「オーガズムの演技」について、2,000人に調査してみたら…

たとえ、愛するパートナーとのセックスでも、疲れていたり、乗り気になれない日もある。「早く終わらないかな…」なんて。

そんなとき、つい「イったふり」をしたことがある、という人も多いのでは?ヨーロッパとアメリカで、合計2,000人の男女を対象にした調査結果を見てみましょう。

「イったふり」
女性68%・男性27%

5c26879271a5404cfe858f29604c80b2dafbe264

女性の68%が「オーガズムのふり」をした経験があると回答する一方、男性は27%とかなり少なめ。ちなみに、ヘテロセクシャル(異性愛者)、バイセクシャル(両性愛者)、ホモセクシャル(同性愛者)で分けて見ても、女性のほうが多い、ということに変わりありませんでした。

ヘテロセクシャル68%、バイセクシャル67%、ホモセクシャル59%と、ヘテロセクシャルの女性が最も多いという結果にはなりましたが、それほど大きな差はないと言えます。

しかし男性を見てみると、ヘテロセクシャル25%、バイセクシャルの34%しか「オーガズム」の経験がありません。ただ、ホモセクシャルの場合は48%と差が出る結果に。

ところで、
本当に「イった」経験は?

セックスのとき「毎回オーガズムに達する」という男性は44%なのに対して、女性は9%と、その差は約5倍。

ちなみに、男性の70%が「イッたふりなんて、一度もしたことがない」のに対して、女性は32%。

男性のほうが状況的に分かりやすいので「ふり」をしない、ということもあるのでしょうか。

アメリカと
ヨーロッパでの違いは?

22f3fff4d51fd502e757339b78962c2bbbb3070c

同じ質問をアメリカ人、ヨーロッパ人にしたところ、アメリカ人は53%が「Yes」と答えたのに対して、ヨーロッパ人は36%でした。アメリカ人のほうが「ふり」が多いのはちょっと意外かも…。

ちなみに「パートナーのベッドでのテクニックは?」という質問の答えもおもしろいです。

アメリカ人は27%が「平均以上」、同じく27%が「平均的」、46%が「平均以下」と不満が強し。

ヨーロッパ人は40%が「平均以上」、25%が「平均的」、35%が「平均以下」と満足度 が高し。

これを踏まえると、「イったふり」はテクニックの問題に紐づいているのかも!?

「ふり」をしたのは
どんな状況?

アンケートを見ると、付き合いが長くなった男女のほうが「ふり」をすることが多くなるようです。およそ31%の人が、長い付き合いだとセックスの満足度が下がり、「ふり」を。

ちなみに、女性が「ふり」をするのは相手を傷つけないためであることが多いようですが、男性は「一夜限り」のときに多いようです。

ただし、男女ともに結婚後は「ふり」が減っていきます。永遠を誓ったパートナーには性的にも満足しているためか、もしくは結婚したらもう「ふり」をする必要もなくなるということでしょうか…。

「ふり」をしたとき
パートナーにどう思う?

「なんとも思わない」というのが女性では48%、男性では54%。「恥ずかしい」と答えたのは女性4.7%なのに対して、男性は9%とやや多め。

そして、25%の女性は自分の「ふり」について「感謝に値すると思う」と答えていて、7%が「ふりをしなきゃいけないことにうんざりしている」とも回答。

 「演技」だとバレたとき…
どうする?

F3d6b3cba6c839c06254d7df5e6e3e94f63de78a

相手が「ふり」だと分かったときの反応は、男女で異なるようです。

31%の女性は、演技だとバレたあと「パートナーがもっと頑張るようになった」とか。でも、28%の女性は「パートナーがうんざりしたり、恥ずかしがったりした」と。

男性の場合は、21%が「ケンカに発展した」という結果に…。そして15%は、それがきっかけで別れてしまったのだとか。

バレたあとも
まだ「演技」を続けた?

この質問には、女性の60%、男性の27%が「Yes」。

Licensed material used with permission by DrEd.com
感覚の差をお互いに理解するのは難しいもの。とくに、男女でSEXの捉え方が全然違うというのはよく耳にする話ですが、どう感じているかにはそれぞれちょっとした特...
「20代は、特定の相手に縛られることもなく、自由にセックスライフを楽しめる時期。だからこそ最高のセックスを経験できる」そう信じている人たちに物申したい、と...
リトアニアの写真家、アルベルト・ボスは言いました。「ある日、夢のなかで思いついたんだよ」と。その夢は現在、7,000を越えるシェアを生み出しているそうです...
セックスのとき、他の人っていったいどんな顔してるんだろう…なんて気になったことはありませんか?それはそれは、とてもプライベートな出来事です。だからもちろん...
オーガズムに達するのは、とても解放的で、とてもプライベートな瞬間。もしもその一瞬を、写真で捉えたら…。フォトグラファーのAlina Oswaldさんが「M...
インディアナ大学とキンゼイ研究所による共同研究をもとに立ち上げられたwebサイト「OMGYES」は、女性の性的な悦びの質を高めるために、その知識と技術を共...
ここで紹介するのは「Elite Daily」の女性ライター、Gigi Engleさんの赤裸々な性体験についてのコラム。なぜ、年齢とともにセックスが「良く」...
女性向けアダルトグッズを専門に扱うスペインのメーカー「Bijoux Indiscrets」が、オーガズムに達した女性たちの「声」を集め、サウンドライブラリ...
聞きたくてもなかなか他人に聞けないのが、“性”に関する話題。でも、「YourTango」のこの記事には、女性ライターLindsay Tigar氏による赤裸...
がん予防として、効果が期待されるもののひとつに「セックスをする」が加わるかもしれない?これは男性に限った話のようですが、ハーバード大学が研究結果を発表。頻...
さまざまな切り口で現代女性の価値観を記事にする「Elite Daily」人気ライターのGigi Engle氏。今回のテーマはズバリ「なぜ年齢が上がるにつれ...
「夜の営みを朝にする」。ちょっと背徳感すらある、モーニングセックス(あえて、こうよびましょう)が、まさかの「コーヒーよりも目覚めにいい」という研究結果が出...
男性の人たちに、こっそりとご紹介したい記事があります。それは、ビールを飲むことで夜の営みが何倍も楽しくなるというもの。ライターのChristine Sch...
The Journal of Sex Researchの研究によれば、女性のオーガズムにこだわるのは「満足させたいから」というのは表面的な理由であって、「...
夫婦円満の秘訣は互いに「平等」であること。現代社会においては、夫が稼いで妻は内助の功に徹する、なんて構図の方が珍しいくらいです。じゃあ、掃除や洗濯、料理に...
ときには心の癒しとなり、ときにはコミュニケーションを円滑にしてくれる、お酒。1万年以上の歴史を誇るだけあって、文化的にも重要な存在であることは言うまでもあ...
ピンク色で連想するのは女性?それとも男性?1900年代初頭まで、「ピンク」は赤の一種とされていて、火やエネルギーを表し、男性と繋がりが強い色だったそうです...
IT系企業の採用面接に向けて、インタビューのスキルを向上させるオンラインサービス「Interviewing.io」の女性CEO、Aline Lerner氏...
アメリカは、ロシアに次いで2番目に離婚率が高い国だそう。アメリカ人夫婦の2組に1組は離婚するとも言われています。いまの時代、ひとりめの結婚相手と一生を寄り...
世界に数多いるディズニーランドファンの中でも抜きん出ているのがJeff Reitzさん。彼は、2011年の大晦日からカリフォルニア州アナハイムのディズニー...