「少女が、大好きな彼を自殺に追いやる物語」。古典文学にイマドキな見出しをつけてみた

ニュースフィードに流れてきた記事タイトルが面白そうで、思わずクリック…という経験は、誰にだってあるはず。そこである本屋さんは、思い付きました。もしもそれを、「古典文学」でやってみたらどうだろう?

ロミジュリは
彼氏を自殺に追いやる
ラブストーリー!?

史上初めて全身移植手術を行った、ドイツ人の医者。

『フランケンシュタイン』
メアリー・シェリー

とあるバックパッカーにとって、人生最悪の旅。それは、島の部族が糞で攻撃をしてきた時だった。

『ガリヴァー旅行記』
ジョナサン・スウィフト

まさか、そんなエピソードがあったなんて…。

Fdca6094ba84970d4f79a72d0c83bcdda4642cad
14歳の女の子が、大好きな彼氏を自殺に追い詰めてしまう物語。
『ロミオとジュリエット』
ウィリアム・シェイクスピア

新種のドラッグが、ロンドナー達を邪悪に豹変させていく。

『ジキル博士とハイド氏』
ロバート・ルイス・スティーヴンソン

これだけ読むと、何だか『バイオハザード』のよう。

B6eb706f84b89a03b35dfcd83952788c287321d4

セルフィーがうまく撮れなくて、死に追いやられてしまった男性。

『ドリアン・グレイの肖像』
オスカー・ワイルド

セルフィーと呼ばれているのは、主人公のドリアンが友人の画家に描いてもらった肖像画のことでしょう。確かに当時のセルフィーかも?

少年は小さい頃、一匹のクマを助けた。まさか数年後、運命の再会を果たすとは知らずに。

『ジャングル・ブック』
ラドヤード・キップリング

巨大トルネードに家を破壊された少女に起こることを、あなたは予測できるだろうか?

『オズの魔法使い』
ライマン・フランク・ボーム

23c84e30b9a94b75f4cfa5bf26f7384bfbe33da7

シングルマザーのセックスが激しく非難された、あの時代。

『緋文字(スカーレット・レター)』
ナサニエル・ホーソーン

帰らぬ夫以外の男性との間に子どもをもうけた女性が、責められながらも尊厳を守ろうとするお話。

トランプ大統領=聖人?イタリア人政治家の見解。

『君主論』
マキャヴェリ

ニンニクに関する衝撃の事実を知ってしまった、ルーマニアの男性。あなたはその悪夢を目の当たりにするだろう。

『ドラキュラ』
ブラム・ストーカー

ネット世代が
古典文学に触れるきっかけを

数々の名作にイマドキな見出しをつけて紹介するという、このキャンペーン。アメリカ・ダラスにある本屋さん「The Wild Detectives」が、「National Read a Book Day(本を読もうの日)」に際して行ったものでした。

すでに著作権が切れたタイトルをセレクトしていて、記事の中身は「名作」そのものを転載しています。つまり見出しにつられてクリックすると、実際に本の内容に触れることができるのです。

8197a6a99242746f5c121a4e921ee26b36603754

アメリカではクリックしたくなるようなバナーやタイトルを「Clickbait(クリックの餌)」と呼ぶのですが、それをもじって「Litbaits(文学の餌)」と名付けられたこのキャンペーン。

You fell for the bait, now fall for the book.
(餌につられたら、本に出会えます)

たしかに、こんなに「くだけた」キャッチコピーがついていたら、とっつきにくいと思っていた古典文学や学術書も、ついつい読みたくなっちゃうかもしれませんね。

Licensed material used with permission by The Wild Detectives
その奇跡は、サウスカロライナ州のとある病院で起こりました。3月19日の午後2時6分、MorganとEdwin夫妻に待望の男の子が誕生、かねてから用意してい...
その佇まいは、大切な人から届いた手紙のようです。手紙というのは、書いた人の気持ちが込められたものであり、人を喜ばせる魔法の力を持っています。あの名作文学を...
文学作品は世界各国の言語や文化、美意識や歴史が反映されたその国の鏡のようなもの。どんな作品が好まれているのかを知ることは、その国を知るための重要な一歩にな...
10月にカナダ・トロントで行われたアート展。とある道路の通行を規制し、約10,000冊の本で埋め尽くしたのは、スペインのLuzinterruptusという...
プロ顔負けの速弾きで世界中の視聴者を唸らせているのは、キュートな10歳の女の子。実は彼女、インターネットではよく知られた名ギタリストなんです。ここで紹介す...
ノーベル賞受賞者本人に連絡がとれない!そんなことあるの?って感じがするけど、ミュージシャンである彼を知っている人たちからすると、“らしさ”を感じたり、今回...
中国・南京長江大橋で、一人の女性が橋の上から自殺を試みようとしていた。が、たまたまその場を通りがかったバスの運転手はとっさの判断で緊急停止し救助に向かった...
インターネットが登場して、ジャーナリズムは劇的に変化しました。テレビの時代は情報を受け取るだけだったのが、オンラインのニュース記事にコメントをつけて双方向...
旅行先で、ネットが繋がらずGoogle Mapが見れなくなった時。目的地への行き方が分からなくなり、迷った人もいるのでは?でも、この記事を読んでいるアナタ...
どんな仕事にだって、ストレスはつきもの。クライアントの無茶ぶりや、長時間労働、感情的なトラウマなどなど、多くの人がストレス解消法を持ってなんとかやり過ごし...
4人の子どもを女手ひとつで育てることになった母親のカーラさんは、家族で移り住むための新居を探していました。しかし、広い家は高すぎて買えないし、手が届く価格...
今年は梅どころか桜の開花もだいぶ早めの予報ですが、そろそろ家庭菜園のプランを考え始めるのがこの時期。さすがに気がはやいと思うでしょう、でも種まきからいくな...
私たちが普段、新聞やニュースでよく目にする「GDP」や「株価」などの、お金の動きの背景には、様々な人と人とのつながりがあり、信頼関係があります。そのような...
写真は、8歳の少女が泥棒に宛てて書いた手紙(走り書き)。留守中を狙って空き巣に入られたその窓に、彼女は手紙を貼りました。泥棒がこれを目にすることはきっとな...
ここに登場する絵は、すべてイラストレーター高田美穂子さんによって描かれた「挿絵」です。小説の主役は、言うまでもなく「物語」そのもの。けれど、こうして文芸誌...
ネパールの山奥に暮らす一人の教師が、インターネット環境のない村にワイヤレスネットワークを導入しました。それも政府に内緒で。今から13年前のことです。オース...
ソーシャルメディアの危険性は、さまざまなところで取り上げられているが、改めてそのリスクを再確認した方がいいかもしれない。とくに未成年のユーザーに関しては。...
誰もが知っている世界の名作。「いつか読まなきゃなぁ」と思いながらも、なかなか手が出ない…という人もきっと多いと思います。そんなみなさんに「Wrong Ha...
使い方はカンタン。あなたが今まで訪れたことのある国や都市をピンするだけ。実際にやってみて思ったのは、世界地図を見ながらやると旅の記憶が鮮明に蘇ってくるとい...
もしも世界がLEGOでできていたら、誰もが知る名画もこんな風に表現されるのかもしれません。ダ・ヴィンチにボッティチェリ、フリーダ・カーロからウォーホルまで...