「いい涙」は、あなたを強く、健康的に、そしてクリエイティブにしてくれる。

無意識に「泣くこと」を、我慢したり避けたりしていませんか?

Elite Daily」の女性ライター、Candice Jaliliさんも、そんな涙を見せるのが嫌いなひとりだったと言います。ただ、あることをきっかけに、お世辞にもかわいい涙とは言えない、嗚咽が出るくらい激しく、鼻水も出るくらい泣きじゃくった結果、自分でも驚くほどスッキリしたと言います。

泣きたいときにいつでも泣けること。それは、どれほど素晴らしいことなのか。「いい涙」はあなたを強く、健康的に、そしてクリエイティブに成長させてくれるはず。

01.
涙は、悲しみからの健全な出口

08de06666f8d32a6cdda637e7701cd1bd616eb5f

感情を長い間ため込むと、それらはいろいろな方法で表に出てきます。それは大抵、見苦しい光景で、可愛らしいものとは言い難いでしょう。たとえば、朦朧とした怒りのなかで、部屋中に激しく皿を投げ飛ばす自分の姿を想像してみてください。

泣きたいときは、泣いてください。感情を外に押し流して、すべてを終わらせるのです。

02.
涙は、あなたを本当の自分にリンクさせる

あなたは、自分の感情を認識する必要があります。そして、あなたは必要な涙を流すでしょう。

多くの人が、本当の自分の感情さえも忘れてしまうくらい、毎日を忙しく過ごしています。「自分の行動」は認識していても、「自分の感情」は理解しているでしょうか?

1分間 (または、1時間か1日) をかけて泣くことで、あなたは再び自分自身と調和できるのです。この涙は、あなたに「自分はロボットのような存在ではない」ということを、思い出させてくれます。

03.
涙は、クリエイティビティの源

13e346d3d4f032538a238a17bc69c72fadb030cc

ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ、アーネスト・ヘミングウェイ、アン・セクストンなど、最高のクリエイティビティを発揮した人たちの一部は、最高に感情的な人でもあります。

良い涙を通して自分の感情を受け入れることは、しばしば、創造性の火花へとなります。

04.
涙は、あなたの優しさを示すサイン

涙を流す瞬間が、しばしば公共の場であることも。 (あなたも、私のように自分の弱さをさらけ出せるようになれば、公共の場で泣くことだって決して恥じる必要はないのです)。

人の目の前で泣くのは、気まずく感じるかもしれません。でもこれは、あなたがどれだけ優しい人なのかを示す、効果的な方法でもあります。

さらに、あなたの涙のきっかけはとても意外なものかもしれないし、もしそうなら、自分にとって重要な新しい何かに気付けることでしょう。

05.
涙は、気分を高めてくれる

もしかしたら、これが一番重要なことかもしれません。涙は、最高に気分を良くしてくれます。

感情をため込むことは、痛みを伴う可能性もあります。涙は、その負荷をあなたの肩から降ろしてくれるのです。

たとえ無様でも、ポジティブな1回の涙は、ネガティブな要素を取り除き、幸せな気分を取り戻してくれるでしょう。

06.
涙は、弱さを見せる「恐怖」をなくす

972a9ad8543bde07339432cc82326b961748266f

大人になり、より高い社会性やポジションを手にしている場合、涙はときに「弱さ」と関連づけて判断されてしまうことがあります。でも、どんなに無様でイヤなことでも、自分の弱さをさらけ出すのは必要なことです。

他人に正直であろうとする前に、まずは自分自身に正直になる必要があります。

07.
涙は、心の浄化剤

医学博士のジュディス・オルロフは「Psychology Today」にこのような記事を発表。

「ミネアポリスのラムゼーメディカルセンターに勤める、生化学者で 『涙のエキスパート』でもあるDr. ウィリアム・フレイによると、反射性の涙の98%は水ですが、感情が原因で流れ出る涙には、泣く行為を通して体から分泌されたストレスホルモンが含まれています」

つまり涙は、あなたの気持ちをかき乱す「毒素」を体外に排出するのです。

08.
涙は、人間らしさを実感させてくれる

長い間感情を抑え続けると、まるで自分がロボットであるかのような錯覚に陥ります。何かを心の底から実感するということがなく、初期設定モードで人生を送り続けているような感覚すら覚えます。

そんなとき、自分が生身の「人間」であることを思い出すための一番いい方法が、いい涙を流すことなのです。

Licensed material used with permission by Elite Daily
涙には、ストレスを体から追い出す効果があります。ストレスを溜め込むと病気の原因にもなるので、その効果は絶大なんです。涙についての研究を進める神経科学者、ウ...
あなたが涙を流すのは、どんなときでしょうか。嬉し涙もあるでしょうし、抱えている悲しみやつらさが極限に達して、こらえきれないとき、ここで泣くのはイヤだとぐっ...
「男は泣くものじゃない」男女平等とは言っても、長い間に培われた文化は、なかなか消えないもの。自分の中にもそんな思い込み、ありませんか?写真家のMaud F...
夢の中の自分が泣いていた…。何か不幸の予感のように思えますよね。ところが、実際はその逆でなく夢は「吉夢」、つまり幸運の予兆。夢の中の涙の意味を解明していき...
日本発祥の民間療法として、欧米を中心に海外で関心を集める「Reiki(レイキ)」。その、レイキマスターBrett Bevell氏の言葉を借りれば、健康に生...
玉ねぎを切ると、涙が出てくるのは周知の事実。では、みなさんはそれをどう回避していますか?「包丁と玉ねぎをよく冷やしておく」「割り箸を口にくわえる」など、“...
人生、このままじゃダメだとわかっていても、一度ネガティブ思考のスパイラルに陥ってしまうと、そこから抜け出すのは簡単ではありません。ここでは「Elite D...
「泣き虫ほど、本当は精神的に強い人間」。まるで子供向けアニメの主人公のような、逆説的視点から、涙と感情の相関関係を解説した「Power of Positi...
「なんだか最近ツイてない…」「私、負のオーラが出ている気がする」きっと、誰にでもそんな時期があるはず。でも、実はネガティブな気を寄せ付けない方法があるみた...
毎日、仕事や家事・育児などに追われ、大きなストレスを抱えて、ひとりで大変な思いをされている方は少なからずいらっしゃいます。ご自分のストレス耐性を高めて、ス...
毎日、たくさんの人と関わっていくなかで、相手は自分のことをどう思っているのか、どのような結果を求めているか、と揺るがされ、自分の軸を見失ってしまうときもあ...
好きなことだけして、楽しくお金を稼げたら、そんな幸せなことはありません。ですが現実は、好きな仕事ばかりではありませんよね。任された仕事を淡々とこなすだけで...
「楽しい人生にしたい」と思ってはいても、一度落ち込んでしまったらなかなかその状態から抜け出すのは難しいものです。そんなふうに人生にもがき苦しんでいるときは...
一般的に、泣くことは“弱さの象徴”のように捉えられがち。しかしここでは、そんなイメージを覆す「Higher Perspective」の記事を紹介しましょう...
仕事、恋愛、お金、家族、人間関係etc…。ストレスを無意識のうちに抑圧してしまうと、どんどん自分を追い込んでしまう結果にもなりかねません。「Elite D...
「私はポジティブな習慣の力を強く信じています」。そう語るのは、「Inc.com」の人気ライター、Nicolas Coleさん。大切なのは、夢の実現に向かっ...
女性ライターのNikita Gillさんが「Thought Catalog」で語った「穏やかな人を愛そう、守ろう、そして自分自身もそうなろう」という記事。...
この記事のライターDanielle Fagan氏は、ブロガーとしての活動の他、スピリチュアルカウンセラー、占い師、瞑想コーチなどマルチに活躍する女性。「C...
あなたの周りにもきっといる、クリエイティブで斬新なアイデアをどんどん生み出す人。彼らのように仕事をするためには、キレのある頭脳と集中力が必要ですが、それ以...
「今年こそは!」と思っていたはずなのに、気がつけばもう2016年も残りあと2ヶ月と少し。平日は仕事、オフは家族との時間も必要なビジネスパーソンは、忙しい毎...