覚悟のできている「いい男」、3つの条件

覚悟が決まった男は同性にも異性にも好かれる傾向にあります。それでは、一体「覚悟ができている男」とは、どういう存在か。

仕事、人生における大きな決断、などさまざまなシチュエーションで「覚悟」は必要になります。

永松茂久さんの著書『いい男論』を参考に、いくつか例をご紹介しましょう。

01.
逃げない男

3c6c131a0add0fe1791f7d92d4dc0f5b813e444a

友人で、東京に出て自分の夢を追っていた男がいました。しかしある日、彼の父親が病で倒れ、親戚一同から懇願されて地元に戻って家業を継ぐことになりました。この男が後日、こう語ったのです。

「もしかしたらあの時、自分の夢から逃げる口実として、今の道を選んだんじゃないかなって気が、いまでもしているんだ。夢から逃げちゃったんじゃないかなってな」

たとえ、この男の言う通り、自分の夢から逃げていたのだとしても、逃げた自分から逃げさえしなければ、男は必ずでかくなります。

いい男は、逃げた自分から逃げません。そして、前に進めないときでも絶対に後退はせず、ゆっくりでも必ず前に進んでいきます。

02.
腹をくくった男

人生には、直感的に「ここで逃げたらマズい」とわかる局面が必ずあります。そこで安易に逃げ出してしまうと、男は大切なものをひとつずつ失っていくのです。逃げることは簡単ですが、一度逃げると負債が雪だるま式に大きくなり、最後にはこれ以上逃げられない、というところまできてしまいます。

そうなる前に、逃げないようにするためには、安易な逃げ道などない、と腹をくくってしまえばいいのです。そして、その「逃げなかった」という実績が積み重なると、自分に自信が持てるようになってくるのです。

「いい男」は、楽な道の先に失望や困難が待っていることをよく知っています。そして「困難は、逃げる人がお好き」という性質を持っていることも…。

03.
一貫性のある男

Fd2ebd4d582e8a02313cd76593bbe5efee8dbdae

心の中に太い軸を一本持った男に対しては、無条件に美学を感じるもの。一貫性のある男は魅力的なものです。ただ、一貫性は大事ですが、だからといって、いつまでも同じところで足踏みすることがかっこいいのか、と言ったらそうとは限りません。

そして、人が違う道を歩き始めようとするとき、必ず起こるのがその場に止まる側の抵抗です。自分の人生は自分で責任を取るものです。周囲が責任を取ってくれるわけではありません。信念を貫く時は、一緒に歩いてきた人たちに別れを告げないといけない時もあります。その時はもちろんつらいものですが、自分の信念を羅針盤に、未来だけをしっかりと見据えていれば良いのです。

信念においてブレることなく生きることができたとき、そのトンネルの向こうに、あなたを待つ明るい未来が待っているでしょう。

男性でも女性でも「いい男」には憧れます。見た目がかっこいい男、気遣いができる男、仕事ができる男、生き様がかっこいい男ーー。「いい男」にもいろいろありますが...
よく「優しい男がいい」という女性がいますが、「優しいだけの男」は決してそれには当てはまりません。ただ、ここで紹介する「いい男」は、総じて本当の優しさを合わ...
ひと言で「いい男」と言っても、その捉え方は様々です。映画やドラマに出てくる男性像をイメージするかもしれませんし、父親や上司など身近な人を思い浮かべる人もい...
「優しい人って、最終的には“いい人どまり”よね」なんて会話はよく聞きますが、それはどうやら海外でも同じようです。ここでは「Elite Daily」の記事よ...
「いい人」という表現は、ポジティブな文脈で使われることが多いですよね。もちろん、「いい男」もしかりです。でも、両者の行動の裏側には驚きの違いがある。そんな...
「mindbodygreen」が選ぶ、“愛の伝道師100人”に選出された結婚セラピストShelly Bullard氏。恋愛の切り口も独特。例えばこの表現、...
結婚を意識するようになると「素敵な男性と出会いたい!」そう意気込む女性も多いと思いますが、結局付き合うのはダメ男ばかり…。そんなとき、もしかしたら、この世...
もちろん、彼氏がいること自体は素晴らしいことですし、たくさんの喜びやメリットもあるでしょう。でも、完全にプラトニックな関係の「男性の親友」を持つことも、素...
周りのこともしっかり見えていて、フォローしてくれる存在。誰にでも公平に接してくれて優しいはずなのに、どうしてもいい人止まりで終わってしまう男性って、あなた...
「男は泣くものじゃない」男女平等とは言っても、長い間に培われた文化は、なかなか消えないもの。自分の中にもそんな思い込み、ありませんか?写真家のMaud F...
男性学の第一人者である田中俊之さんは、30代後半〜40代前半の男性、つまり「40男」こそ夢を持つべきだと言います。きになるその理由とは?彼の著書『〈40男...
マメな男としつこい男の見分け方というのは簡単なようで実は難しい問題です。しかし、マメで素敵だと思う男性としつこくて嫌だと思う男性は確実に分かれて存在してい...
彼氏のいない期間が長いと、男性のちょっとした優しさに心揺らいでしまう女性もいるでしょう。でも中には、見せかけのやさしさを悪用する男もいて、長い目で見ると痛...
まわりからよく「いい子」と言われる女性に警告です。こと恋愛においては「いい子」は褒め言葉じゃありません。どちらかと言えば「けなしている」に近い表現なのかも...
「人生80年」とはよく耳にする言葉ですが、となると40歳はちょうど中間地点です。まさに今!というあなた(特に男性)はぜひこの記事を読んでみてください。男性...
ヒモ男が持つ特徴に母性本能がくすぐられて、いつのまにか貢いでしまう女性も。好きな男性に尽くすことで、男性が女性を幸せにすることは何の問題もありません。が、...
多くの女性は「好きな男性のタイプ」について嘘をついているのかもしれません。しかも、自分でも気付かないうちに。この記事は女性ライターGigi Engle氏が...
常に女性との関わりを持ち、一見恋愛に事欠かない「チャラ男」と「モテ男」。しかし、どうも同じに見えないのは何故なのでしょう。「チャラ男」はモテるのか、「モテ...
一般的に、人間関係で何かトラブルが起きたとき、女性のほうが感情的になりやすく、ほとぼりが冷めるのにも時間がかかる。だから、男友達と一緒にいるほうがラクだと...
誰にでも悩みが積もって「もう嫌!」となる時期があるもの。仕事、将来、人間関係、ステータス。私も終わりのない持久走をしているような気分だった頃がありました。...