af4597681e5ab947fa32fcf92aa1abb

ビールのおいしさを左右する要素の一つが「泡」であることは、今更言うまでもない。家で缶ビールを飲むときに、できるだけあの口当たりを楽しもうとしてわざわざグラスに移す人は少なくないはずだ。

でも、「蓋を開けてすぐに注ぐ」は間違い。このアイテムを使えば、普通の缶ビールでもリッチな泡を生み出すことができるそう。あ、上の写真はパッと見「瓶ビール」だが、実はそうではないのでご注意を。

Bf35b09b42004bbba4c8f91e0b8777fcee96279c

先ほどの写真は、普通の缶ビールにこの「泡ひげビアー」を取り付けたもの。

7b832f48089bc1e9471d0692c3ddb6ea136e2b702e3a17d5b6cfe53a6a4754a6d1465031b1c9342717349d0c4991cd394c801183d5a75196cb1dc47a

グラスやコップの7分目あたりまで注ぎ、

スイッチをON!

70ec220bd77b18560ce35738a8a935b7fba1b02f

すると、細かい振動の超音波によって、きめ細やかでクリーミーな泡が発生する仕組み。

D6ba429d2e174719c069e66ae92c9fee3e5dc2b7

たまらん。

56299733b5790fc5406b766612778f0e1b35647e

時間が経っても泡が長持ちするのだとか。

955fa2d86d93892d74152103c229615c2e3010f1

たしかに例の後輩が言っていたとおり、このビジュアルが気分を上げてくれるのは間違いなさそうだ。

価格は1,980円(税別)で、全国の量販店、家電量販店にて購入可能。ちなみに、乾電池で作動するためコードレスなのも好ポイント。つまり、宅飲みはもちろんアウトドアでも重宝するってこと。

Licensed material used with permission by 株式会社ドウシシャ
長い長い登山道を登った果てに辿り着く、美しい山頂の景色。そんな広大な自然の中で飲むビールは格別!という人も多いかもしれませんとはいえ、山頂でお酒を楽しむの...
宅飲みで余った気の抜けたビールを、もったいないと思いながら捨てている人は多いと思います。けど、楽しく飲むばかりがビールじゃない。料理に使えるビールの活用術...
キンキンに冷えたビールが好きな人や、ビールはのどこし!という人からすれば、「温めて飲む」なんて発想は邪道に聞こえるかもしれません。けれどこちら、イギリスの...
世界を見渡せば「街の数だけビールがある」と言われるほど、たくさんの種類が存在しています。そのなかでも食卓の話題づくりになりそうな「初級編」から、飲むのを少...
温泉につかりながら熱燗で一杯、こんなイメージを本当に実践しているのは、せいぜいシニア世代くらいなもの。どうせならば「泡(スパークリングワイン)」の方がオシ...
グラスを変えるとビールが変わる―。そんな想いのもと、約500年にわたって、こだわりのモノづくりを続けるドイツブランド『シュピゲラウ』。実はいま、同ブランド...
毎年、ひとつずつ年齢を重ねていくうちに胸のときめきが減ってきたのが、「〇〇食べ放題」という宣伝文句。常人レベルのキャパシティでしかない自分の胃袋には、そも...
「砂」から「泡」へ──。正確な時間を刻む砂時計。その中身をシャボン水に代えただけで、「計る」ための道具は、時間の流れそのものを「楽しむ」ためのものになりま...
お店で飲むのも良いけれど、ときには家でゆっくりしたい。そんなときに役立つ「お家ビール」がおいしくなるポイントとは?ぜひ知っておきたい4つのコツを、リース恵...
本格的なクラフトビールの味わいを、自宅で手軽に楽しめるキットが登場しました。たんにサーバーからグラスに注いで終わり、なんてものじゃありませんよ。なんと、発...
男性の人たちに、こっそりとご紹介したい記事があります。それは、ビールを飲むことで夜の営みが何倍も楽しくなるというもの。ライターのChristine Sch...
あらためて簡単に説明しておくと、「サードウェーブ◯◯」とはコーヒー業界の言葉です。豆の質にこだわり一杯一杯を丁寧に淹れる、最近日本で話題になった『ブルーボ...
僕自身も痛感していることなのだけれど、いくら座学したところで、“生きた英語”の習得には結びつきづらい。日常で使い続けてはじめて、本物の英語力が手に入るとい...
ポートランドを実際に訪れたことがなくとも、「DIY」のイメージを持っている人は多いはず。でも、たかだか人口61万人程度のこの街に、約70軒ものブリュワリー...
1日の仕事が終わって、待ちに待った家での晩酌。家で飲むビールって最高の息抜きです。とはいえ、缶からグラスへとただただ注いでいませんか?そう、缶ビールのおい...
セミの声を聞きながら公園で、夜風に吹かれながらビアガーデンで、さっぱりしたお風呂上がりに1杯と、ビールの美味しい季節真っ盛り。でも、十把ひとからげに「ビー...
甘そうな印象を覚えるでしょうか。これは、“ほろ苦く濃厚な味わいのお酒”。バレンタインデーに飲むお酒として、またはプレゼントとして、検討してみてはいかがでし...
ひとえにビールと言っても、ビアスタイル(ビールの種類)はさまざまあって、実際自分にどの味が好みか、なんていうのは実は知らなかったりする。ここでは、マイルド...
かつて、フランス料理において泡=タブーな時代がありました。漉しが足りなかったり、温度が高すぎたり…料理人はスープやソースから泡をなくすべく格闘していたので...
スペイン・イビサ島といえば、美しい海や街並みもさることながら、世界のクラブシーンを牽引してきた場所として有名。その方面にさほど詳しくなくとも、フロアで泡ま...